Shunさんの映画レビュー・感想・評価

Shun

Shun

たまに映画監督(普段はテレビ局D)
ただの記録。琴線に触れた時だけコメントも。
過去に鑑賞したものも後から評価したりも。

映画(235)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.5

僕明日
エンドロールが秀逸
一作品目ゆえの甘さが目立つが、竹内結子さんの演技力が凄まじくて全部カバーされてる感じ。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.3

映画における音楽の重要性、思考、苦しみを理解させるドキュメンタリーでした

マレーナ(2000年製作の映画)

4.5

音楽はモリコーネの必要があるのかと途中まで思っていたが、最後の方からモリコーネのすごさを感じた。
み終えたとき、トルナトーレは凄いと改めて感じさせられる映画。
マレーナのドキュメンタリーを彼目線で見て
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.3

美女と野獣より微妙という前評判は僕は違うと思いましたね。見てよかったです。
ほぼ良いのに一つ残念なのは
ハリウッドのトレンドである女性のチカラを前面に出しすぎてて残念。せっかくのトータルで作り上げた作
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

4.3

1968年のロミジュリを彷彿とさせるカットがいくつか見受けられ、劇以外のところでもシェイクスピアの詩をふんだんに使用していて良かった。
フィクションでも原作物をリスペクトして作られたことが非常に感じ取
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.6

この作品はもっと評価されてもいいと思う。
緊張と緩和のバランス、温度感が、本当に気持ちが良い構成。思わず涙腺も緩みかけます。

音楽がなにより素晴らしい。そして音楽、コメディ、ロマンスを超越的にディレ
>>続きを読む

>|