Taroさんの映画レビュー・感想・評価

Taro

Taro

映画(620)
ドラマ(21)

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

3.7

ずっと観たかったやつ

スターウォーズ以外にもめっちゃ映画ネタ出てきて面白かった、カメオ出演も豪華すぎ

エピソード1だけ観て死んじゃうのは悲しすぎる…

映画ってやっぱりいいよな〜

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.7

全体的によく分かんなかったけど、設定、京都、浜辺美波、髭男の「イエスタデイ」、は良かった

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.7

渡良瀬まみずが永野芽郁で始めて成立する話

永野芽郁か今田美桜を選べる人生が良かった

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.7

『コブラ会』を観るために

噂どおりの空手版ロッキー

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

春日部市民の民度低くないか?
ラクガキングダムの閣僚達めっっっちゃキャラ濃いのにほぼ出番ないの勿体ない。

ぶりぶりざえもんのお助け料が時代に対応して「キャッシュレスも可」になってたのが一番面白かった
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ ナミ 航海士の涙と仲間の絆(2012年製作の映画)

3.7

アローンパーク編が一番好き

エピソードオブ〜系は尺の都合上テンポ良すぎてあんまり好きじゃないんだけどこれは割とちょうど良かった

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

数年前に上映終了間際で観に行かず、それをずっと後悔してBlu-rayや配信で観るのをひたすら我慢し、いつか絶対にIMAXで再上映される日を信じ、今日ついにこの時が来ました。

クリストファー・ノーラン
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.7

待ちに待ってた続編

前作とは打って変わってコメディ&ファンタジーに全振りし、最早ホラー要素は皆無となったため続編と言えるのか微妙なレベル。無理やり作った感が否めない後付けのオンパレードな脚本には少し
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

この作品が伝えたいメッセージはよく分からなかったけど、ひとつの映像作品としては味があって良かった

スケボーやってみたいけど確実に骨折すると思うからやらない

キャサリン・ウォーターストンがお母さんっ
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーバースデー!マーティン・フリーマン!

数年前に『竜に奪われた王国』で止まっていた『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズをついに完結させました

ビルボとトーリンの友情に泣かされた、
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.9

樽で川下りしたい

故郷奪還に執着してたドワーフ達の唐突な諦めの早さに引いた、こいつらビルボとガンダルフいなかったら3回ぐらい死んでるだろ、、、

レゴラス、剣から弓に武器をシフトしたんですかね?って
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.9

ツンツンしてるトーリンの最後のデレが堪らん

『ロード・オブ・ザ・リング』の時代よりもまだ世界が平和だから冒険も楽しいね

フィニアスとファーブ/ザ・ムービー:キャンディス救出大作戦(2020年製作の映画)

4.0

Candace!(爆発音)

ミープ好きだから出てきて欲しかった…
髭翻訳機なしに宇宙人と普通に会話してる件は突っ込まないほうがいい?
あんまりちゃんと観てないけど『マイロ・マーフィーの法則』とのコラ
>>続きを読む

Underwater(原題)(2020年製作の映画)

3.7

ちょっと期待しすぎてた感は否めないけど、この手の映画は好物なのでそこそこ楽しめた

深海だから全体的に暗すぎて何が起きてるのかよく分からないのが残念であると同時に恐怖感が増されて良かった

軽度の水中
>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

3.7

男はみんなカウボーイになりたいよね

アミハマがデカすぎて捕まってる時1人だけ頭抜き出てるのワロタ
なんで語り部を通して回想する構成にしたんだろ、、、
終盤までずっと退屈だけど最後の戦闘シーンは結構見
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.8

サムが主人公すぎる
レゴラスとギムリの関係いいよね
アラゴルンが死者の軍団連れてくるところアツすぎる

それにしても本当に長い、、、

指輪を火山に投げいれればゲームクリアって変な話だよな

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.7

田端の気持ちわかりみが深すぎた
秋好みたいな女無理

森七菜ちゃん出てるの知らなくて嬉しいサプライズでした

就活したくないです

(2020年製作の映画)

3.5

菅田将暉と小松菜奈の人生と共に振り返る平成の総集編

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

イアンがバーリーに父親を重ねるの尊すぎて泣いた

あと車のタイヤが空気抜けて馬の走る音みたくなったの最高でした

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

3.8

ラブコメ8:ゾンビ2ぐらいかと思ってたらラブコメ4:ゾンビ6って感じで良い意味で裏切られた

ゾンビと戦うリリー・ジェームズ最高

終わり方嫌いじゃないけど4騎士との戦いがみたかった

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.6

高校の映画研究部時代に観た数少ない映画の1つ

長い、とにかく長い
人間が1日に摂取していいファンタジー許容量を軽く凌駕してくる
名前も地名も全く頭に入ってこない
美しい風景だけが救い
あとホビットは
>>続きを読む

スローターハウス・ルールズ(2018年製作の映画)

3.3

こんなハッキリとしたスクールカーストは嫌だけど、イギリスの寮生活は憧れる

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

男はみんなダイアナが好き

「僕は今日を救う 君は世界を救え」が名言すぎて泣いた

#再投稿

プレデター2(1990年製作の映画)

3.5

僕のTwitterのTLで『プレデター2』の文字を見ない日がないほどカルト的な人気があるようなので1作目の記憶が曖昧な中鑑賞

可もなく不可もなくって感じのながら映画

今更だけど『透明人間(2020
>>続きを読む

アルテミスと妖精の身代金(2020年製作の映画)

3.2

98分で収めるにしては設定と世界観の情報量が多すぎる

ケナス・ブラナーの映画っていつも素材はいいのに…って作品多くない?

劇場公開される予定だった時の予告観たら全然違うシーン結構あったから消された
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.6

「悪いな、ミランダ、この救命艇は1人乗りなんだ」で笑った

考えうる最悪の結末すぎて、後の物語を想像するだけでワクワクする

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.7

夏だ!サメだ!八代亜紀だ!

推しはデスティニー

主要キャラのほとんどが何かしらの障害を抱えてるけどみんなで助け合おうぜってことなのね、好き

#再投稿

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

4.0

夏だ!サメだ!カクレクマノミだ!

サメ映画の箸休めもサメ映画

幼稚園の頃、弟とお揃いのニモの財布に前売り特典のスクワートのキーホールダー付けてたぐらいには好き

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

3.3

夏だ!サメだ!陽キャ大学生だ!

『13日の金曜日』のサメver

そろそろ人がサメに襲われるシーンを観てもなんとも思わなくなってきたどころか、サメを応援し始めてる自分がいる

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.9

夏だ!サメだ!レイノルズ夫人だ!

サメ相手でも最後まで諦めない姿勢は、さすがレイノルズ夫人だった

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.9

小説は読んだことあるけど映画は初めて観た

『アンブレラアカデミー』のNo.5といいタイムリープできる能力やっぱりいいな

男子校に入る過去を書き換えて共学でこんな青春を送りたい、、、

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.6

夏だ!サメだ!マザファカおじさんだ!

でもマザファカおじさん、motherfuck言えなかった、、、

サメ映画ばっかり観てたら本物を拝みたくなってきたので近々水族館に行きたい

>|