まつきさんの映画レビュー・感想・評価

まつき

まつき

紆余曲折経て、観た時に感じたことを忘れないための、ネタバレバリバリの殴り書きメモとなっています。映画は2015年6月まで一切観てこなかったので、デビューは遅め、歴は短いです。

映画(1085)
ドラマ(0)

東京暮色(1957年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・これで小津映画を観るのは6作品目だったけど、こんなに暗い(内容も映像も)作品があるとは!という驚き。

・1957年だから、戦後12年。花札、マージャン、パチ
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・完全に余談なんですけど、新宿ピカデリーでウディ・アレン特集やってたので観ました。『ミッドナイト・イン・パリ』も同様です。で、もっと言うと、同タイミングで同劇場
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・観る前にご飯食べたら眠くなっちゃって寝たのでスコアなし…笑

・ホン・サンス映画を観るのは2作目。『それから』のレビューで書いたから省くけど、カメラとか役者の
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・過去を美化・神格化することの虚しさ・不毛さがうまくわかりやすく描かれていると感じた。現実(現在)とちゃんと向き合えば、未来にステキなことが待っているよ、という
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・紀子(原節子)3部作の一作目…この後の小津さんの方向性のはじまり…

・ファザコン娘の嫁入り。終盤のハイライト、旅館に2人で泊まっている時、紀子が父に向けるま
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・レストラン店長のおっさんと、女子高生の恋愛ということで、一歩間違えれば生々しい感じになりそうなところ、カメラマンが女性で、うまくいやらしくなりすぎないように撮
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・何度も劇場で予告を観ていたから、観る前からどんな映画なのかイメージは膨らんでいたと思う。「顔が他の人と違う少年が主人公」というポイントは、それだけで映画として
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・演技派俳優3人の見事な掛け合い。安定感バッチリ。特にスティーブ・カレルの抑えた演技はさすがだった。

・3人の設定は、昔ベトナム戦争に駆り出された仲間たち。そ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・乱暴なボケ(ギャグ?)がしつこいが、それがそれほど面白くなく、ただ粗さを際立たせるだけに感じた。

・ミュージカルシーンの無意味な乱発がストーリー展開を妨げて
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・組織に利用され裏切られた、立場が違う2人の男の禁断の友情(愛情)物語

・時系を行き来して、少しずつ真実が明らかになっていくんだけど、その行き来が鬱陶しくなく
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・人間、誰しもが、大小さまざま罪を犯している。例えばゴミをポイ捨てしたり、嘘ついて人を騙したり、人の秘密をバラしたり、といった身近な罪から、モノを盗んだり、ある
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・出版社社長の男と、その妻。社長の浮気相手の元従業員と、その代わ理に採用された初日の女。4者でドロドロごちゃごちゃするやつ。

・ホン・サンス作品は初めて観た。
>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・光の撮り方が印象的。綺麗。自然の音もいい。録音頑張ったんだろうな。山の空撮(ドローン?)。

・オカルトっぽい脚本。かなり難解な作品。でも、私のメモに残してあ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・泣いた、笑った、満足したー。あくまでも主観なので勘弁してもらいたいのだけど、序盤はギャグがすべり気味な気がして、とても嫌な予感がした。笑 でもすぐにエンジンか
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・これまで私は、いろんな映画のレビューで「疑似家族モノが大好き」「血の絆を越える太い絆で泣く」と再三書いてきたけど、それこそ本作はそのまんまなので、当然大好き。
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

(相当面白かったし楽しんだけどメモがめっちゃ雑だった…笑)

