もっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

もっちゃん

もっちゃん

ベストムービーはオールタイムだと決められないので今年映画館で見たものから選んでます

映画(521)
ドラマ(0)

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

レディガガって初めてちゃんと見たけどめちゃくちゃ歌上手いのね。びっくりしちゃった。
そんなことより今作はクーパーの映画なのよ。
完璧だよ、あの酔っ払い具合とか、だらしなさとか、歌声とか、顔とか、筋肉と
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

申し訳ないがストーリー自体はそんなに怖くないし面白くない。
でもこの映画は怖いし面白い。
いうのも恥ずかしいけどキューブリックは天才だ。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

説明いらずの名作ながら恥ずかしながら初見ですした。
なんか社会に疲れた時に見たい。また。

僕の帰る場所(2017年製作の映画)

4.1

なんちゅうリアリティ。
アァ苦しい苦しい。
パパも頑張ってるからね。
って。
苦しい苦しい。
小さい頃はわかんないのよ。
オトナの事情なんて。
あるのは目の前の世界だけなんだよ。
苦しい苦しい。
1番
>>続きを読む

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

4.5

芝居が過ぎるな。
っていかすよね。

毒入りリンゴのような映画。
いや毒入りケーキ。毒入りパフェ。
カラフルで可愛らしいビジュアルとは裏腹にその徹底した戦争風刺の切れ味ったらない。

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

3.5

なんか思っていたのと違ったな。
終盤からラストは良かったけれども、兎にも角にも長いわ。
耐えられん。

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.7

エルちゃんの美しさったら生命の神秘を感じさせるほどですな。

つぐない(2007年製作の映画)

3.9

なんとも切ない。
シアーシャローナンが可愛すぎて可愛すぎて。
目に入れても痛くない。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.7

テーマとしては人類の永遠のテーマである「善と悪」。CMやMVをたくさん撮ってる監督だけあって映像表現は面白いし綺麗でした(ちょっとカットが多いのが気になりましたが)。それだけに少しセリフに頼り過ぎたと>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.4

ポップな演出とは裏腹に
もうずっと不穏な空気があったのよ。
危うさがぷんぷんだったのよ。
だけどあのラストは衝撃を隠せない。
すごい良かった。

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

4.2

ホンサンス×キムミニ集大成。
よったキムミニ最強すぎる。
何言われても許しちゃう。

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.8

ワインのような映画だ。
いやまて、ワインのような映画ってなんや。

普通は走り出す(2018年製作の映画)

4.4

和製ジム・ジャームッシュによる和製『8 1/2』とでも言いましょうか。
固定のワイドショットと車内ショットが織りなす絶妙なテンポ。
平凡な日常とはいささか不釣り合いな雄司さんの素晴らしい音楽が生み出す
>>続きを読む

デッドバケーション(2018年製作の映画)

2.0

擦りにこすったとこ擦ってもなんも出て来んよ。
最初から最後まで予想通りの展開。

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.9

前半はかなりきつい。眠い。
後半は楽しかった。
まさに映画という名のエンターテイメント。
恐怖の報酬は…。

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.5

あんまり面白くない。
カメラワークが好きになれない。
だけど監督の公私混同感は最高だよ。

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

4.0

上手くいかなかったナンパと上手くいったナンパ。
人間やっぱり素直が1番。
全て取り繕って生きている自分には刺さるものがありました。
取り繕ったもの全部とって、着飾ったもの全部脱いで裸にならなきゃならん
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.4

いやー期待していただけに。
少し残念。
ストーリーが面白くない。
自分が薬物やっているかと錯覚するようなカメラワークや編集は面白かったけど。
徹底的なリアリティは常に気が抜けないほどハラハラしたけど。
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.1

ジッポのしまい方イカす。
ブシェミはほんとに報われないな。

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

4.0

スペイン映画やっぱりいいね。
何より若いペネロペちゃんが最高だよね。
死んじゃって悲しいわ。

>|