MountainDewさんの映画レビュー・感想・評価

MountainDew

MountainDew

映画は基本なんでも観まする。
スコアはその時見終わった時のテンションとノリで決めることが多いのであてになりません。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.4

家族愛を描いてると同時に教育、育成、現代社会とのギャップがなど
シリアスな切り口でハートフルに閉めるのも後味良きかな
現実社会とのギャップに悩みながらも適度に受け入れる父親ベンの
考えの柔軟さが優しく
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.7

とにかくおしい、物凄く惜しい
レゼボアドック的会話劇とワンシュチューエーション、ガンアクションを
期待してたのですが会話内容は楽しめるがテンポが悪い
小刻みに新展開はされるがまた足を止めて会話。
見難
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

よく、昔に日本に来た宣教師とか貿易商の
方とどうやってコミニュケーション取れたのかまた、相手の言語をどうやって
汲み取っていったのか疑問でしたが
今作はその過程を何倍も難しくする
エイリアンとのファー
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

いやっはー
全編主人公視点のPOV映画作品
映像革命、斬新かつフレッシュな絵作り
とまではいかないが挑戦作として楽しめた
映画館だったらもっと没入できたなと
劇場鑑賞を避けたことに後悔。
ストーリーは
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

順当な続編、20年前と何ら変わりのない
どうしようもなくクソッタレな4人のいく末、懐かしくもあるしまだ変わってねぇのかよと失望もしてしまう。
世界は流れ日々変化する筈が、視点一つ
だけ切り取れば何にも
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

とんでもねぇ
待ってたんだよ‼︎今作でSF作品の底上げされ水準はさらに高められるだろう。
冒頭から中盤まではあれ?なんか
つまらない?と思ってたらとんでもねぇ
ドゥニ監督でもよかったけどリドリースコッ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.2

いやはやよーくまとめたなと
JJは底知れぬプレッシャーの中よくここまでの完成度高い作品にできたなと感服。
劇場で観た時は興奮でレビューできず
にいたので今回初レビューさせて頂きます
新キャラ達はどれも
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.2

旧作三部作の最終章にして一旦伝説は
ここで終わる。EP6ジェダイの帰還です。
この副題だが確か自分の記憶では
ジェダイの復讐だった気がしたんだが
wikiを参照した所によるとどうやら
当初は「ジェダイ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.2

ということで旧作2作目EP5でございます
毎回毎回今作については家族と口論に
なります、家族の大半はEP5が旧作では
一番と言い張ります。
確かに物語は佳境に差し掛かり
盛り上がりに盛り上がってるので
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.1

あれ?こんなに面白かったっけ?
新章三部作のEP3を久々に観返したら
あまりにも酷かったのでより良く
感じたのか?
まぁなにわともあれ素晴らしいよ
これでもかってぐらいワクワクドキドキな
展開に童心に
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

2.9

新章三部作の最終作EP3です。
今作でついにダースベイダー誕生秘話が
語られるわけですが、
うーむ、展開は新章随一の速さで見やすく
新章の中ではワクワクする展開が多いので好きなのですがアナキンの挙動が
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.5

クローンの攻撃ということで
新章三部作の第2作目です。
まずノスタルジー要素からすくっていくと
これまた懐かしい、EP1と比べると
アクションシーンが多くて幼少期の自分からしたら中盤から後半にかけては
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.7

スターウォーズシリーズ新章三部作の
第一弾。
世界的期待を背負っての作品であり
ルーカス自身も監督として復帰した
ということもあり、ファンのみならず
全人類が期待に溢れての鑑賞だったのだろう。
その時
>>続きを読む

TOKYO FIST 東京フィスト(1995年製作の映画)

3.7

こりゃあ熱い‼︎熱盛りだわ!
モリモリ殴る二人の男の汗と血しぶき‼︎
晋也監督作品では一番観やすいのでは?
変にシリアス過ぎずマイルドでユーモアスなバランスが絶妙〜
タイトルコールからパンクロックな
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

ネタバレありレビューはコメントに書きますね
いやー圧倒された、コメディとホラーは
やっぱり相性いいんだなと再確認。
初監督でこのクオリティは今後だいぶ
期待できるんじゃないかと思うほど、、
音楽の使い
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

カムバック‼︎ソダーバーグ‼︎
ということで復帰作ということもあり
恋するリベラーチェとは違い
オーシャンズシリーズと同じ
チームクライムモノで攻めて来たということで仕事をほっぽり投げて鑑賞。
まず今
>>続きを読む

キャタピラー(2010年製作の映画)

3.4

江戸川乱歩の「芋虫」を触発された作品で
2005年の「乱歩地獄」も併せると
2度目の映像化となるが著作権問題で
そのままの原作を忠実に再現することは
不可能になっということもありあくまでオリジナル作品
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.4

むかーしちょっと見たときは
弾曲げるのダセェ何が面白いって
タカくくってたけど
改めて観るとめちゃくちゃ面白い
あと弾を曲げるっていうアクションを
最大限に引き出していて観てて気持ちよかった
マカヴォ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.6

