みみずのオッサンさんの映画レビュー・感想・評価

みみずのオッサン

みみずのオッサン

オッサンの皮をかぶったおばさんです。
新作映画に疎く、好きな映画をしつこく何度も何度も見るのが好きです。

グーニーズ(1985年製作の映画)

-

先日MIB3を見ていたとき、だんなさんが「若いKの人って大物なの?他になんか出てる?」と言うので「出まくってるよ!」とは答えたものの、わたしの好きなインヒアレントヴァイスもノーカントリーもトゥルーグリ>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

気づくとすっかりエドガーライトの虜。
公開時に来日したらしいサイモンペッグとのインタビュー記事が興味深かった。わたしと同い年のエドガーライト、今よりだいぶ若くて痩せてた。中年太りのお年頃だよねぇ。
>>続きを読む

父と暮せば(2004年製作の映画)

4.0

広島原爆にまつわる父娘の物語。
戦争は乙女のキラキラも、娘を想う父親も無残に引き裂いた。だけど愛は消えずにそこにあり続ける。
黒焦げになったお弁当や溶けたガラス瓶など、人や動物たちも同じようにとてつも
>>続きを読む

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

4.0

ディカプリオの主演作の中でいちばん好き。かっこいい。
前半、いいわぁーわたしもいろんなしがらみ捨てて旅に出たいわぁーって盛り上がるんだけど、そのうち所詮はどこへ行ったって(キャストアウェイのトムハンク
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

5.0

これを見る日の晩ごはんは、必ずミートボールごろごろのスパゲッティ。
誰かがミートボールのスパゲッティ食べたいと言うと「じゃあ今日はカリオストロなのね」と全員が納得する。
2ヶ月に1回は見てる。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

-

好きとか嫌いとかいう次元では語れない。もう、自分の一部。

きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏(2005年製作の映画)

5.0

ママのいないオパールは、牧師のパパと小さな町に越してきた。友だちがいなくていつもひとりぼっちのオパールだったけど、おつかいに来たスーパー『ウィンディキシー』で店内を走り回る迷子犬と出会う。

犬と子ど
>>続きを読む

アダプテーション(2002年製作の映画)

5.0

チャーリーカウフマンにお茶目な双子の弟がいるという設定。
混沌とした地球から自分の誕生までの早回しは、産後にときどき陥った、突然宇宙の真ん中に放り出されたようなどうしようもない不安感を思い出した。
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

寂れた町で障害のある家族を養いながら暮らすギルバート、トレーラーで旅をするベッキーがどんなにまぶしく見えただろうって想像するだけで胸がキュンとする。

ベリーショートのジュリエットルイスがむちゃくちゃ
>>続きを読む

運転免許証(1988年製作の映画)

-

昔めちゃくちゃ好きで何度も見ていたんだけど、こんな邦題だったことに今更びっくり。運転免許証て…どストレートすなぁ。
このジャケットのコリーハイムが好きで好きで。
内容は、今となっては「おもしろかった!
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

5.0

中学生の頃はマシューブロデリックかコリーハイムと結婚したいと思ってた。そして、高校生になったらわたしにもフェリスみたいな高校生活がやってくると思ってた。こなかったけど。
そんな思い出のつまった作品。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

予告で赤いインプレッサを見て、長男と見に行こうね!!って盛り上がっていたのに、公開日が都会とはだいぶズレて期間も短く、気づいたら終わっていてふたりでずっと悔やんでいた作品。ゼログラビティを見逃したとき>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

長い!でもおもしろかった。
深夜にマークウォールバーグのギャンブラーと続けて見たため、夢見が悪いったら。

うるさくて下品で、絶対に関わりたくない人たち。
古い薬を飲みすぎてあとから効いてくる様子が、
>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.5

便利屋って楽しそうだと思った。大金持ちにはなれなくても、日々食べていける分がんばって、おもしろいお友だちもたくさんできそう。

瑛太「なんじこりゃあああ」
龍平「全然似てない」

くるり良い!

ベンジー(1974年製作の映画)

5.0

小学校低学年の頃、父がビデオデッキを買ってその時初めて録画したのがベンジーだった。そりゃあもうすり切れるぐらい見ましたよ。
テーマソングはいまだに歌えます。

YouTubeで久しぶりに見てみたら、テ
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

4.3

オリジナルの方は見たことない。

閉店寸前の花屋の店員が、くちびるお化けみたいなへんてこな植物を店に持ち帰って育てるミュージカル。
主演のリックモラニスがかわいい。
シュープリームスみたいな3人組の衣
>>続きを読む

ベートーベン(1992年製作の映画)

-

昔見たなぁ。
これを見てしばらくはセントバーナードを飼いたいと親に詰め寄っていたと思う。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.0

