心太さんの映画レビュー・感想・評価

心太

心太

映画(376)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.5

ライフガードは大変だ。花火のアイデアは結構好き。

プレステージ(2006年製作の映画)

4.6

丁寧で分かりやすい。手法はオーソドックスだが、それでいて大胆で見事な顛末。タネに気づけば、そこで終わる。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.6

突如街に出没したペンギンと、球体の海。カギはお姉さん!?その謎を追求する少年。子どもが純粋なのは無知だからである。

千年女優(2001年製作の映画)

3.3

あの人に一目でいいから、もう一度逢いたい—って訳なんだけど、何よこれは?なぜインタビュアーとカメラマンが、女優の話を聞いているだけなのに、いろんな目に遭うわけ?はっきし言って意味不明。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

朝イチにて鑑賞。話を理解しようと真剣に食らいついていったが、よく分からないままで終わった。正直、過大評価な作品だと私としては感じた。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

時間もちょうど良く、キャプテンの機転により、離れ業をやってのけた。お見事としか言いようがない。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.4

カーチェイスの場面は迫力があった。なかなかに恐い作品。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.5

初めは浮世離れしたことは分からないと思って見ていたが、レイチェルが筋を通したシーンは良かった。麻雀のことは、知らないから私にはよく分からなかった。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.6

信念を貫き、救い続けることは並大抵のことじゃない。

スモーク(1995年製作の映画)

3.7

良作ロードムービー。信用はお金じゃ買えないよ。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

ライブシーンと異星人のアジトに殴りこみをかける場面は面白かった。

ニノチカ(1939年製作の映画)

4.0

鉄仮面ガルボがカッコいい。ロシアントリオは自由気ままで見ていて楽しい。そして、初のルビッチ作品だが、話もウィットに富んでおり愉快。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.0

ムショ上がりのビリーが少女を拉致って色々押し付ける話。そんな気分の良いもんじゃない。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

5.0

映画を観て泣いたのは、久しぶりです。それぐらい素晴らしい作品でした。私は何を望んでいるのか。自分に誇りはあるのか。It’s not your fault.

アイランド(2005年製作の映画)

3.5

最初はなんだかタルそうなSFだと思ったけど、秘密が明らかになると、いきなりマイケルベイになる!

ゲーム(1997年製作の映画)

4.4

さすがはフィンチャー!!恐るべき才能だ。いつの間にか話にのめり込んでいた。皆さんをアッと言わせること受け合いですよ。

>|