まつきさんの映画レビュー・感想・評価

まつき

まつき

紆余曲折経て、観た時に感じたことを忘れないための、ネタバレバリバリの殴り書きメモとなっています。映画は2015年6月までほとんど観てこなかったので、デビューは遅め、歴は短いです。

映画(1117)
ドラマ(0)

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○前作はリアルタイムで観てたしDVDも買ったくらい好きだったけど、なんせ14年前なんで記憶はちょっとおぼろげ。ヒーローが活躍すると迷惑がかかるから活動を制限され
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○ベルイマン作品、これで8本目!ベルイマン映画祭の6本目!なんか今までの作品と違って、話の筋がわかりやすい娯楽映画っぽかった。これは脚本がベルイマンじゃないから
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○本作、ライブシーンをはじめ、音楽が前面に出ているけど、殴り殴られのSEなんかもリズム刻んでるみたいで、全編リズミカルだった。ストーリーも適度に軽くて、あっとい
>>続きを読む

人間機械(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○インドのとある工場地帯にある繊維工場のドキュメンタリー。タイトルが指し示す通り、そこで働く人はまるで機械のように動いている。汚い、貧しい、飢えもある、休めない
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○おとぎ話的に時代背景の特定がないモノだと思っていたら、いきなり「1910年女性参政権運動!」と出てきて驚いた。私は過去に『未来を花束にして』を観ていたおかけで
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○アメリカ建国の負の歴史の一つであるフロンティア精神もとい侵略と、今も依然として存在するネイティブアメリカンにまつわる問題。私が映画をよく観るようになって3年強
>>続きを読む

鏡の中にある如く(1961年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ベルイマン作品、これで7本目!ベルイマン映画祭の5本目!これだけ立て続けにベルイマン作品の感想を書いてると、「ベルイマン自身の父との確執が〜」「神の不在が〜」
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○ベルイマン作品、これで6本目!ベルイマン映画祭の4本目!やっとわかってきたと思ったら、これまたちょっと不思議なタイプの!笑 でも面白かった!

○あと今更なの
>>続きを読む

魔術師(1958年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○ベルイマン作品、これで5本目!ベルイマン映画祭の3本目!ちょっとずつ見えてきたよ!笑(今観たらもっとわかりそう…!)

○初めからすごく翻弄される映画!出だし
>>続きを読む

沈黙(1962年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記+あるふぁ>

○ベルイマン作品観るの、これが4本目。改めて感じたのは、この人の映画は雰囲気が暗くても、本人のお茶目さというか楽しさが滲み出てるなぁってこと。

○本
>>続きを読む

夏の夜は三たび微笑む(1955年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○ベルイマンといえば難解気味アート映画のイメージ。今まで観たことがあったのも『第七の封印』と『野いちご』で、後者こそ難解ではないけれど、それでもしみじみ系の作品
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ニセ超能力者の正体を暴く主人公、という点で「あートリックだー懐かしいなー」となった。

・淡々と、単調気味に、長話があって、ホラー演出は音ドーン、急にバーン、
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・下半期ベスト10に間違いなく入る素晴らしい作品!月並みな説明だけど、人物の社会的立場とか、相関関係が、序盤からドーンと説明されるんじゃなくて、はしばしの言動か
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・現実から夢(イメージ)の世界への転換演出が度々繰り返されるけど、脈絡や助走に欠けていて、ワクワクしないどころか、その度に「またか…」となってた。

・ひな人形
>>続きを読む

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

○ホン・サンス作品4作連続公開のラスト4作目は、すべてに出演した監督のミューズ、キム・ミニに加え、なんとイザベル・ユペールが出ているという、なんと好奇心をそそる
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・瀬々敬久監督といえば、私は『ロクヨン』『友罪』しか観たことなかったけど、この2作は大手企業の製作委員会とかジャニーズが絡んだ商業映画。かたや昔はピンク映画を撮
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・松居監督の作品は『私たちのハァハァ』と『アズミ・ハルコは行方不明』しか観たことがないけど、「青春の衝動・暴走」を描く人っていうイメージではあった。そして本作も
>>続きを読む

