まぁ郎さんの映画レビュー・感想・評価

まぁ郎

まぁ郎

映画はゴダールからセガールまで幅広く
レビューはあくまで個人的備忘録です

映画(1213)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

別に敬遠していたわけではないが、観ないままズルズルしてるうちに金ローで放送

確かに面白い、発想が面白い、これは人気出るなぁと思った

映画好きによる、映画好きのための映画って感じ
これ、映画関係者の
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.5

幼少の頃に意味もわからず見てたアニメが、映画になって帰ってきた

一言で言うと、
「冴羽獠、やっぱモッコリだわ〜」(ドスケベだけどカッコいい)

知ってる新宿の街並みが数多く出てくる
当時のエンディン
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.0

前作で間延びした感があったが、見事に立て直した印象

配役も良かったと思う
特に、リリー・フランキー適役だったんじゃないか

探偵と高田のバランスも良かったと思うし、哀愁感じさせるところがハードボイル
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

ズシンとくるやつ
重厚で秀逸な作品だった

ミルドレッドもウィロビー署長もいいけど、なんてったてディクソン巡査
演じたサム・ロックウェルが見事としか言いようがない
強烈なレイシストが、だんだん態度を軟
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

有事の時に、自分の命を投げ打って人道救助に当たれるか...
それを考えるだけで、いかに彼らが勇敢だったかが分かる
しかも演じているのが、彼ら本人というから驚き
イーストウッドらしからぬ、90分にギュッ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.5

山火事ってああやって食い止めるんだとか、想像とは違った方法で驚いた
それにしても、火の気が立つところはやはり危険だな

意外なラストだった
しかも、実話とは...ただただ絶句

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

つまらなくは無いんだけど、、、引き込まれるには今一歩かな
ほろ苦いと言うか、なんと言うか
本人たちが納得しているんなら、それでいいってことで

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

あまりにも堪え難く酷い差別に、目を背けたくなった

史実を元にしているから、結末はなんとなくわかっていたが、どこかでそうなって欲しくないという思いがあった
だから、胸糞悪く、後味も悪い

しかし、悔し
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.5

優しく手を差し伸べてくれる人がいることのありがたさ

希望を持ち続け、行動することで必ず報われる日が来る

移民問題に人種差別と重い内容だが、誇張し過ぎず、オフビートで描いているのが心地よい

物語の
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

うん、つまらなくはなかった
勿論、謎解きも楽しめる
2時間に収めるのもなかなか難しいかと思った

いろんな伏線が複雑に絡み合うのかと身構えてたら、そんなことなく肩透かしに終わる

敢えて名前は出さない
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.5

うーん、『ロストワールド・ジュラシックパーク』のリブートみたいな作品という印象

島から出てしまって、ストーリーの魅力も半減

インドラプトルも、能力が高すぎて、現実離れしており、こちらも魅力が半減
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.5

映像が相変わらず美しかった

ストーリーも美しいんだろうけど、それほど刺さらなかった

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.5

確かに、胸に込み上げてくるものがあった
ロッキーの新しい形をちゃんと描いていて良かった

しかも、セコンドするのは息子じゃなくかつてのライバルであり、友であったアポロの息子というのも良い

まんま、昔
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.5

スライ(スタローン)ならロッキーよりランボー派ですが、この作品はやたら感動したのを覚えてる

テーマソングも相まって、観賞者の心に導火線を用意してくれる
あとは、自分でハートに火をつけるだけ

何作も
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.0

当然やってきたロッキー熱

1〜5までは金曜ロードショーなどで観て、その後は何も観てなかった
クリードも気になってるが、その前にロッキーのファイナルを観なければいけないとなんとなく思った

歳もとって
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

噂通りメガロドンVSステイサムのタイマン勝負だった
だが、『ジョーズ』や『ディープ・ブルー』へのオマージュを感じさせる展開や設定もあったり

中国資本だから仕方ないが、これまで多くの映画にあった日本人
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

波が打ちつける東映のロゴ、やっぱりいいですね〜任侠映画の東映
でも新しく?綺麗になってたような?!

