Pamさんの映画レビュー・感想・評価

Pam

Pam

映画(79)
ドラマ(1)

バイス(2018年製作の映画)

3.5

アメリカの懐の深さを知る映画。

まだこの人ご存命なのにこんないじっていいの?ぐらいいじってる。

『太陽の帝国』のあなたが。。。とおばちゃんなら涙を流さずにはいられない。

じつはアゲマン妻役の彼女
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

4.8

とっても勇気をもらった作品。『女は度胸』でお茶の間の人気者になった藤岡直美さん主演。

目立たない地味な実家のクリーニング店のかけつぎを手伝う独身女が、あるきっかけを境に逃亡とともに生き生きしだす。
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.0

ちょっとねー。予想通りでしたね。

劇中通り役者が偉そうにして作ったんだろうなとしか思えない。。

何かぶれてる。

年いってからのドヌーブさま。もう毎回一緒のキャラ。

『SAGE FEMME』とキ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

この映画を見て一番最初に見せたいなと思ったのがグレタさん。たぶん意味わからないでしょうね。

異常気象を若者の時空を越えた一緒にいたいとかいう恋愛話に持っていくところでかなり引きました。

異常気象と
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.9

肺癌で余命の短いおばあちゃんのもとへ海外(NYと日本)に散らばっていた息子家族があわてて一同する数日間の家族リユニオンの話。

もちろん帰る先は中国本土。突然帰ってしまうとおばあちゃんがなんでなんで?
>>続きを読む

オーケストラ!(2009年製作の映画)

4.1

昨今カルロス・ゴーンの音楽の箱の国外逃亡が騒がれていますが、この映画の主人公も赤ちゃんの頃チェロボックス(ハード)に入れられてロシアからパリへ渡ってきたという。。

(カルロスの話聞いてこの映画すぐ思
>>続きを読む

ベンジー(1974年製作の映画)

4.0

映画というものはこんなに静かに集中して見るものでこんな楽しいんだ!
という発見の映画です。

小学校の低学年でしたがなぜか劇場で見たおぼえが。。。

画面いっぱいに健気に走ってた姿はまだ覚えていますよ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.1

映画の内容よりもなによりも

※この時代に強い女性を出してくれた

※日本のセットが日本人の考えるクールではなく外人の考えるクールジャパンを見せてくれた

※黄色のつなぎがかっこいい

※美人女優なの
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

4.9

あたしこれのLD思ってたんですけど。。。(若い人は知らないらしい)

『アイリッシュマン』に出ているジョー・ペシとロバート・デ・ニーロ出てるのよ。信じられる???


すごいっしょ。

『The tw
>>続きを読む

1900年(1976年製作の映画)

4.8

これこそ映画の中の映画!

これもあの黙々と農夫たちの行進の時の旋律をまだ歌えるわよ。

ロバート・デ・ニーロとジェラールド・パルデューが同じ年生まれたって言う設定なんだけどさ。

今や二人とも両国を
>>続きを読む

ミッション(1986年製作の映画)

4.3

私これロバート・デニーロの最高傑作だと思ってるの。


ジェレミーアイアンズももちろんいいんだけどもロバート・デニーロのあの健気なあの愚の姿。最高じゃない?

ちょうどこれぐらいの年ってロバートデニー
>>続きを読む

西ベイルート(1998年製作の映画)

4.0

秀作。

この映画でやっとレバノンとフランスの関係が少しわかった気がした。最初のフランス学校の先生の態度がとても海外にいるフランス人(もしくはフランスで教育を受けた人)らしい。

カルロスゴーンはこの
>>続きを読む

愛の嵐 ノーカット完全版(1994年製作の映画)

4.5

この映画を見ようと思ったきっかけは当時愛読してた漫画の作家さんがおすすめと書いてからだと思う。

すごい映画なんだよね。

小市民として過ごす隠れナチ残骸男とそれに弄ばれた少女の記憶。

ガラス破片の
>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

4.7

まだ音楽を口ずさめる。

なんともパリ的な。
これはパリジャンでは作れない。

こういう映画はパリ以外の人の妄想と大げさなパリが詰まってる。

ただその部分を表現するセンスはとてもパリ的な監督だと思う
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

4.4

クラシックな戦争映画なんだけど、芸術家が戦争に行ったらどうなる?的なおとぎ話でもあり、悲しい話。

もっというと

戦争で顔を破壊された画家の青年と同じ部隊にいた愚直な中年兵士の、戦後の資本家(画家の
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.0

2019年にみました。

周りはアナ雪コスプレのちびっこばかり休日の朝という狙って。

今回、エルサがあっちの世界に行ってしまう話なのね。

終始、「エルサ寒くないのか?」と聞きたいほど全編エルサ薄着
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.9

ピューリタン系のにんじんとか、赤毛のアンとか若草物語とかそういうのって、感想文書けと読まされた記憶しか無く、絶対期待しないけど、新解釈として意外とおもろい。

夢バージョン、7年前バージョン、現在バー
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.3

とりあえずね。。デニーロさん、ペシさん、カイテルさん、パシーノさんが出てるだけであたしは見るね。

物語は男の話よ。しかもおっさん。

正直今のハリウッドの流れにはついていってないね。

今のハリウッ
>>続きを読む

社会の片隅で(2018年製作の映画)