影の列車(1997年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・一般的な、起承転結のストーリーを楽しむ映画ではなく、映像を観た自分の中に生まれる感情や発見を楽しむ実験的な映画。結構楽しかった。二度観てより楽しめる作品だと思
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・本作を手がけたアードマン製の『ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』が大好き。また、映画歴短いながらも、ストップモーションアニメはどれも好きで、最近は『
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・新人女性監督による、長編初監督作品。とは思えないほど素晴らしかった!

・女性を性の対象としか見ていない者へのリベンジ。ひいては、女性を見下している全ての男へ
>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・小津映画にしては長く感じたんだけど、終わって調べてみたら146分と、実際に長かった。小津作品で最長なんだそう。

・通勤ラッシュとか、サラリーマンというのが印
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・しょっぱな、FOXサーチライトのロゴがレトロ仕様。そのあとの映像も35ミリフィルムで、シネスコサイズ。本作の舞台である1973年に引きずり込まれる〜!最高〜!
>>続きを読む

お茶漬の味(1952年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・家の中でカメラがズーム(ドリーインかも。忘れた笑)したのだけど、小津作品でそんなことするイメージがあまりなかったから結構びっくりした。そこに着目してみると、こ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・Twitterで熱い絶賛ツイートを見て、気になって観に行ってきた。すごくよかった。在日コリアンがなぜ大阪のあたりにいるのかとか調べて、そしたら朝鮮の分裂と、韓
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ドロイドは、人権がない・操られている。チューバッカ(ウーキー族)は奴隷。ハン・ソロは囚われている。ヒロインその他もろもろも。全員が支配から脱出して、自由を手に
>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ホン・サンス作品4作連続公開の3作目〜。ちょっと変わった「ifもしも」構成だけど、ホン・サンス節は今回もばっちりきいてる!そういえば、『それから』は時系を平然
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・作中において「ブリグズビー・ベア」って結局なんだろうって考えていたら、ある仮説が浮かんできて、めっちゃ涙ぐんでしまった。

・まだ赤ん坊だった主人公を誘拐した
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<思いついたことの殴り書き>

・公開直後(三日後?)に観に行ったので、内容はほぼ知らず、評判もちょっぴり耳にしてたくらいだった。なので、あくまで「なんかちょっと面白いらしい、K’sシネマでよくかかる
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・大自然を丁寧に撮り、森林消防隊(という仕事)のディテールを細かく描く。人間ドラマにもそれぞれ深みがあり、役者の演技が説得力をもたせている。実話(しかも決して楽
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・完全版じゃないブルーレイはすでに持っていたけど、もう一回劇場で観たいなぁと思っていたので、完全版公開はとてもラッキーというかいい機会でした。

・やっぱり素晴
>>続きを読む

浮草(1959年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・あの小津さんが松竹じゃなく!大映製作で!宮川一夫撮影で!カラーで!大映スター(個人的に主に若尾文子!)たちと!撮った作品だってえええ!!!???と、それだけで
>>続きを読む

東京暮色(1957年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・これで小津映画を観るのは6作品目だったけど、こんなに暗い(内容も映像も)作品があるとは!という驚き。

・1957年だから、戦後12年。花札、マージャン、パチ
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・完全に余談なんですけど、新宿ピカデリーでウディ・アレン特集やってたので観ました。『ミッドナイト・イン・パリ』も同様です。で、もっと言うと、同タイミングで同劇場
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・観る前にご飯食べたら眠くなっちゃって寝たのでスコアなし…笑

・ホン・サンス映画を観るのは2作目。『それから』のレビューで書いたから省くけど、カメラとか役者の
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・過去を美化・神格化することの虚しさ・不毛さがうまくわかりやすく描かれていると感じた。現実(現在)とちゃんと向き合えば、未来にステキなことが待っているよ、という
>>続きを読む

>|