美しい!グロい!美しい!グロい!
で疲れた。
抽象的なシーンは難しくてよくわからなかったけど、女性の美への執着は恐ろしすぎるってことはよく分かった。

SOMEWHEREぶりに見たエルファニングはやっ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

-

中途半端にアニメ版を見ているだけにあんまり楽しめなかった。ひとつのエピソードに絞ってくれたらなぁと思ったけど、それは仕方ないか。
アニメ版を死ぬほど見倒しているうちの男の人たちも、細切れつきはぎだらけ
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.9

ドイツ軍占領下のフランスで、親もとを離れたユダヤ人の子どもたちを必死に守る大人たち。
こういう人たちもいたのだなぁ。

ドイツ兵が目を光らせる中、子どもたちだけで進む心細さ。秘密基地みたいな場所を見つ
>>続きを読む

静かな生活(1995年製作の映画)

4.0

伊丹十三はわたしには難しすぎるのですが、この作品は終始おだやかで優しく(でもないが)、とても好き。
原作者の大江健三郎は、伊丹監督と愛媛の高校の同級生だそうで、大江健三郎と伊丹十三が自分と同じ学年にい
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

4.3

スィート17モンスターで久しぶりにエイミーマン聴いてまた見たくなった。キョンキョンがなにかの対談で、思っきり泣きたいときに見るよねって語ってた。わたしは泣くほどではなかったけど、好き。
エイミーマンが
>>続きを読む

遥か群衆を離れて(2015年製作の映画)

3.0

プライドと偏見とかある晴れた日にみたいな、イギリスの文学作品が原作。
とにかくじれったい。倍速でちょうどいいくらい。
羊飼いのオークさんを演ずるマティアススーツルナス?違った、スーナールツがとびきりか
>>続きを読む

柔らかい肌(1963年製作の映画)

4.7

不倫の悲劇。女心をちっともわかってないおじさんのせいで、奥さんは誰も幸せにならない結末を選ぶ。なんてドラマチックなんだ!

フランソワーズドルレアックが死ぬほどかわいい!衣装も髪型も!
おじさんはスカ
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

5.0

スウィート17モンスターを見ていて思い出したので、数年ぶりに見てみました。やっぱり好き。インドの音楽からのオープニングもしびれる!

イーニドとレベッカの他人をバカにする才能がすごくて、前半は大好きな
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.1

ブロウみたいだった。
最後に本物が出てくるけど、ジョニーデップに全然似てなかった。

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

2.6

アダムドライバーが見たくて。
ミニ四駆みたいなタイトル。原題まま。
内容はよく分からなかったけど、時々出てくるめがね姿のアダムドライバーがすてきだった。

宇宙人王さんとの遭遇(2011年製作の映画)

2.0

こんなタイトルじゃなきゃ絶対見てなかった。
宇宙人ポールみたいなのを期待していたらまったく笑えなかった。
でも、なんとなく最後まで見られました。

アメリカの災難(1996年製作の映画)

4.5

久々にティアレオーニを見てこれを思い出した。

幼い頃に養子に出されたベンスティラーが、育ての両親や妻を連れて実の両親に会いに行くロードムービー。
うろ覚えだけど、ありえない展開でめちゃくちゃ面白かっ
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.6

西部劇はいちばん興味がなくて、キャストにジョンウェインとかバートランカスターとあったらそれだけでスルーしちゃうんだけど、これはコーエン兄弟のリメイク作ってことで見てみた。
でもやっぱり話に入り込めずに
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

ヘイリーがかわいい!きっとこの役が彼女以外だったら、ムカついて途中で見るのをやめてたと思う。
すごく美人ってわけじゃなく、ダメダメでふてぶてしくてイタい女の子を、笑えて愛おしく演じられるのは世界中で彼
>>続きを読む

さよなら、さよならハリウッド(2002年製作の映画)

4.5

ウディアレン、かわいい。
ティアレオーニもクールで美しい。
ふたりが映画撮影の打ち合わせをしながら、昔の裏切りを思い出して時々豹変する様子がおもしろすぎる。ウディアレンうますぎ。
目の見えない芝居もと
>>続きを読む

夫たち、妻たち(1992年製作の映画)

4.0

夫婦の悲喜こもごも。リアルすぎておそろしい。シドニーポラックが若い愛人のバカさに気づいて、悪態つくシーンとかなんとも酷かった。笑ったけど。
人間て難しいねぇ。
それにしても、喧嘩のシーンの手持ちカメラ
>>続きを読む

ドッグ・ショウ!(2000年製作の映画)

4.1

戌年にちなんで、そういえばこんなDVDも持ってたわと思い出した。
なぜか勝手にベイブっぽいのを想像して幼かった長男に見せようと買ったんだけど、犬のお話ではなく犬バカ人間の超シュールなコメディで、当時の
>>続きを読む

グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー(1989年製作の映画)

3.5

ウィノナ見たさに何も知らずに見て、13歳の女の子が結婚するというぶっ飛んだ内容に全然ついていけなかったんだけど、だいぶ後になって実在する火の玉ボールのジェリーリールイスがバンドメンバーの娘(13)と結>>続きを読む

>|