MikioTakaokaさんの映画レビュー・感想・評価

MikioTakaoka

MikioTakaoka

「観た」は映画館で観た映画。
「観たい」はDVDやWOWOWなど家で観た映画。

というように分けています。

映画(764)
ドラマ(0)

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018 「じゃじゃ馬ならし」(2018年製作の映画)

3.5

ボリショイ・バレエ「じゃじゃ馬ならし」のライブ・ビューイングを鑑賞。シェイクスピア原作の有名な戯曲のバレエ化。

登場人物が誰がだれだかわからなかったけれど、とにかく男女6名のバレエダンサーがかっこよ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

フレディ・マーキュリーと、彼と生き彼を支え続けた“家族たち”の物語。

クィーンと時代を共にした人たちは幸せだと観ながら感じた。

エンドロールでShow Must Go On がかかって、この曲がク
>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

4.0

「ソフィーの選択」を午前十時の映画祭にて。言い表す言葉を選べない、壮絶な選択(を強いられた)。戦後、強制収容所の記憶をメリル・ストリープ演じるソフィーが語る映画。

原作小説を読まなければ!と思った。

アイドル(2018年製作の映画)

3.0

SKE48が結成10周年目にV字回復を目指した、総選挙からこの10月までを追ったドキュメンタリー映画「アイドル」

48系は全く普段見ないのですが、いろいろ勉強になった。トップの重圧。松井珠理奈やダー
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.4

天才たちが、アホなバカップルたちの受験合格を超絶技巧のカンニング術でサポートしてしまい、泥沼地獄に...

誤ちを誤ちと認めて自分の学びとするか、誤ちを人のせいにしてますます誤ちで取り返そうとするか。
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

4.0

村上春樹の「東京奇譚集」に入っている短編「ハナレイ・ベイ」が映画化。吉田羊が適役。ほかの女優だとダレたかもしれないほど、淡々と進む。原作を読んでいくと、本当に味わえ楽しめる。

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

4.5

あったかくなりました。角張った心がコロコロ転がってまんまるボールになっていく感覚。

ニューヨークの夜の雑踏を二人で散歩しながらおしゃべりする場面がとてもステキ。お昼のセントラルパークからは、ニュー
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

5.0

多部未華子が好きなので観に来ました。

お茶の道は決まりごとが多いけれど、続けるほどに心を自由にすることができる(制御と解放)のだろうなと思った。

・冬の砂浜で風に吹かれる多部ちゃんの横顔。
・黒木
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「フォーリーズ」(2017年製作の映画)

3.5

2組の男女がかけ違えて、2組とも2番目に好きな人と結婚したら20年後こうなっていた、という結構ヘビーなお話しでした。きらびやかなショー中心の楽しいミュージカルと期待していたので意外!でも当然曲が素晴ら>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

-

こんなに怖い映画だったとは...ゲティ爺さんは市民ケーンみたいだった。最後はハッピーエンドなのかアンハッピーなのか?見応え充分アリ。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

You Were Never Really Here というのが原題。記憶と想像と今がシンクロして、話が進むにつれて主人公の男の動機が見えてくる。映画「ウインド・リバー」と似たものがあった。

怖くて
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.0

パチンコの話ではない。話の第3コーナーまでは、ひっでぇ話だぜ!、と☆2つだったけど、真実が明るみになってからは☆4つになった。赦しと再生の物語。

修道院長のジュディ・ディンチがさすがの貫禄。

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)

4.0

午前十時の映画祭にて。最後のポロネーズ大円団の不協和音の演奏と、逆光の中に佇むヒロイン、同じ時刻に逃げる主人公の男。

劇中、ずっと流れている音楽が効果的、印象的。

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「イェルマ」(2017年製作の映画)

3.5

子供ができずにどんどん心を病んでいき、最後は悲劇が起きてしまう。こうならないひとの方が多いとは思うが、この物語では主人公の女性と母親との関係がキーだと思った。「なぜ私が子供のとき思いっきりハグしてくれ>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

4.0

父親の仕事を恥ずかしがる息子。支える妻。10年以上いいときもそうでないときも応援し続けているファン。そして自分を見失いそうになりながら、そういう周りのおかげで誇りを思い出し進むかつてのエースでいま悪役>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

4.5

午前十時の映画祭で。

子供たちの世界、大人たちの世界、そして子供と大人の世界。子供たちの周りにいる大人たちが優しい。ギルバート・グレイプの監督作品らしい、ボーイッシュな女の子、母親へのオマージュ、ひ
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.0

