Mikiyoshi1986さんの映画レビュー・感想・評価

Mikiyoshi1986

Mikiyoshi1986

映画(1071)
ドラマ(0)

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.8

いかにもミニシアターでひっそり上映してそうなドキュメンタリー映画ですが、(名古屋なら名演小劇場かシネマスコーレぽい)
閉鎖的ムードの昨今、閑散としたシネコンで本作が粛々と上映されている状況に、物凄いア
>>続きを読む

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

4.3

20世紀最狂のベトナム戦争絵巻『地獄の黙示録』がコッポラ指揮の元、装い新たにFINAL CUT版で蘇った!
IMAXならではのド迫力サラウンドで戦地へどっぷり没入し、4Kレストアの圧倒的高画質が我々を
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

観賞後は暫し「さ…最高だった……」という感想しか浮かんできませんでした。

ルカ・グァダニーノ版『サスペリア('18)』でも思ったけど、やはりパゾリーニのDNAは現代にもしっかり受け継がれているんだと
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

まるでタルコフスキー監督『僕の村は戦場だった('62)』を想起せずにはいられない、WW1のノーマンズランドを次々に再現…!
そこを駆け抜ける決死の伝令兵をワンカット風に追っていくカメラ。
その臨場感と
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.5

鑑賞中"Paint house"が"Assassinate"の隠語だと気づくまで、暫し時間を要してしまった人間です。

実在したある殺し屋の半生、そして70年代にアメリカ全土を震撼させたジミー・ホッフ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

冒頭、あれ?いつもの「OUR FEATURE PRESENTATION」がないじゃん…!て思ったけど、後々ちゃんと用意してくれてましたね。

『KILL BILL』では大好きなエクスプロイテーション映
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

きょう、ママンが死んだ。

窪田啓作がフランス文学の傑作「異邦人」の書き出しを"母親"でも"母さん"でも"ママ"でもなく、"ママン"と翻訳したのはつくづく天才的だなと思いますが、
畏れ多くもあのヴィラ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

ヒトラー総統への「I wanna hold your hand」な気持ちを募らせ、10歳の少年の目線で描かれるナチス期ドイツ社会。

プロパガンダにすっかり侵されてしまった純朴な国粋少年ジョジョ君が如
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

裕福=学歴。
本作を観ながら、私はある2人の韓国人のことを思い出していました。

一人は姉の知り合いでカンナムに住む40代の弁護士さん。
去年姉と友人がその方に招待されてカンナムを訪れた際、豪華な料理
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.6

八千草薫さん、京マチ子さん、大原麗子さん…続々と鬼籍に入っていかれたマドンナたちを含め、彼女たちの可憐なインサートシーンは感涙ものでした。

「男はつらいよ」がまさかの続編。
しかも第一作公開からちょ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

アニメ版珠玉の名シーンは月夜のマジックカーペットライドでしたが、
実写版だと調子に乗っちゃったアラディンがジーニーに窘められるシーンに一番グッとくる。

ここでの精霊ジーニーは単なる騒がしいお調子者で
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.4

火災の恐怖がテロリスト集団に変換されたアクション版『タワーリング・インフェルノ』
しかし最大の脅威はテロリストでも、爆薬でも、ハイテクビルでも、人質にされた別居妻でもなく…
そう、ガラスなんです。
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.3

前作ライアン・ジョンソン監督の尻拭いを見事やってのけ、
更には2019年冬、このサーガの終結になんとか間に合わせてみせたJJエイブラムス監督!
想像を絶するような重圧と責務に耐え、しかもディズニー帝国
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.9

ゴダール第2のミューズとして、公私共に彼を支えた女優アンヌ・ヴィアゼムスキー。
そのアンヌが巨匠ゴダールとの私生活を赤裸々に綴った自伝小説が遂に映画化!

惜しくもアンヌは2017年に逝去されたばかり
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.4

SWスピンオフシリーズ「A STAR WARS STORY」第二弾は、超絶気になる若きハン・ソロの冒険譚!!

昨今、ディズニー帝国が展開する怒濤のスターウォーズ商法にファンとしては辟易せざるを得ませ
>>続きを読む

気のいい女たち(1960年製作の映画)

4.2

6月24日はヌーヴェルヴァーグを支えた映画監督クロード・シャブロルのお誕生日。
存命ならば今日で88歳に。

『大人は判ってくれない』のフランソワ・トリュフォー、『勝手にしやがれ』のジャン=リュック・
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

『誰も知らない』から『歩いても歩いても』『そして父になる』『海街diary』『海よりもまだ深く』など、
その手掛けてきた作品の中で「家族の在り方」についてを重要なテーマとしてきた是枝裕和監督。

この
>>続きを読む

サロン・キティ(1976年製作の映画)

3.3

明日5月29日はヴィスコンティ監督が晩年、寵愛した俳優ヘルムート・バーガーの74歳のお誕生日。

ナチスとデカダンの名作『地獄に堕ちた勇者ども』で一躍スターダムに駆け上がったバーガー氏は
ヴィスコンテ
>>続きを読む

残虐全裸女収容所(1972年製作の映画)

3.7

5月26日は"世界のゴッド姉ちゃん"こと、女優パム・グリアのお誕生日!
御年69歳ながら、その美貌は未だ衰えることを知りません!