初っ端から怒涛の展開で集中して観れた
役所広司の展開には驚いた
刑事と言えどもそうなるのね
しかも
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリー映画『カルテル・ランド』でメキシコはフアレスの麻薬カルテルの現状と真実をあぶり出したマシュー・ハイネマン監督

そんなハイネマン監督が次なる題材に選んだのは、IS(イスラム国)に乗っ取
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

4.0

ISに支配されていたシリアのクルド人街コバニ
ISからの奪還と復興
人々に勇気を与えるためにラジオを開始した、大学生の女性を中心に話は展開される

まるでゴジラが通った跡のような瓦礫の山と化してしまっ
>>続きを読む

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

4.0

日本が世界に誇る名優三船敏郎の半生を描いたドキュメンタリー作品
今まであまり知られてこなかった三船敏郎の人物像が、関係者によって語られる

三船敏郎が世界的名優である所以が分かるように描かれていた
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

ウディ・アレン風のSF
偏屈なイメージとは裏腹に、すごく観易かった

タイムスリップできるのなら、誰もが行ってみたいと思うだろうな
ましてや、華の都パリならなおさら

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

2.5

ザ・トム・クルーズ・ムービーの第四弾

元となっている『スパイ大作戦』のようなチームワークを踏襲し始めたようだが、まだまだイーサン・ハントの割合が多かった

ストーリーよりも本当にあるのか分からない、
>>続きを読む

修羅雪姫 怨み恋歌(1974年製作の映画)

2.5

『キル・ビル』のVol.2.0が凡庸な内容だったように『修羅雪姫』の続編もまた凡庸だった
修羅の話では無いし、修羅雪の話でも無くなっている

やはり雪が脇役に回ってしまっては面白さも半減してしまう
>>続きを読む

修羅雪姫(1973年製作の映画)

4.0

クエンティン・タランティーノが惚れ込み、その内容を自身の監督作品である『キル・ビル』にオマージュとしてふんだんに盛り込んだと言われている『修羅雪姫』を初鑑賞

評判高いのが頷けるぐらい、主人公雪及び雪
>>続きを読む

ザ・ゴキブリ(1973年製作の映画)

3.0

前作の方が面白かったけど、前作に引き続き容赦無くハードボイルド
シリーズ初の雌ゴキブリ登場!

ゴキブリ刑事(1973年製作の映画)

3.5

また角刈りにティアドロップかけて『西部警察』の大門みたいな役やってるなと思ったら、こっちの方が全然先だった
『大都会』の黒岩刑事、『西部警察』の大門団長の原型とも言える鳴神刑事は、大門よりかなりハード
>>続きを読む

エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE(2010年製作の映画)

3.5

『シティ・オブ・ゴッド』以来の衝撃
半端なくおぞましい
相変わらず危険なブラジルのスラム街
前作あるの知らなかったから、そっちも観てみたい

モンスター上司2(2014年製作の映画)

2.0

前作を大いに下回るでき
出演者が豪華になった分、下品加減が減り少々退屈な作品になってしまった

『モンスター上司2』と言う割に、今回はモンスター上司にあたる人物が不在だった
せっかくゲビン・スペイシー
>>続きを読む

コレクター 暴かれたナチスの真実(2016年製作の映画)

2.5

これまた実話系の作品
ユダヤ人のみならず多くの人を巻き込んだ大量虐殺
重く残酷な話だな

やや間延びした感があり長く感じた

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.0

すごく面白そうなタイトルに唆られて観賞

フィリピンのスラム街マニラの現状、腐敗しきった警察や貧困極める市民など、それはもうドキュメンタリーのよう

非常に居た堪れない気持ちになった

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.5

観る人が観れば面白いんだろうけど、前作同様やっぱり入り込めなかった
一歩退いて観てた

SFの世界観、ブレードランナーの世界観はいいなと思うけど
どうも、SFのストーリーについていけないな

>|