ナガシまモモさんの映画レビュー・感想・評価

ナガシまモモ

ナガシまモモ

フライヤーから入る人。

映画(358)
ドラマ(167)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

破れぬ誓いとか激しくアツい。
ニコラスフラメルといい、いろんなこととつながったりつながらなかったり。


あのI love youは誰に向けてのものだったんだろうか。

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

-

愛されてた、愛してた。

整理した時に捨てたおもちゃ、
今はどこにいるのか。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

まじで、まーじでラスト。
最っっっ高に、ゾクゾクした。

伝説って、こういうことなんだ。


立川シネマシティ、好き。

日日是好日(2018年製作の映画)

-

いつやめてもいいじゃない

救われた気がして、涙が出た。
ありがとうございました。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

一生信じないってことはさ、
つまりはさ、

ずっと一緒にいるってことだ。

狂おしく、愛おしく、静かな、
現実から逃げたくなってしまった彼女は
すごく汚くて、綺麗。

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

-

何もかもが押し寄せて
何かがこぼれそうになる時がある。
彼もそうだし、親友も、みんな。

彼はまだ人生の入り口に立ったばかり。
呼吸しよう、生きよう。
もっと遠くまでいけるよ。




生まれ変わろう
>>続きを読む

リロ&スティッチ(2002年製作の映画)

-

この時の!!!
スティッチは本当に!!!
ぎゅってしたい!!!

キャッツ&ドッグス(2001年製作の映画)

-

最強ラブリーなんだわ。
君らは可愛さで世界救えるよ。

紅の豚(1992年製作の映画)

-

小さい頃は苦手だった。

豚だろうと彼はかっこよくて、最高なマダムとおてんば娘に想われて、みんなに嫉妬されながら、今日も飛んでる。


"私がこの庭にいる時
その人が訪ねてきたら
今度こそ愛そうって賭
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

-

僕の世界は
君のかけらでできている。

好きな人の幸せは願えるものらしい。
その人のことが本当に好きで、大切だったなら、
永遠に幸せであれと願える。

白いシャツに、
青いペンで背中を突く
彼女の一瞬
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

ただでさえ生きづらい世の中なのに
彼女は人よりも生きづらくて。
真っ直ぐすぎる姿がきた。

なにより、427ページで驚き。
おい邦題っ。

BRAVE HEARTS 海猿(2012年製作の映画)

-

なんだかんだ全部見て思うのは
ドラマシリーズが最高という事。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

正義なんて結局のところなんも掴めなくて、
わからなくて、誰が決めるのかな。


吉高由里子がおとなしい顔しながら
中指たててるのがなかなかに好き。

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

-

1日1日を大切に過ごす
なんて綺麗事では表せない気持ちになる。
何も知らなくて、恥ずかしい。

戦争に勝者はいません。
どちらも敗者です。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

3人でいれば、
それだけで幸せだった。
ハロウィンも、日常も、毎日が。

愛があれば、それだけで。

そう思えればいいのに。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

なんどでも生まれ変わって
君に会いに行く。

その気持ちだけで、十分だよ。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

-

無我夢中で踊って、自分を出し切る彼は踊っているときに電気が走るそう。

家族愛が素敵すぎて泣いた。

自分の世界になかったことを子供がやると拒否反応をだす親は沢山いるし、理解してくれないこともあるけど
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

-

もし愛が僕たち2人分ないのなら
僕の分は全部君にあげる。

最高ブラザー。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

-

いや、走り方に笑ってしまった。

ビラ配る時にさ、
イケメンにフラフラついてく君が愛しい

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

肉食恐竜の手って小さくてかわいい。
走る時にぷらんぷらんしてる。

自分の腰とか
痒くても絶対掻けないじゃん、、。
たまらなく愛おしいわ。

>|