Megumiさんの映画レビュー・感想・評価

Megumi

Megumi

映画(317)
ドラマ(17)

初恋(2020年製作の映画)

4.8

観ている間ずっと、”生きてる‼︎”という実感があった。
決して褒められたもんじゃないけれど、どこか可笑しくて愛おしい奴らの争いが、強烈で爽やかな”生”を伝えてくれた。
もーみんな大好き。
終始テンショ
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.0

ドラン作品、私には合わないのかも…と薄々気づきつつも鑑賞。
やっぱり合わなかった。
こればっかりはどうしようもない。でもドランは好きだからもどかしい…。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

複雑な気持ち。誰も責められない。どこに気持ちを持ってけばいいのかわからない。
お母さんは決して褒められたもんじゃないし、ムーニーちゃんの無邪気さは”無邪気”と言い切れない危うさがある。でもそれも、社会
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.0

恐怖を通り越してシュール。
食事シーンの気まずさが好き。
終始”音”にゾクゾクする。
映画館で観たかったなぁ。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

怖さやエグさに身構えていたけれど、そういうものはなかった。
観終わって考え込むと、ゾワっとする箇所もあるけれど。
清々しい”祝祭”だった。叫びながら、強く生きたいものです。
ダニーは今後どうなるんだろ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

疲れた…。
”観る”というより”体験”。
進むしかない、走るしかない極限の状況が続く。この緊張感に耐えなきゃと必死になった。
終盤、1人だけ別の方向に猛ダッシュするシーンが素晴らしくてゾワっとした。な
>>続きを読む

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

3.8

暗く静かに淡々と、でも重く心に残る。孤独を分け合うような2人の姿に胸がヒリついた。
悲しさと希望が同居するラストが印象的。それでもバスは進む。
「トイレ休憩だ」と笑い合うシーンが大好きです。

音楽(2019年製作の映画)

4.0

ただただ楽しくてワクワク。音を出すって気持ち良い。
自分は音楽を学んでいるけど、音楽への純粋な喜びをあらためて教えられたような…楽しい!仲間と奏でる音、なんであんなに高まるんだろう。
独特なゆる〜い会
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.5

観られて良かった。
ユマちゃんがとにかく素敵で、目が離せない。性をきっかけに世界を広げていく姿が、眩しく輝いていた。買い物してお酒やメイクをおぼえて…さらにタイにまで行ってしまう行動力。スクリーンいっ
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

4.5

終始なんとも言えないシュールな雰囲気が好きすぎる。笑っていいのかな…と思いつつ笑ってしまう苦笑いコメディ。
マンション内での追いかけっこがスリル満点でハラハラするけど、カメラが引きになって冷静に見ると
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

4.0

観終わってからの余韻。沁みてしみてしょうがない。
上手く言えないけど、これは私たちの物語なんだと感じた。
自分だけじゃなく相手の気持ちも考えて思いやるって本当に難しい。それでも、折り合いをつけながら生
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.8

アベンジャーズオマージュらしきオープニングから、手の込んだエンドロールまで、全部最高。
ドイ君目線で「何やってんだろう…」と最初は困惑気味で観ていたのに、徐々に熱くなってきて、気がついたら彼らの挑戦を
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.5

淡々とした中に、確かなドラマ。イーストウッド作品の中でも、かなり好き。
やりきれなくてしんどくて、観ているのが苦しかったけど、最後まで観て良かった。
サムロックウェルに惚れました。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

コメディタッチで子ども目線だからこそ、悲しさをより感じる。
信じられないような許されない行為だけど、本当にあったこと。
ヒトラーとの本当の別れに、ジョジョの成長と希望をみた。
なぜかオープニングで涙。
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.0

藤原竜也劇場vs吉田鋼太郎劇場。
賭け事に挑むカイジさん、もはや常連客の余裕と貫禄を漂わせていて、それだけで面白い。
カイジなら、なんだかんだ生きていけるんだろうと思える前向きなラストだった。達者でね
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

一度もだれずに観られた。
これはコメディ?ホラー?社会風刺…?ジャンルごちゃ混ぜで見所たくさん。
かなり笑えるけど、根底にズシンとあるのは経済格差の現実。抜け出せる未来が見えない。希望を一切与えないの
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

無免許の自分が、手汗びっしょりでエアハンドル握ってたくらいの臨場感と興奮。
全部が良い。最高のバディ。

カツベン!(2019年製作の映画)

3.5

成田凌がとにかく可愛い。
”成田凌=ヤバい男”という今までのイメージを微塵も感じさせないキュートさ。コロコロ変わる表情に釘付けで、活弁も上手い!
話のノリが古いなと思ったり、とっ散らかってて後半長く感
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.5

悪質コメディー(褒めてる)
オープニングのセンス良すぎ!
登場人物みんながイかれてて、思わず笑ってしまう。でんでんよ…

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.0

観るのやめようかと思うほど辛くしんどい。田舎の閉塞感、クラスのあの雰囲気…地獄か。
山田杏奈ちゃんがとっても美しかった。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.0

超良かった…!
映画に求めているものが全部詰まっているような映画。
プロレスはまったく詳しくなかったけど、何も問題なし。最高に楽しくて笑って泣いた。登場人物の愛らしさは今年ベスト級。会話もいちいち面白
>>続きを読む

影踏み(2019年製作の映画)

2.5

無。何も残らなかった…何も伝わってこなさすぎて感想も思いつかない。事件等いろいろ起きるけど、どれも他人事に感じて入り込めない。
唯一良かったのは、尾野真千子さんと中村ゆりさんの会話と、一緒に買い物して
>>続きを読む

Beau(原題)(2011年製作の映画)

3.5

”鍵なくした”っていうシンプルな題材だけで、世にも奇妙で居心地悪い作品をつくっちゃうアリアスターさんよ…好き。

ひとよ(2019年製作の映画)

3.5

「凪待ち」が最高すぎたからハードル上げすぎたのかも。
なんとなくとっちらかった感じがして、そこまで没入できなかった。でも、キャストの方々の演技がみんな素晴らしかった。
佐藤健の叫びに泣きました。震えた
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.0

どういう気持ちで観ればよいのかわからなかった。わからなくてもいいんだろうとも思う。
メインのお三方の熱演に震えたけど、物語にはあまり心動かなくて。もっと各々掘り下げてほしかった。見せ場のはずの朝焼けの
>>続きを読む

ブラック校則(2019年製作の映画)

4.5

セトウツミの作者が脚本だと知り、ドラマを観たら驚くほど面白かったので映画も観ることに。
今までジャニーズ系の作品は観てなかったけど、偏見は良くないなと反省。EXILE苦手だからハイロー観ないのと同罪で
>>続きを読む

スペシャルアクターズ(2019年製作の映画)

4.5

超良かった。カメ止めを超えてきたと思う。好き。
ドンデン返しというよりは(思いっきり騙されたけど)、優しい気持ちに包まれる人間賛歌。ほんっとうに心温まる映画だった。
そして、今年一の兄弟愛がここにあり
>>続きを読む

>|