・『レオン』を挙げる人もいれば『タクシー・ドライバー』を挙げる人もいる。私は後者だった。設定が完全
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・グレタ・ガーウィグ、初監督(兼脚本)作品でこの面白さ、天才では!とはいえ下積みというか、いろんな現場で地道に監督の仕事を研究したり、脚本書く機会もあって、努力
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・自分ルールの中で生きる偏屈(ある意味めちゃくちゃまっすぐ)の男。相手の女性はただ振り回されるだけかと思いきや、とにかく強い。主導権を得ようとしてくる。この攻防
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・前半めっちゃダラダラしてるように感じてしまって、あまり面白くなかった。その前半こそが、ケヴィン・スペイシーの代役クリストファー・プラマーがたくさん登場するんだ
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・深田監督定番の、とある集団(家族とか)に異物的人物が投入されて、変化が生じていくパターン。今回はディーン・フジオカさまだー!日本人なのかインドネシア人なのか国
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・専業主婦への応援歌と感謝。確かに旧世代的なテーマだとは思うけど、作中ではかたや共働きの夫婦も描かれているし、別に年老いた監督が古い価値観で撮った映画だとは思わ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・オープニングから和太鼓ドンドコドンドコ盛大にならして、キャストのテロップをバンバン出してカオスの様相を呈しつつ笑、太鼓叩くマペット3体がダイナミックにぐるぐる
>>続きを読む

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・三船敏郎をほったらかして、時代劇に必要以上にフィーチャーしていた。ラストのナゾの時代劇も必要だっただろうか。結局、海外にいる時代劇(古い日本映画)ファンへの目
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・舞台挨拶で生・山崎努さんと生・樹木希林さんを見た。確かこの日か翌日くらいに、『万引き家族』パルムドールのニュースが飛び込んできたので、なんとなくラッキーと思っ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・昭和の香りがする演出や小道具に興奮。『仁義なき戦い』を想起させる赤いテロップとか、その広島弁とか。一番興奮したのは、缶ビールのタブ。そうそう、前はそのまま取れ
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・アメリカにおける黒人差別の歴史、60年代公民権運動の壮絶な展開、黒人差別の本質へ切り込んだ話、などが扱われたドキュメンタリー。とにかく内容が濃い。濃すぎる。一
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・昨年6月に観た『パトリオット・デイ』と同じく、2013年ボストンマラソンでの爆破テロ事件の話。一つの事件をこうして複数の視点から描いてくれると、新しい発見があ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・映画好き歴が短いため、アーロン・ソーキンが関わった作品は『スティーブ・ジョブズ』しか観たことがなくって、その『スティーブ・ジョブズ』がめっちゃ好きだった。当然
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・監督の前作『タンジェリン』も好きだったので楽しみにしてた。で、本作もほんっとうによかった。登場人物が、喜怒哀楽、感情を思いっきり爆発させるんだよなぁ。これは間
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ボブ・フォッシーの自伝的映画。フェリーニの『8 1/2』のような。そもそもボブ・フォッシーは、フェリーニの『カビリアの夜』のミュージカル化で演出と振り付けをし
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・『第七の封印』に続けてこちらも鑑賞。こちらも死の予感に囚われた男の話。こっちは老年男性!(近く、都内の映画館でベルイマン特集があるので全部観たいと思ってるんだ
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・初ベルイマン!そろそろ観た方がいいとおもって!DVD借りた!(この時はベルイマン映画祭のことを知らなかった!)

・映像的にもなんか深そうな感じ(メモがめっち
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ダメな人たち(主に倫理的な意味で)がハチャメチャするのがとても楽しい映画だった。複数の人の複数の組み合わせにおいて、愛憎が激しく燃え上がっている。ゾクゾクする
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・アラン・ドロン美しい。アラン・ドロンのプロモーションビデオみたいな趣もあり。アラン・ドロンの表情、企み、一挙手一投足を観察する作品。。

・音楽ニーノ・ロータ
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・序盤、立ち上がりがドラマに乏しく退屈だった。しかし主人公が、憧れのアーティストOZに、存在・作品を全否定されて挫折してから、一気に面白くなった。どん底から這い
>>続きを読む

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・街は、道路の流れとか、建物の役割、店なのかオフィスなのか、安く買える古い建物と高い新しい建物と、そう言った様々な要素が複雑に絡み合って、「生きている」。

>>続きを読む

>|