みみずのオッサンさんの映画レビュー・感想・評価

みみずのオッサン

みみずのオッサン

映画(492)
ドラマ(7)

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

4.2

ラクダと砂漠の実話ロードムービー。ロビンのシンプルな生き方、とても憧れるけれども過酷だぁ。
旅を初めてすぐは髪もサラサラ顔もピカピカで、こういうもんかな?って思ってるとどんどん薄汚れて干からびてハード
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

ヌルい邦題とポップなジャケで素通りしてましたが、Amazonプライムがしつこくおすすめするのでよく見たら女の子がダコタファニングだと気づいて見てみました。

自閉症でスタートレック信者のウェンディが、
>>続きを読む

絞殺(1979年製作の映画)

-

最初から最後まで70年代の独特なエロチシズムにあふれてました。ううっぷ。乙羽信子…こんなお母さんは気持ちが悪すぎる。
主演の男の子が柳楽優弥くんみたいで妙に美形でした。
お話はわかりやすいのだけど、な
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

5.0

以前、サマーについてボロクソに書いたのだけど、全文撤回したいと思います!
もおめちゃくちゃ好きぃぃぃぃ!!!!!
最近になってあの口笛のオープニングが頭から離れず、5,6回立て続けに見てしまいました。
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.4

原田知世、可憐…!!!!!!
この年になってやっとちゃんと見ました。
古っぽく作ってある古い映画。
映画部の高校生が夢中で作ったみたいな合成映像が味わい深く、また不気味さもかもしていました。しかしラベ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.4

映像の凄さに圧倒されて内容がまるで頭に入らず「パプリカとマトリックスまぜた感じ」ってレビューを書きかけて放置していたけど、何度も見るうち大変切ないストーリーだと(やっと)気づく。

あんな見事な世界を
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

5.0

何度見てもムズくてモヤモヤしていたんだけど、インセプションを5回見たのちあらためて見てみたらすんなり頭に入りました。アホなりにも努力が報われた気がして、自粛生活とU-NEXTの無料体験に感謝。
いやあ
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.6

ワンスアポンアタイムインハリウッドを見てからというもの、ひっそりとデカプリ祭してます。ワッショイワッショイ(小声です)。
70年代の警察とマフィア?ギャング?のあれこれ。警察の犬なんてよく聞くけど、ね
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

人生2度目の鑑賞。やっぱりおもしろくて、続けて3回目の鑑賞しました。
公開時は出遅れた上にデカプリオ&ケイトウィンスレットにまったく興味なくて、でも今見るとふたりの美しさが際立っていてビビります。ロー
>>続きを読む

マイ・ルーム(1996年製作の映画)

3.8

電話で映画のタイトルを聞いた広報の新人がマーヴィンズを聞き取れず「んー。マイルームでいっか」で邦題が決まったのは有名な話(嘘です)。

ワンスアポンアタイムインハリウッドのデカプリオが良すぎて、これま
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

-

砂浜裸婦のインパクトがキョーレツすぎて、何回見ても他が頭に入ってこない…。
ホアキンのクセもすごくて、作品が描くところの主人公像をわたしが正しく受け止められたとは思えない…。

あやしい密造酒、なんで
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

5.0

すごすぎる。
誰もが心の奥にもってる郷愁とか後悔みたいなものをすごい勢いで見せられて、バカ笑いして油断してると不意打ちでハートをぎゅっと雑巾しぼりされて涙目。
今田の西くんは顔も声も良かった。
実写に
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.6

夜は短し歩けよ乙女と四畳半神話体系で森美登美彦の虜になり、珍しく原作を先に読んでいた。アオヤマくんが素敵すぎて最後はおいおい泣きながら読み終わり、次男にも薦めたらすごく気に入ったようでわたしの半分くら>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

3.4

前半、ハア?なんなの?キルスティンダンストとシャーロットダンプリング超ムカつく!と思って見ていたのだけど、後半になってようやく自分がなんの映画を見ているのか思い出してくる。
最後は不思議な余韻が残る。
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

-

矢口監督は好きだけど、これだけは「なめてんの??」と思ってしまった。

ぬるすぎる!すべてが!

田舎に泊まろうかよ!

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

-

公開時、クリスヘムズワースのMIBなら見たいかも!と行く気まんまんだったけど、ロザリオドーソンだと思いこんでた相棒が全然違ってて躊躇してるうちに見過ごした。
やっと見られたけど、オープニングで女神さま
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.1

あけすけなマザーウォーターみたいだった。京香さんが美しい。
マザーウォーターのときのキョンキョンの客の少ない喫茶店に憧れるけど、これの古本屋もたのしそうだった。
わたしはおいしいコーヒーとまあまあのラ
>>続きを読む

ブラックフット クマ地獄(2014年製作の映画)

3.1

アホな彼氏を持つととんでもない目に遭うのであります。
完全に先が読めるのだけど、女の子がたくましくて美人だったので見入ってしまった。紅葉した森も美しい。
最後は127時間みたいだった。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

聖なるバレンタインの金曜日、チョコをひとつももらえてない長男と見てきた!

