Megmegさんの映画レビュー・感想・評価

Megmeg

Megmeg

映画(318)
ドラマ(9)

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.1

お金はあるのにケチな爺さん。
このコツコツした値切りや節税が彼を金持ちにしたんやね。
実話を元にした作品らしいけど
こんな、何ヶ月も猶予のある誘拐って、やっぱ金持ちだから身代金必ずもらえるとふんだから
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.1

なんとも思ってもいなかった
ストーリーにラスト。
2人が可愛い❤️ので
まあいいか。

ニキータ(1990年製作の映画)

3.1

うーん
悲しすぎる。
久しぶりの外でのディナー
と思ったら殺しの訓練。
新婚旅行の代わりにヴェニス旅行
と思ったらまたまた殺しの依頼。
自分の名前も名乗れないなんて、、

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

オジーのエピソードはもちろん
周りの人たちがすごく良かった。
みんな何かを抱えてて、それを
素直に言えないでいる。
自分に正直に行動すれば
色んなことが見えてくる。
初めから最後までずっと鼻の奥がツー
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.3

待ってました。ジョニーの存在感‼️
ハリーポッターとの関連性が
気になる。次回作、待ちきれない。
家族との関係がもつれて
ちょっと暗くなるけど、可愛い動物たちで少し癒される。

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

3.4

小さい時に大好きだった
星の王子さまがモチーフになった作品。
原作の内容をベースに変人の隣人と女の子、お母さんとのストーリー。
世界観が崩されてなくて
心にしみるストーリー。
大人に観てほしい⭐️

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.3

アジアのこんな映画って新鮮‼️
シンガポールの有名な観光地あちこちでパーティーパーティー🎉
ホント、クレイジー。
行きはファーストクラスで
帰りはエコノミーww
でもあのプロポーズには、グッときた!
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.0

実話
一見異常がないのにどんどん不調になっていく体。
根気強く調べてくれる医師と
出会えて彼女は幸せだったな。
あと、恋人と友人、家族もね。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

よかった〜💜
今年1と言ってもいいかも。
ライブエイドのシーンは鳥肌。

2回目
サントラも聞きまくったし、歌に集中できて、またまた感動。
やっぱりスクリーンで観たいので、また行くかも❣️

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.2

耳の聞こえない女の子のシーンがサイレント映画みたいだし、暗い場面多めで、最初ナンジャラホイと観てたけど、全部回収され、
ステキなストーリーに。
諦めず最後まで観てよかった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.1

喪失、破壊、再生
少しずつ変化していく周りの人との関係性。
男の人ってややこしいのね。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.0

デニーロ、若い頃からこの迫力。
この頃の映画で観るアメリカ、特にニューヨークなどの都会は
怖かったなぁ。角曲がれば誰か隠れてそうで。
音楽も恐怖を増幅させる。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.1

うーん
1と2からの〜
期待があったので、内容 少し中だるみ。
まぁ4があれば観るよ。
昭和な空気感好きだしね。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.2

それぞれのエピソード、家族愛が溢れてた。
思っている事は今伝えなきゃ。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.3

実話だそうです。
宗教の問題は、信仰心の薄い人が多い日本人には難解かも。
社会派のドラマです。

ミス・ポター(2006年製作の映画)

3.3

湖水地方の景色が素晴らしい!
挿絵の動物たちが動くのが
すごく可愛い❤️

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.2

キャリアウーマン、外には敵だらけ。でもだんだんみんな彼女が所々で見せる人間くささに惹かれていく。
しかしアメリカ社会から銃の無くなる日は遠いな。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

面白い❣️よくできてるな。
1人で観たけど大笑いした。
アメリカ人も好きだろうなぁ。

バーレスク(2010年製作の映画)

3.5

今更ながら、アギレラって
歌が上手いね。顔からは
想像できない迫力。

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.0

はちゃめちゃおばあちゃんの
話。最近こういうおじいちゃんおばあちゃんが元気な話が多い気がするなぁ。時代なのかね、
最後もハッピーエンドでよかった❣️

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.1

何とも点数のつけにくい作品。
スカッとするわけでもないし
同情もしにくいし。
バラバラだった人間関係が
少し近づく感じかな。

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.3

お互い思いあっていても
運命が2人を引き離し
また出会わせる。
しっとりと秋に観るのに
いい映画でした。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.7

うーん
誰も知らないを少し思い出す。
ラストも、これでいいんかいって感想。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.2

ありえないような話だけど
少しずつ2人の距離が近づいていく過程が素敵。

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.1

夏休みに見たかった作品。
個性豊かな登場人物たち。
学校にいる間ってそれだけが
世界の全てっていうけど
思わぬ夏休みの冒険で大人っぽくなった主人公の新学期に
クラスメートも注目👀

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.0

前に観てレビューし忘れ。
日本でリメイクするんだね。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.2

映像が美しかった。
デンマーク、パリ、ドレスデン
抑えめな色彩だけど絵画のよう。

結局、リリーは幸せだったんだろうな。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.2

基本好きなタイプの映画なのに
裁判シーンがダラダラしてて

もうちょいメアリーの才能とか見せて欲しかった。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

2.8

うっわ
ゾンビもの、アイアムアヒーローで懲りたのに。
でもこれは、パニックの中で
成長していくお父さんが良かった。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

この間、タリスに乗ったばかり。
3人の少年時代から描いているので、なかなか事件が始まらず
ヤキモキしていたら、最後は怒涛の展開。
終わってみれば、あのダラダラの
前半も意味があったんだなぁと。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

続編って外しがちだけど
なかなか良かった〜〜❣️
ヤングドナのファッションも
海と部屋のコーデに出てくる色々な青と緑。
内容も盛りだくさん。
娘と観たかったなあー。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.0

観たのにレビューするの忘れてた作品。
昔の作品って映像も荒くて
不気味さ増し増し。

>|