ロジャー・コーマン製作、ジャック・ヒル監督、そしてパム・グリアのスク
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.4

ウェス・アンダーソン監督、待望の最新作は日本が舞台!
これぞ世界視点のクールジャパン!
端々に溢れるアンダーソンの日本愛!
"あの"黒澤作品の"あの"曲も二度ほど登場!

エキセントリックな20年後の
>>続きを読む

春婦伝(1965年製作の映画)

4.4

5月24日は昨年逝去された鈴木清順監督のご生誕日。
存命ならば95歳に。

田村泰次郎原作、鈴木清順監督、そして野川由美子のスクリーンデビュー作である『肉体の門』から一年後、
再び田村泰次郎原作の『春
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

東映やくざ映画の再興!
佐藤純彌監督の次に東映にて「彌」を継ぐ男は、白石和彌監督で決まりだ!!

広島を舞台にした警察とやくざの癒着モノは、かつて深作欣二監督が『県警対組織暴力』並びに『やくざの墓場く
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

ジェームズ・アイヴォリーのBL映画が再び!!
彼がかつて手掛けたBLの傑作『モーリス』(1987年)は、20世紀初頭の美しい英国の園を舞台に禁断の同性愛を描いていました。
そして今回は1983年の北イ
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.1

5月16日は5代目ジェームズ・ボンドこと、ピアース・ブロスナンの65歳のお誕生日でした!

007引退後も、そのセクシーさはまったく衰えることを知りませんね。
特に『マンマ・ミーア!』出演時のロマンス
>>続きを読む

山椒大夫(1954年製作の映画)

4.2

本日5月16日は世界に誇る巨匠・溝口健二監督の生誕120周年に当たります!

溝口の代表作の一つ『山椒大夫』は、安寿と厨子王の伝説として日本古来から親しまれる説教節『さんせう太夫』をベースに、文豪・森
>>続きを読む

お葬式(1984年製作の映画)

4.1

5月15日は伊丹十三のご生誕日!
生きていれば今日で85歳に。

伊丹十三が俳優から映画監督へ、本格的な転向を決定的にした長編デビュー作『お葬式』from ATG

厳粛な葬式にまつわるエピソードをあ
>>続きを読む

中国女(1967年製作の映画)

3.9

5月14日は昨年逝去された女優アンヌ・ヴィアゼムスキーのお誕生日。
存命ならば今日で71歳に。

ロベール・ブレッソン監督『バルタザールどこへ行く』でスクリーンデビューを果たし、
次なる主演作『中国女
>>続きを読む

ブルー・イン・ザ・フェイス(1995年製作の映画)

3.7

5月13日はアメリカの名優ハーヴェイ・カイテルのお誕生日!
79歳おめでとう!

そしてずっと気になってて今回ようやく観賞できたのが、カイテル主演作『SMOKE』の続編として制作された『Blue in
>>続きを読む

ダンケルク(1964年製作の映画)

3.8

ジャン=ポール・ベルモンド主演で描かれるフランス兵視点のダンケルク。
ベルモンドと最も多くコンビを組んだ巨匠アンリ・ヴェルヌイユ監督が自国の戦争に斬り込みます。

ナチスドイツの猛攻でダンケルク港まで
>>続きを読む

最後の博徒(1985年製作の映画)

3.5

70年代に一世を風靡した東映実録路線も、山下耕作監督にとっての実質的な終焉は85年『最後の博徒』がそれに相当すると云えます。

時代劇~任侠映画の世界で様式美に拘った山下は、深作欣二監督と中島貞夫監督
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.1

スカンジナビアから全世界に発信された、現代人に捧げる四角い枠組み『The Square』

人々に問題意識を喚起させる現代芸術作品「The Square」を通し、
エッジの効いたアイロニーとバツの悪い
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.5

あまり馴染みのないハンガリー語の語感が、東欧の異国情緒とその寓話性を美しく引き立ててくれるラブストーリー『心と体と』

昨年度のベルリン国際映画祭にて、見事最高位に当たる金熊賞を獲得した本作。
発達障
>>続きを読む

INSTRUMENT フガジ:インストゥルメント(2003年製作の映画)

3.5

ワシントンDCの伝説FUGAZIの軌跡がここに!!
彼ら10年間の活動を綴った記録映画が、このたび日本語字幕付きでデジタルリマスター上映。
ありがとうございます。

SxEの祖Minor Threat
>>続きを読む

ロスト・イン・ラ・マンチャ(2001年製作の映画)

3.7

明日4月29日は去年亡くなったフランスの名優ジャン・ロシュフォールのお誕生日です。
存命ならば88歳に。

2018年はテリー・ギリアム監督がその生涯を懸けて挑み続けたスペイン文学の最高峰『ドン・キホ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

サスペンスかと思いきや、完全な"ブラック"コメディだったー!!

アバンタイトルまでの長尺を巧みなカメラワークで1カットに収め、
更にポップな『Run Rabbit Run』の対位法で不気味さを演出。
>>続きを読む

宮本武蔵 般若坂の決斗(1962年製作の映画)

3.7

本日4月26日は内田吐夢監督の生誕120周年記念日!

代表シリーズ「宮本武蔵」5部作の第二弾に当たる『般若坂の決斗』
(井上雄彦『バガボンド』でいう2~8巻に相当)

白鷺城(姫路城)天守閣の幽閉生
>>続きを読む

>|