4.0

地味ながらのかなりの秀作。

2019年の『Hors Normes』が自閉症ならこちらはホームレス女性といういろいろな問題が偏ってるんだけど。

素晴らしいです。
ソーシャルワーカーがここまで必死にな
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

4.1

あらすじを書いてしまえば映画のネタバレになるというとんでもない映画。

まんまと騙されました。

ヨーロッパの歴史は深い。

最初はなんとなく老人の出会い系サイトで出会った二人の可愛い話かとおもいなが
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

マーティン・スケコッシだからじゃなくて遠藤周作だから見たんですけど。

原作も随分前に読んだんですが

もっともっとしんきくさい映画になってるんじゃないかと期待してた割に、話がポンポン進んで私はきらい
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.5

こんなかっこいい映画ないやろ。。

って言うぐらい私のツボにハマりまくりの映画。

最初の始まり方から終わり方が特にかっこいい。

最初の始まり方はワンハリでも使われてたよね。

この人の車のシーンも
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

いっていい??なんかバラバラなのよ。

ハリソン・フォードはそのへんの買い物に行くような格好で出てくるし(どうらんもぬらず、髪の毛も白髪のまんま)、レイア姫はなぜか生きてるし(亡くなったよねぇ。確か)
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.4

私はこの時代をまだまだ微かながらも覚えている世代なので本当に楽しめました。ちょうど同じ頃日本人の伊藤みどりさんもいらっしゃったんですよ。ナンシーケリガンやクリスティーナ山口などこの時代スケートは本当に>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

アメリカの偉人物語は結構好きなんですが、偉人とは呼べない偉人だった人をこれだけ詳しく映像化されるというのもさすがアメリカ。

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-(2019年製作の映画)

4.0

『ペンタゴンペーパー』の女優が『パナマペーパー』の解説映画に出てると言えばいいのでしょうか。

いきなりゲーリー・オールドマンとアントニオ・バンデラス兄さんたちがナレーターとして登場。しかもなんとなく
>>続きを読む

オースティン・パワーズ:デラックス(1999年製作の映画)

2.0

気持ち悪かった。

でもこの気持ち悪さも演出なんて天才かよ。

この人ちゃんと歯は治してますね。ドクターの歯並び綺麗ですもの。

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.5

マルコが地味なんだけどどうもいい役をとっていってしまって。。。ほんとうはベリンゴの表現力想像力のほうがすごいのに。

というのが感想。

あとなんで、女闘牛士がでてきたのかは謎。素敵なんだけど、そんな
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

この映画をご覧になって紙切れ一枚で離婚できるのって夢みたいな制度ってわかった??日本の法律は離婚を甘く見すぎよ。

もちろん日本でも協議離婚は別ですけどもね。。

離婚が三文判だけでできるのもおかしい
>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

4.6

なんなんだろう。この重さは。重すぎる。
ただただこれはペネロペの髪型もすんごく可愛い。いやいや。それだけじゃなくて、重いかわいいおかしい。

それなのカラフルでバランスをとっている。カラフル日常が、ペ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.7

あたしは。。これはあまり好きにはなれなかったの。ジョーカーもきつかったけど、これもきついわー。これはジョーカーみたいな芸達者な役者が演じたんじゃなくて、普通にそのへんの子が演じてるから余計にきついわ。>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.2

これは最初から最後までクリストフ・ヴァルツ先生の映画ですね。

ジャンゴの歯医者、アニータの医者。やっぱり医者とかそういう役が似合う。荻原流行に似てるよね。顔が。

ブラピはこのしゃべり方でファイトク
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.6

新旧のスターが勢揃いというだけで見る甲斐がありました。

とにかく美術が素晴らしい。そして話のテンポや構成も見るものを飽きさせない。

柱時計の音やピアノの音泥の足跡、ナイフの使い方など。


これだ
>>続きを読む

J'accuse(原題)(2019年製作の映画)

3.3

今年もやってきましたフランスの大河ドラマ。
ドレフェスの冤罪事件をモチーフとしたユダヤ監督によるユダヤテーマの。。。ですね。

歴史映画なので、セリフとか事件とかにキャッチアップアップアップで映画的な
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.8

ここまで車壊してくれるともうスッキリ。悪役が最初大型トラックで追いかけてきたときはワイルド・スピードかと思った。

さて

リンダハミルトン。。63歳にしてはおばあちゃん。。ちょっとクリーム塗ってよ。
>>続きを読む

Adults in the Room(英題)(2019年製作の映画)

3.5

2015年のギリシア通貨危機とともに出てきたヤニス・ヴァルハキスのヨーロッパから受けた嫌がらせを描いた映画

って言えばいいんじゃないかしら。

それにしても
Portugal
Italie
Grec
>>続きを読む

>|