まっつ

まっつ

2時間空けば映画を観ます。
色々観ますがアメコミ映画が特に好き。

ルーム(2015年製作の映画)

3.4

メインじゃないのはわかるけど前半部分のツッコミどころが割と多くて脱出の動機がわかりづらい。
非情だけどもジィジの気持ちはわからんでもない。

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

クルーのキャストもキャラもめちゃくちゃいい。何よりもマークの生に対する前向きな執着心が素晴らしい。
どシリアスかと思ったら意外とおちゃらけたシーンも多くて、常に一定の緊張感とユーモアがあって気張らず観
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.6

トム・クルーズはどこか情けない役柄が非常に合う。思ったほど俺TUEE感がなかったのが少し残念。
最後はよく分からない終わり方だったけどトム・クルーズのニヤァって顔が好きだから良かった。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

とにかく想像を絶する映画。
全然長くない、むしろ短い。そう思えるくらいに入り込んだ。
SFも相対性理論も先っちょくらいしかわからないけど、そういう人間にも理解しやすい。難しいこと言ったけど重要なのはや
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

最高の二部構成。
シャーロットと寝なかったティムが男前過ぎて、彼は幸せになるべくしてなったんだろうと思う。
滅茶苦茶幸せそうで悶々とした。
レイチェル・マクアダムス、見るたびに可愛くなる。

第9地区(2009年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー風の演出が微妙。MNUという企業がなんなのかはよくわからんかったけど倫理観もクソもないしエビに対するあのおどけた態度も意味不明。
クリストファー以外のエイリアンが何を考えてるかわからな
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.8

痛快ドタバタアクションコメディ。
音楽は最高でジャックとバルボッサの剣戟は見もの。
キーラ・ナイトレイは当時17歳には見えない程大人びていて美しい。
地上波はカットされまくりで違和感超MAXでしたね。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5

設定はすごく面白いんだけどライリーの操り人形感が少し気になった。
喜びと悲しみは表裏一体、喜びも大事だけど悲しみも同じくらい大事だよっていうのを序盤のカナシミのうっとおしさと後半のヨロコビの押し付けが
>>続きを読む

プレシャス(2009年製作の映画)

3.5

母親が前田健にしか見えない。
この世の闇を見たような気分。劣悪を通り越して邪悪な家庭環境で育ち、尋常じゃない量のハンディキャップを背負いながらも子供への愛情を持てたことは唯一の救いかもしれない。

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.6

ミニオンズはミニオンが可愛いだけだけど怪盗グルーはミニオンと子どもたちが可愛くてストーリーもある程度あってよし。

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.5

犯人よりも独房のレクターのほうが何をしでかすかわからない怖さがある。
犯人は勿論猟奇的だがどうしてもレクターと比べると見劣りしてしまう。けれどレッドドラゴンの紙を食べるシーンはこれよこれ!とちょっとテ
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

次々と問題に答えていく様とその答え合わせが非常に巧みに描かれている。
素直にスゲーと思えた。
見てる最中はどうなってるんだこれと考えてたけど、見終わってしまえばああそりゃそうだわってなる感じ。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.7

ひたすらに地獄が描かれてた。
奴隷を扱う事を当たり前のように思ってる白人が普通に恐ろしい。
ソロモンの人生に救いはあったけど残された奴隷達はどんな気持ちだったのか想像もできない。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

X-MENシリーズ最高傑作。冒頭から足を引きずったり不良にボコられたり、酒に酔うローガンの哀愁が凄まじい。R15指定で、ミュータントが存在する世界の残虐性と悲壮感が垣間見える。
一家団欒食事とラストは
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.0

登場人物の殆どがクレイジーで笑える。
中盤以降の展開は腑に落ちないなぁと思いながら見てたんだけどダンスやラストシーン見終わった頃には幸せな気持ちになった。

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

4.3

X-MENの集大成、完璧な終わり方。
マグニートーは何故ブレブレなヴィランなのにあんなにかっこいいのか。
アポカリプスってタイトルの割にそこまで絶望感はなく、センチネルより小物に見えるが敵にはそこまで
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.5

始まりと終わりは面白いんだけど真ん中が予想以上に退屈だった。
センチネルが強すぎて戦いが面白くない。
ヘタレなプロフェッサー、聞き分けのないミスティーク、強情なマグニートーが物語をかき乱す。
歴史を変
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.7

