MinKFJさんの映画レビュー・感想・評価

MinKFJ

MinKFJ

映画(359)
ドラマ(0)

東京流れ者(1966年製作の映画)

3.9

ラ・ラ・ランドやキル・ビルにも影響を与えたという色使いの鮮やかさ。
渡哲也(不死鳥の鉄)のライトブルーのスーツはモッズ丈。
殺された愛人に流れる血と朱雲染まる背景。死体を映す俯瞰のショット。
テツ
>>続きを読む

けんかえれじい(1966年製作の映画)

3.5

高橋英樹の、3枚目からの〜最後は2枚目で桃太郎侍!なビシッとキメるあの感じ、若かりし頃からのものなのね。
竹林でのけんか修行はカンフー修行みたいだし、転校先の学校で椅子隠されたら、せんせー、椅子があり
>>続きを読む

榎田貿易堂(2017年製作の映画)

3.6

スクリーンでKEEさんに会いたくなって映画館へ🏃‍♂️
地方のロードサイドあるあるの謎のリサイクルショップ榎田貿易堂が舞台。貿易、はしてないよね。 〇〇百貨店、と一緒のジャンルね。同じく怪しげな超個人
>>続きを読む

モアナ~南海の歓喜~(1980年製作の映画)

4.5

楽園とはまさにこの島のことでしょう❣️
ペア少年の椰子の木🏝登り、でっかい海亀ひっくり返して、ヤシガニは燻り出す
海幸山幸のなんと豊かなことか。
木の皮を丁寧に叩いてほぐして薄く開いて植物の種で染める
>>続きを読む

極北の怪異/極北のナヌーク(1922年製作の映画)

4.1

カナダ北部イヌイットのナヌーク一家の極限の地での暮らしを追った作品。
ドキュメンタリーの元祖と言われているそうだ。

ナイフ1本、1時間ほどでイグルー(イヌイットの住居)作れるし(灯り取り窓もある)、
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

VR技術が現在急速進行形のいま、レディプレの世界はもうすぐそこまで来てる、シンギュラリティ感!

80sクラシックvan halenにて華々しいオープニング、スラム地区ということだが、寄せ集め立体バラ
>>続きを読む

ビューティフル・ルーザーズ(2008年製作の映画)

4.3

この作品で撮られているartistsはわたしにとっては憧れでもあるけど、素敵な隣人やルームシェアする仲間みたいな感覚にもなる。
loserというとBECKのアノ曲
i'm loser,baby.why
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

-

団地と言えば、団地妻、とか噂話とか上司の奥さんが的なサラリーメンの悲哀とか、何故だかネガティブでゲットーなイメージが先に立ってしまって何とも申し訳ないのだけれど、此処でも、やはり団地内のイザコザ、不倫>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

黒沢清監督(『岸辺の旅』『ダゲレオタイプの女』『散歩する侵略者』)のenfant terribleとも言える濱口竜介監督の商業第1作そしてカンヌ出品作!

唐田えりか嬢も東出さまもずっと生気がない青
>>続きを読む

私はゾンビと歩いた!(1943年製作の映画)

3.5

あの白目が飛び出しててヒョロリとしたvoodoo門番ゾンビ!見た目のインパクトだけ、あとはウロウロしてるだけで、結局何もしないんだけどね。

農場主の妻は美人ゾンビっていうか、、ただの夢遊病者にしか見
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

ウィレム・デフォーの孤軍奮闘管理人には恐れ入る。働き者だよねー。お疲れ様です。忙しくても人情をもって店子を見守るいい奴なんだが、頼りにしてる息子⁈らしきケイレブ君には呆れられるし、ヘイリーには使用中ナ>>続きを読む

悪魔祓い、聖なる儀式(2016年製作の映画)

3.5

うはー凄い。何ですかコレ。現実ですか?本当に?
祈りの言葉と聖水をかけられ、神父が紫の布をかけただけ(のようにみえる、、)なのに。なにか憑いてる〜

悪魔憑きのひとは本当に白目むくんやな。リンダ・ブレ
>>続きを読む

召使(1963年製作の映画)

4.1

油断し過ぎ&腰抜け過ぎますでしょトニー。訪問時からビールの飲み過ぎで眠りこけ、アマゾンの密林に都市建設とか夢ばかり描きなんでも召使い任せ。御坊ちゃま育ちかもしれないが軍隊生活も経験したとは思えぬ隙だら>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

-

NASAの宇宙飛行士3人が、火星を飛び立つ数分前にロケットから降ろされ、何処へ行くのかと思ったら。ていうか降りるか⁇そこで。

月面着陸ねつ造都市伝説の元ネタみたいな話。『スノーデン』もそうだけど、リ
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

5.0

この俳優陣の素晴らしさ、三宅監督による才気走ったCOOLな画面と仲間に向けるあったかい眼差し
20代の頃のあのミッドナイトブルーと夜明け…青の時間を一緒に過ごしたかけがえのない日々
なんだろ最高

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.1

まず以ってギョッとするこのタイトル。赤松陽構造氏によるインパクト大なタイトルデザイン。
瀬々監督、構想30年、共同脚本:相澤虎之助氏(空族)、東出くん、KEEさん、川瀬さん、嶺くん。やややっ!観るしか
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

