waiさんの映画レビュー・感想・評価

wai

wai

映画(209)
ドラマ(0)

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.2

想像以上に面白かった!
この人が担当してたのね!っていう発見もあったり、本当にいろんな映画が観たくなる。
名曲がずっと流れてるから作業BGMにもいいと思う。

パターソン(2016年製作の映画)

3.6

ムーンライズ・キングダムのカップルが出てきてちょっと嬉しかった。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.3

めっちゃCG!一目惚れした女に勝手にタトゥー入れた!なんやコレ!…から
後半でバーフバリ!バーフバリ!ってなるからすごい。

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.3

iPhone で撮った映画。
LAの街をズンズン歩いて、あちこち当たり散らかしていくシンディがパワフルで好きだった。
サンセットがいい色〜あったかそう。
I promise no drama, Ale
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

怪物だと思う。
マクドナルド兄弟には同情する。レイ・クロックのことは好きになれないけど、社会で成功するのはこういう人なんだろうな〜

いのちの食べかた(2005年製作の映画)

3.6

身近なのに知らなかった世界。生物が食物になる過程を淡々と見せてくれる。
動物の云々よりも、こういう生活している人がいることが印象的だった。あの大きいヘッドホンで何を聴いているんだろう。

プリシラ(1994年製作の映画)

3.5

砂漠とドラァグクイーンの組み合わせが美しい。
元気がもらえる映画だった。

オラファー・エリアソン 視覚と知覚(2009年製作の映画)

3.8

現実は主観次第、見たものが何かは観客が決める。
目にしたものに反応することが「仕事」…
視覚・空間のレクチャーは勉強になった。アーティストとしての姿勢を論理的に言葉で表現してるってすごい。
字幕だと情
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

音楽と映像がバチっと合ってて気持ちよかった。MVを観てるような感覚。好きな音楽を聴きながらベイビーみたいにドライブしたくなる。

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.3

フォントがフーツラなのも、アスペクト比が昔のテレビサイズで角丸なのも、色彩もかわいい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

泳ぎ方を教えるシーンに色々思い出してグッときた。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

宇宙人と麻雀牌でコミュニケーションをとる中国…結果が勝ち負けしかないっていうのが怖い。でも今までのSFもそういうのが多い気がする。ルイーズたちのコミュニケーションは優しかった。

死と父と息子(2017年製作の映画)

3.3

死神をイメージだけじゃなくて「職業」として描いている所がよかった。淡々と仕事をこなす父親はクール。
家の壁紙が死神仕様でかわいかった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

赤色の見せ方がカッコ良かった。

二時間半盛りだくさんすぎて、逆に鑑賞後に何も残らなかった気がしてしまい少し残念…もう一回観たい。

アートスクール・コンフィデンシャル(2006年製作の映画)

3.4

「あの人の作品だからスゴイ」とか思ってしまう自分や世間に疑問を持っていたけど、仕組みが見えて納得した。
講評シーンにはすごく共感する。
アートを皮肉った内容は、「自分が今していることは意味があるのか」
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.5

3つの物語がラジオやホテルで繋がっているのが面白い。

13日の金曜日PART3(1982年製作の映画)

2.1

お決まりのパターンがあって、これ前と同じヤツや…!ってなる。
そういう点では前作よりも楽しめたかも。吉本新喜劇的な楽しみ方

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.1

ド派手でパワフルなヘドウィグが美しくてかっこいい。
キャッチーな曲の元には愛した人に捨てられ裏切られた悲しみと怒りがあり、簡単に「よかった」って言えない。だから何回も聴き直して噛み砕いてる。

JCM
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

スイスアーミーマンの有用性に負けず劣らず主人公の工作力がすごい。1人でもイケるのではと思うくらい。

シュールで笑えるんだけど、主人公の今までとこれからの人生やリアルな死体との生活を想像すると堪らなく
>>続きを読む

>|