Masaさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Masa

Masa

洋画9割邦画1割
SFで現実逃避してアクションでストレス解消。ラブストーリーで若返り。シリアス&ノンフィクションで別の人生を疑似体験。ホラー&スプラッターは△。マンガや読書,ゲームもいいけれど,映画がやっぱり自分にとっての最高の娯楽。

  • List view
  • Grid view

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

単純なストーリー展開だが、出演者の演技に隙がなく、引き込まれた。ビリーの「心の叫び」のダンスのシーンは圧巻でした。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

2.5

前作の方が新鮮でよかった。CGと催眠術に頼りすぎのトリックに残念な感じがする。次回作があるとしたら,あっと驚くイリュージョンの種明かし的内容に期待したい。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

予想を大幅に上回るいい内容だった。「インドの学歴社会はここまですごいのか」と驚いてしまったが、学生の自殺がそんなに問題になっているのなら、この映画が製作された意味は大きいであろう。
そんなのは抜きに
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.0

子供の頃に鑑賞。何かとても大切なことを学んだ気がした映画。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

2.5

期待せずに観たが面白かった。
前作は世界観や登場キャラのアクの強さに抵抗感があり,スルーしていたが,今回の作品で登場人物の過去を掘り下げていて,アリスの人生とリンクさせたポジティブな脚本がよく,それ
>>続きを読む

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

2.5

設定に無理がある。異星人が寄生して人間を操るところがイマイチ。なにか「ハンガーゲーム」路線を狙っているようだが残念。

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

2.5

それぞれのキャラが能力を高めていく過程を描いているので,従来からこのシリーズを観ている人には,説得力があり面白いと思う。前作を観ないと,相関関係がわかりづらいキャラもいるので,楽しみたければ,前作品>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.0

動物や背景,自然現象の全てがリアル。CGの技術に脱帽です。ちょと前に観た「ターザン:REBORN」よりも,動物の動きがいい。(特に前半がよかった。後半のオラウータンはデカすぎかな。)
動物がよ
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

2.0

オリジナルを30年以上前に映画館で鑑賞。
リブート版なので,当時の「オバケを捕まえる⁈」という発想の面白さへの新鮮な驚きは当然なく,淡々と観終わってしまった感じです。当時の俳優やオバケ(ア
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.0

「トランスポーター」からジェイソン・ステイサムのアクションは好きです。前作は結構前の鑑賞で内容を覚えていませんが,今回の作品は,3つのミッションがテンポよくまとまっていて,見応えがありました。アク>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.5

期待が大きかっただけに残念。企画はよかったが,キャストや敵のキャラが中途半端な感じでした。
ウィル・スミスとマーゴット・ロビーに頼り過ぎ。