明治さんの映画レビュー・感想・評価

明治

明治

映画(211)
ドラマ(0)

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.6



支離滅裂。


自分の語彙力では説明できないけど、
とにかく、やばい。
いろんな意味で。笑えてくる。

日本でこの映画作れて放映できるクドカンはすごいな。
俳優陣豪華すぎるのもまたすごい。
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.2



パルム・ドールにつられすぎた。
最後不完全燃焼。
常に感情がワントーン。
泣き所はたくさんあるけど、
泣ききれない。

だけど、あの空気感と生臭さ。

高良健吾や池松壮亮が、
脇役で出てくる豪華さ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.6


もう、瑛太。すごい、瑛太。
瑛太が良すぎて、生田斗真の影の薄さ。


鈴木くんのカラオケシーン。
すっごく良かった。

誰も救われないし、重い。
原作を読んだだけあって、物足りなさというか。なんとい
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.2



主語がないので、混乱しまくった

ジェリファー・ローレンス美しい

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.8



おしゃれ映画とSFとミステリーの間みたいな作品。

その中途半端さと、
伝えたいことの多さに腑に落ちなかった。

発話障害の女性と半魚人にゲイに黒人、
全員社会的に不利な立場の人間たち。

完全に
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5



期待しすぎたのかもしれない。
ストーリーが単調だった。

ミュージカル映画だから当たり前かもしれないけど、そこ歌う!?って思うところが多かった。

だけど、衣装や美術は抜かりなくて
映像がとても綺
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6


とても人間臭い。
だけど、すごく愛を感じた。

密度ある作品だった。

"怒りが怒りを来す"
言葉の通り、怒りに突き動かされる人々。

アメリカ感が強いところが効いていた。
リアル。

キャラクター
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

1.5



最悪のカメラワークに酔いそう

話も支離滅裂。
知らぬ間に戦闘能力が
高くなりすぎてて笑った。
立ち振る舞いがバイオハザード

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8



ララランドは頭を使わずに観れる映画。
ムーンライトは頭を使わなきゃ分からない映画。

アカデミー受賞がないと
多分見てなかったと思われる作品。

あらすじも知らないまま鑑賞したけれど、
鑑賞後にラ
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.2




サラッとした作品だった

旅行のシーンはすごく楽しそうだった
マデリンの笑顔が最後にかわいい

ファッションや音楽も
今どきのティーンっぽい。
クリーンさがAppleのcmっぽい。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2



相変わらず最高。


ロボット犬とかメカ感が強すぎたのが、
ある意味ちょっと残念だった。
英国紳士というところがなければ、
他の作品と被ってしまう印象。

みんなの死があっけなすぎる。

だけど、
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3



IMAXで観る空のシーンは臨場感があってとても良かったし、圧倒的な映像力。音楽もいい。

内容に関しては話の魅力も、戦争に対しての批評力も足りない。全然足りない。感情移入のしどころが分からなくて終
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.3




女戦士、めちゃめちゃかっこいい。

2人のやりとりが良かったし、
戦闘シーンのやりすぎ感も悪くない。

だけど、観る前のテンションにもよる。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.3





夜更かしの口実は
父の映画鑑賞に付き合うことだったのを思い出す。

何回観ても好きな映画。



2017.5.29

夜に生きる(2015年製作の映画)

2.2



ザ・コンサルタントから
期待しての鑑賞。

2時間弱がとても長く感じたし、
登場人物が混乱しやすい。
前半はマリアンヌを彷彿させる。

ただ、エルファニングの存在感が絶大。


2017.5.29

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8



ジャンゴに次いで良い西部劇ものだった。


キャストが豪華。
7人ともかっこいい。

ジャックの最期は印象的。
イ・ビョンホンも良かった。

あとBGMがチープな感じで良かった



2017.5
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0



BROOKS WAS HERE
SO WAS RED

何度見ても心が満ち足りる映画


2017.5.22

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.6




すっきりしない作品
どうとでも解釈できてしまえる点が憎い


2017.5.22

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.3




サスペンスミステリーかと思ってたら、ただのホラー映画

海外のホラー映画は、
悪魔や魔女関係のものが多くて
全然面白くない



2017.5.17

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.0



近未来感が凄すぎて、
よく分かんなかった。

かといって、バックトゥザ・フューチャーのような
ドキドキ感もない。

スカーレットヨハンソンが素子と呼ばれてるのが違和感
ビートたけしだけ日本語なのも
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3



敵国の視点からの作品だったにも関わらず、
終始涙が止まらなかった。
気づいたら見入ってた。

愛する人を想う気持ちや、死に対する恐怖、生きることへの執着は
どちらの立場に立っても同じだ。
それなの
>>続きを読む

>|