期待せずに見たけど面白い。
何より有村架純が可愛い。色んな髪型、化粧の有村架純が見れて満足。
大人達が基本的にクズで、聖人のように描かれてる母親も正直子供の育て方どないやねんと。
実話だからまあ...
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.0

アダマンチウムで斬れない信玄のKATANA
やっぱりSAMURAIは最強!
っていうツッコミどころはおいといて、物語の興味の持てなさがすごい。
ヒーリングファクターが消えたり、アダマンチウムの爪が折ら
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8

クリスプラット目当てで見たけどみんなかっこよすぎてな。
イーサン・ホークとイ・ビョンホンがなかなかいい味出してました。
エマが終始空気読めてない感じでちょっとイラッとした。
荒野の七人のテーマ曲も最高
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

フェーズ1の締めくくりとしてこの上ない完成度。ヒーローのバランスもうまいこと取れてる。何よりBGMが良い。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.7

高潔なソーがかっこいい
神と人間の恋っていうのもロマンチックでいい。
アスガルド人って実際そんなに強くないよね。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.5

親子の絆、トニーの成長、ウォーマシンとの共闘、ブラックウィドウのアクション。
この辺りが魅力か。
アイアンマンシリーズはヴィランに恵まれない。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

ただただ悲しい物語。
シリーズを追うごとに徐々に忘れていったキャプテンの軌跡を思い出した。
アベンジャーズのキャプテンっていうイメージが付いてしまってたけど名前の通りやっぱりアメリカのキャプテンですわ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

別に超人的な聴覚じゃないし、そこまでサイコでもない。
デアデビルみたいなの想像してたから少し拍子抜けで、ビビらなければ簡単に逃げれそうだよね。
終盤はちょっとしつこかった。
そしてイマイチ主人公の行動
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.7

オサレすぎる最高のエンターテイメント。
前作とは雰囲気がガラッと変わってるけど別の面白さが満載。
チップ盗みが超スタイリッシュ!

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.7

こんなに面白いシリーズだとは思わなかったー。
魅力的なヴィランが多すぎる。マグニートーはやっぱり能力あってこそだね!
スコットは...最初から最後まで活躍できなかったな
総評すると20歳前後のエレンペ
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.6

マグニートーとの共闘いいね。ミスティークが味方にいるとすごく面白い。チャーミングで格好良くて人気あるのも納得。
マグニートーも悪じゃないからパイロがなびく気持ちもわかる。
いい作品だわぁ。
プロフェッ
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

まさかのパニッシャー。
思ったより戦争シーンが多めでPTSDの克服シーンが少し物足りなかったかなという印象。
PTSD患者は銃を撃つ事で心に平静を取り戻しやすくなるらしい、経験者だからこそわかる方法で
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

映像は圧巻。本当に劇場で3D観賞したかった、そんな作品。
よく言われてるとおりにシナリオはあんまり。ただ最近のMARVELの笑いがどストライクでソーがチラッと出るだけでスーパーハイテンション。
ドクタ
>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.5

ローガンの人間らしい部分が見えて面白かった。
X-MENみんな舐めプしとるなぁ。本気だせばセイバートゥースとかワンパンでしょう。
エグゼビアはかっこいい、ストームは可愛い、ローグは強い。

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

4.0

何度観ても面白い!
ザック・エフロンもヴァネッサハジェンズもこの時が一番好きだなぁ
ガブリエラのソロだけが頭から消えてたけど全部の曲が良い。

ターミナル(2004年製作の映画)

3.4

こういう人柄を演じさせたら右に出るものがいないトム・ハンクス。
人情味溢れるいい作品、機転を利かせてロシア系を救うシーンは感動的。
勧善懲悪的なストーリーで最後はスカッとした!
アメリアとの恋愛に関し
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.4

すごい作品だ。
一つ目しか予想できなかった。
伏線の張り巡らせ方が素晴らしい。
サスペンス?ホラー?ファンタジー?いろんな楽しみ方ができる。
最後はちょっと笑っちゃう。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.8

X-MENの誕生、プロフェッサーXとマグニートーの出会いと別れを描いた悲しい作品。
X-MEN ZEROでヒロインの妹だったエマフロストが敵として出てきましたね。
どちらの言い分も間違ってないんだけど
>>続きを読む

>|