凄いことになってます‼️

「後編」DVDで見たのですがカットされていたシーンがどうしても気になり<完全版>をスクリーンで鑑賞。
大娯楽作であり、壮大なる叙事詩となっていました。
これはやはり大きなス
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

あー突っ込みどころ満載ですよね笑
爆音とか絶叫上映とかで盛り上がってるのとてもわかります。
昭和で例えるならドリフの「志村うしろうしろ!」みたいな。または「いよっ健さん❗️」みたいな。言いたくなります
>>続きを読む

アーミッシュ 〜禁欲教徒が快楽を試す時〜(2002年製作の映画)

3.5

アメリカ合衆国各地にコミュニティを持つ敬虔なキリスト教の一派アーミッシュ。18世紀の暮らしを今も守り、農業や家具製作を生業とした自給自足生活。電気を使わずランプ。車ではなく馬車。TVも映画も音楽もケー>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.7

THEY LIVE
WE SLEEP

このパンチライン、ゾクゾクする。

OBEY
OBEY
OBEY
OBEY

特典映像ジョン・カーペンター監督インタビューによると、本作はアメリカ大統領が質実剛
>>続きを読む

未来惑星ザルドス(1974年製作の映画)

-

ショーン・コネリーの英国紳士イメージは完全崩壊 笑。いくら野人のなかでは選ばれた民の突出した人材役とは言え、野獣のようなもみあげ後ろ三つ編みに毛むくじゃらの体毛フェロモンムンムン赤フン一丁でやたら銃を>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

-

か、可愛いじゃねえか、、ウサギの警察官♡せ、制服のお尻からまぁるいシッポが見えてるんだぜ…うさ耳垂らして制帽かぶってピョンピョン飛んで大活躍だぜ…たまらん。
キツネとウサギ、ロシアのお話だと意地悪キツ
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

ソン・ガンホのコミカルな演技、エモーショナルなバディものというエンタメ要素によって、事実の悲惨さが緩和されるというより、より際立っているようにも感じる。

なぜ白旗をあげる市民を、怪我人を運び出そうと
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

や、もう、これは、ネタバレNGだもの、ね?
満員御礼ksシネマが熱気に包まれてた。
気になる方は、是非劇場へ。
ユーロでも上映決まったそうですよ。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

最後、魂の叫びのような『I shall be released』に心が泣いた。本当に名曲。ANY DAY NOW、ANY DAY NOW。私はこれ、輪廻転生の歌でもあると勝手に認識してるんですが…あん>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

担当刑事ヴォーゲルが、妹が、妹の同級生が、奇跡のナイス・アクション。
ほんまに?これはもう友情と言っていいよね。
拉致からの生還、て書くと大袈裟かも知れないが、あまりに特異な事例だから一体どう言ったメ
>>続きを読む

乾いた花(1964年製作の映画)

3.7

池部良、色気もあってニヒルで男前やな!しかしあんまりアニキアニキ言われてからに、だんだん哀川翔アニキに見えてきて…辛うじてVシネにならずノワール映画として保ってられたのは、“暗殺のオペラ”シーンがあっ>>続きを読む

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

4.0

あー楽しい。
ジャパニーズモダンラブコメ♡
探検隊以前の川口浩&若尾文子様!このメインビジュアルだけで、いかしてますよ。
オフィスビル壁面のモンドリアンなオープニング、三兄弟と三姉妹、本当は好きなくせ
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なんじゃこりゃ。

はいはい、まぁこんな事じゃないかと思ったんだが。
こんだけ豪華俳優の熱演とお金と労力と芸達者な猿の惑星までこき使って
虚無落ちとかマジなめとんのか笑
(ただ、浅野忠信ほど虚無落ちが
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

私事で恐縮なんですが
今はもう亡い自分の祖父と家をどうにもこうにも思い出してしまって、、ああ、何とも。
目白や鴬を入れた沢山の鳥籠、鳥もち練って山に捕獲しに行っていた。私も鳥の餌を練らせてもらったりし
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

4.0

二重螺旋の恋人、ということでDNA、遺伝子の話もちらり出てくるが、
メインテーマは双子。
双子って確かに不思議。入れ替わっても分からないくらいソックリだったり、以心伝心だったり。
夢なのか現実なのか妄
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.7

アニェス・ヴァルダとJR
54歳差。
一体どう出会ったの?という組合せの凸凹二人がフランスの田舎を旅するドキュメント・ロードムービー

JRのどこでもプリント・トラック🚚や交渉術、展示スタッフの手際よ
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.8

髪の毛抜いて禿げ散らかし具合まで役づくりしてえっ誰?激似と話題のルイ・ガレル、、演じるゴダールが、5月革命前後の急進的に左傾化しジガ・ヴェルドフ集団を形成するまで&本作の原作者であるアンヌ・ヴィアゼム>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

-

NASAのお話!大好物じゃーん
と思ったら、冷戦時代、勿論ロケットは米ソ発射🚀するんですがいやそれも本当に凄いことなんですが
差別と偏見と闘い時代を切り開いた黒人女性3人の物語(実話)でした。本当に素
>>続きを読む

>|