静かに進んで、気がつけば何度も寝落ちしてしまっていた。でも岡田准一の殺陣のキレと迫力を見るだけで充分いけた。そして亡き妻への思いを胸に抱き続けるところがかっこよかった。

役者としてのみならず、殺陣と
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

4.5

きちんと食事をすることは、きちんと生きる姿勢を整えることだなぁ、と思えた素晴らしい映画でした。美味しそうなお皿がたくさん出てきて幸せ。そして最後の玉子かけご飯、シンプルゆえの十人十色の食べ方がよかった>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

久しぶりに凄い重厚な映画を観た気がする。親の悲しみ、主人公の男の想いと強さと優しさ。憤り、寄り添い、もういろいろある。

きついけれど観るに値する映画作品。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.7

この映画は面白い!常識と世間の言葉を借りて話す大人たちの思考停止ぶりが晒される。平手友梨奈が演じる響が、小栗旬に最後に放った言葉が本当に痛烈で、しかも(あらゆる面での)愛を感じるものだった。

予告編
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

有村架純がただただ可愛い!そして彼女のように、落ち着いた話し方を体得したいと思いながら観てました。あの0.5秒の「間」がなんともいい。。。

エンドロールで制作委員(?)の中に再び高校の同級生の名前を
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.0

公演参加がピンチのとき、生徒の親たちが団結して応援したのがよかった。その前に、あえて親たちに「もう無理です、諦めてください」とネガティブな情報を出すことで、団結させた先生の術に唸った!

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.5

映画「きみの鳥は歌える」 どうしようもないクズ男が主人公の物語なのに、すごくよかった!!

題名はビートルズのRevolverに入っている曲からつけたそう。観にいったら偶然終映後に監督と主役の柄本佑の
>>続きを読む

大人のためのグリム童話 手を失くした少女(2016年製作の映画)

4.0

美しくて残酷で、そして奇跡と再生の物語。こういう表現方法があるんだ、という素晴らしいアニメーション映画でした。

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.7

純粋にピュアに楽しむことができました。福岡旅行の場面は、なじみの景色、街並アニメで再現されてて嬉しかった!そして1,600円焼肉食べ放題が旨そうでした!

桜良の母親役の声、和久井映見さん、さすがだと
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

学生時代に何度もなんどもビデオテープで観た「トップガン」を大画面と迫力の音響のスクリーンで。

オープニングから嬉しくてニヤニヤしながら観た。トム・クルーズとケリー・マクギリスのかっこよさは相変わらず
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

5.0

はっきり言って、本当によかった!!

安室奈美恵SWEET 19 BLUES はじめ、耳に懐かしいポップスもたくさん聴けて、笑って泣いて。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

小学生の頃にくいいって観たビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの対決。

映画の中でネットを挟んだ心と心の闘い」という表現があった。自分の悪癖や易きに流されるところをグッと踏ん張るところから、試合の潮
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.2

感情、論理、論点の脱線、歴史、民族、内戦、猜疑、家族、誇り、親子対決

いろいろなものが絡まりあい、スピード感あって魅入ってしまった。

判決が下った後の原告の表情が全てを物語っていたなぁと思う。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.5

自分をケアすること
向き合う
寄り添う

音楽がとても心地よく、観終わったあとの心は凪の状態。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

ソフィ(娘)をドナ(母親)が出産するまでの本編前日譚と、現在のソフィの物語が同時進行する構成。

僕たち以上の年代の方々に響く作品だと思いました。
MAMMA MIA! Dancing Queenの
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

絶対に作戦が成功するという安心感を持って楽しめる作品!サンドラ・ブロックがこの上ない格好よさ。そしてアン・ハサウェイはなんであんなにバカっぽくて下品な女を演じてもキュートなんだろう♡ 「エイト」の8番>>続きを読む

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・オペラ「白鳥の湖」(2017年製作の映画)

4.5

舞台美術が素晴らしかった。黒を基調とした落ち着いた舞台。

オデット/オディールを踊った主演のプリンシパルがこれまたスゴイ。踊りよし、演技よし!第3幕の黒鳥(オディール)の演技は、目線、表情、アームス
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

ようやく観ることができました。アカデミー賞作品賞の「シェイプ・オブ・ウォーター」。全く目が離せず、息もつかせぬ展開。そして感じることが沢山ある素晴らしい映画でした。

サリー・ホーキンスがこんなにチャ
>>続きを読む

>|