あれあれ
Vol2のほうが個人的にはノレちゃったぞ
こっちの方がタラちゃんの真骨頂である
会話劇、ジリジリと攻めてくる敵役達
往年の作品には顕著な要素が盛り込まれている。
確かにタラちゃんなりのエンタ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

3.4

タラちゃんの思い描く復讐劇
マカロニウエスタンでありカンフー映画でありサムライ映画でもある。
とにかくタラちゃんの好きなものを
闇鍋のようぶち込んだ作品。
ある意味一番エンタメ映画感あるし
万人ウケす
>>続きを読む

アウトロー(1976年製作の映画)

3.8

うーん、かっこいいたまらない。
男のための男の美学が詰まった映画。
カッコつけすぎでも全然、うざったく
感じないのはイーストウッドならではの
立ち振る舞いであったり人柄なんじゃねぇかな?
一人で何もか
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.1

まぁ良くも悪くも青春映画。
ただ他の青春映画と違うところは
オーソドックスなプロットの流れとして
の青春映画とは別に自分の内面の否定を最後の最後まで引っ張ったことかなぁ
小ギャグは良かったいちいち笑え
>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

3.6

スタジオジブリと高畑勲監督が送る
痛快コメディー?
監督が宮崎駿じゃないだけでこんなに作品の印象が変わるもんなのかと、逆に言えば
宮崎駿がどれだけ癖がある監督なのかが
よくわかる。
幼少期に何回も観た
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.8

うーん、てっきりLGBTに趣を置いた
美しい作品なのかなと思ったら
うーん、ごちゃごちゃしてるというか
それぞれ3年代に分けてるからまだまとまりがあったけどそうじゃなかったら
あっちらこっちら行って観
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

3シーズン目というかなんと言えばいいんだ?
ある意味ではサム・ライミ版スパイダーマンシリーズがヒーロー映画、そしてマーベル作品としても礎的な作品なのに
何故ここまで不遇な扱いを受けなきゃ行けないんだと
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

5.0

おい、ノーランこんなん撮られたらもう
今後の戦争映画の基準が底上げされんだろ
勘弁してよ〜もう〜〜やだぁ〜////
ってな具合で戦争という舞台装置を
ふんだんに使ったサスペンス映画でした。
ハンスジマ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.2

毎回毎回どんどんと頭が悪くなっていく(いい意味で)
以前からのキャストのディアメルと
年齢を感じられない、ハッスルな演技を見せたホプキンスが印象的。
主人公は今回はむしろ今までで一番印象が薄かったなぁ
>>続きを読む

クラッシュ(1996年製作の映画)

3.9

へへへ変態ダァ‼︎
大好きクローネンバーグ
しかしですね、今作も例に漏れずですね
ただ、変態な映画ではなく、
クローネンバーグなりの筋が通った
ラブロマンスなんですね、はい
夫婦間の愛の再生を描いた
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.7

あれ?意外と評価低いぞ?どうした皆の衆
ここのキャラクター性が強すぎたせいで
話が入ってこないのはわかりますぜよ
でも今作でコーエン兄弟の映画対する愛を感じられました。
それ観たさに観てもいいやない。
>>続きを読む

ゲッタウェイ(1972年製作の映画)

4.0

「ベイビードライバー」が影響受けた作品の一つということで鑑賞。
まず最初に、自分はスティーヴ・マックィーンが好きでない。なんかこう俺様的な感じが顔から滲み出てて好きでない。
んが、今作を観て思い知らさ
>>続きを読む

デリンジャー(1973年製作の映画)

3.6

ジョン・ミリアス初監督作品。
この時代はギャング方も警察方も
マンガチックな方々が多くて
観てて楽しめるなぁ〜
まぁノンフィクションといえど誇張してる
とはいえみんなのキャラが生き生ききてる。
かっこ
>>続きを読む

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

3.8

面白い。これでデビュー作というだから
驚きである。スタンリー・キューブリック
といえば革新的な映像技術や斬新な演出が
評価されているがタランティーノやガイ・リッチーがよく使う時系列バラバラ演出を
19
>>続きを読む

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

3.7

クソガキといえばクソガキな
主人公なのに自分も幼少期はこうだったのかなぁ〜とでも家庭環境とかをみると
そうなっちゃうよなぁと。
誰も大人は判ってくれないこのフラストレーションはこの時ならではな感情の流
>>続きを読む

あこがれ(1958年製作の映画)

4.0

「14歳までに見ておきたい50の映画」の
Top10に「大人は判ってくれない」が
ランクインしてたので鑑賞。(大人は判ってくれないに収録されてます。)
トリュフォーによる「スタンド・バイミー」というか
>>続きを読む

クロウ/飛翔伝説(1994年製作の映画)

3.8

正直ツッコミどころは満載であり
これは翻訳家が悪いのかもしれないが
字幕のセリフがいちいちダサかったりと
一見駄作に見えるが
原作の大ファンだというアレックス・プロヤス監督の並々ならぬ再現力
色を三色
>>続きを読む

狩人の夜(1955年製作の映画)

3.8

なんか90分でオススメの映画ないっすか?
この問いにいつもよう聴いてます
某Podcastの方は今作をオススメしてたので鑑賞。
イギリスの映画協会が2005年に発表している「14歳までに見ておきたい5
>>続きを読む

>|