ワンカット?朝までに徒歩で伝令を?2時間で?無理でしょ!?って頭の中はてはだらけでしたが、実際に見てみてあーそうなのね。って
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.4

「次に会える薄暗い夜はありますか?」by 板尾創路…。

これが是枝監督作だったとは、見てだいぶ後で知りました。
冒頭の朝露のきらきら、ペドゥナの乳、美しいよぉぉぉ!!!
孤独を抱える人たちのしんみり
>>続きを読む

ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント / ゲスの極みオトナの遊園地(2018年製作の映画)

3.8

おじいが孫に聞かせる昔話、かつて経営していた世界一危険で楽しい遊園地のお話。
この遊園地が見るからにぼろぼろでDIY感たっぷりで、園内で起きるパプニングがいちいち本気で痛そうなのです。
ジョニーノック
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

4.8

すごーい!おもしろーい!と一気に見て、あとでフランソワオゾン監督脚本と知ってびっくりした。先に知ってたら身構えすぎて楽しめなかっただろうな。良かった。
クロード役の男の子の色気と、いくつになっても森の
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.2

なに?このとりとめもない感じ♡
スタンドバイミーのクリスとゴーディをフランス人にしたみたいだなぁと思いながら見てたら、不意打ちの逆モヒカンにおなかがよじれました。
いいなぁ若いって。ふたりともかわいか
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.7

わっるーーーーーーーー!

おもしろかったけど、こんな人たちとは一生関わらずにいられますようにと祈るばかり。
綾野剛はむっつり暗い役のほうが安心して見ていられる。どう見ても柔道で鍛えた身体に見えない。
>>続きを読む

ぼくんち(2002年製作の映画)

3.2

なぜか映画館まで見に行ったなぁ。自分が初めて出産したばかりだったからか、なぜか泣いてしまったなぁ。

ビニールハウスの中でめっちゃ眩しそうに生活している岸部一徳の一家がいちばん印象に残ってる。世の中に
>>続きを読む

ユマ・サーマンの運命の人を探して(2002年製作の映画)

5.0

とてもおもしろいのになぜかフィルマにないなーと思ってた作品。
ユマサーマンが、神経質でモテないイタい女子を演じてます。
幼なじみのジュリエットルイスがめちゃくちゃかわいい。ふたりの80年代ファッション
>>続きを読む

アフター・アワーズ(1985年製作の映画)

4.7

大昔になんとなく見ておもしろかった記憶があり、もう一度見たすぎて初めてAmazonプライムでレンタルしてみた(199円)。次男に「課金野郎」と言われました。

カフェで出会ったかわいい女の子に再び会う
>>続きを読む

フライトプラン(2005年製作の映画)

-

超絶かわいいクリステンスチュワートのやつ!と思って見たらそれはパニックルームでした…。
序盤ものすごくゾワゾワするんだけど、次第にありがちな展開になってしまった。もっとこう…現実と非現実がごちゃまぜに
>>続きを読む

天使のたまご(1985年製作の映画)

-

この作品についてどうこうより、この作品の背景が知りたくて見終わったあと色々調べてしまった。
宮崎駿監督はすっごく変態だと思うけど、それでも押井守に比べたら幾分まともだと思います。とんでもない変態でも、
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

-

わたしの知ってるうる星やつらじゃない…と思ったら押井守でした。だから気づいたらだんなさんと長男が釘付けになっていた。涼宮ハルヒの夏休みのやつみたいだった。

わたしはうる星やつらもかぼちゃワインも嫌い
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

5.0

金曜夜の映画館へ、学校帰りの長男とふたりで行ってきました。公開初日とあって、見るからに車好きそうなおっさまたちが結構いた。
最初から最後までほとんど車走りっぱなしでびんびんのエンジン音(7000回転超
>>続きを読む

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.5

作りもののロバートレッドフォードみたいと思ったらご本人でした。映画でちゃんと見るのはスニーカーズの公開時以来か…。ニックノルティはもうほんと「なんで減量しなかったの?!」って言いたくもなるポンコツぶり>>続きを読む

ロンドン・リバー(2009年製作の映画)

3.6

ドキュメンタリーのようだった。
テレビでニュースを知ってから、全然電話を折り返してこない娘がまさか…の流れに胸がぎゆうううってなりました。

背の高いお父さんの人は、昔見たパリ空港の人!

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.5

ガールズオンザトレインみたいなミステリーかしら?と思ってたらサンドラの日曜日の監督さんでした。
引くほど淡々としているけど不思議と引き込まれる。ひたむきなジェニー、ものすごくいい人。でもなんかヌボーっ
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.5

ジャケがすてき。シャルロットの表情がダントツたまらんが、スカルスガルドのおやっさんもなんかおもしろくて5度見くらいしてしまう。

前編のヤングジョーからやっとシャルロットに代わるも、ぴちぴちジョーに慣
>>続きを読む

>|