Belllllelinさんの映画レビュー・感想・評価

Belllllelin

Belllllelin

映画(295)
ドラマ(0)

メランコリック(2018年製作の映画)

1.5

支離滅裂で突っ込みどころが多すぎた。

なんなの?ギャグなの?
それにどこがメランコリックなのw

これぞ平和ボケ映画、観ているだけで辛かった。

何も撮りたいものがないのに撮ったのだろうなあと思って
>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

4.0

脚本が面白かった。きっと2人にしか書けず、そして2人でなければ演じられないものだった。

ラップでまくし立てるシーンは、緊張感と相まって、圧倒された。

色彩は印象的で好きなものが多かったけど、ちょっ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

大型商業施設の周りがスラムってどこの世界にもある。よく考えると、中心(と思っているもの)があれば、周辺(と思っているもの)が存在するのは当然の構造だ。

この映画では、中心部分と周辺部分の生活は一線を
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

2.6

面白くはない。

会話が楽しいわけでもなければ、カメラワークに驚きもないどころか、退屈。

オークワフィナは出てきた瞬間光るものを多く感じるのだけど、劇中に彼女は殆ど活きていなかった。

人の死とか、
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.0

オークワフィナが最高だと思う。

仲間4人だけの世界が少し広がった、僕たちは大学生になった!

あぁ、次が早く観たい(照)

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)

3.0

きっと良い意味で“逃げ"であった日本版に対し、韓国版は"目には目を、歯には歯を"の精神に基づいており、それぞれの社会の若者を反映していて面白い。

大きな壁に対して体当たりせず、置かれた理不尽な世界で
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

3.0

きっと日本がまだそれなりに平和だった時の話。この映画を思い出すだけで、あの頃は今と比較してイノセントな社会だったなあとを思い出す。

最近観た韓国バージョンとの対比で、それぞれの国の若者に根付く文化的
>>続きを読む

ドアロック(2018年製作の映画)

2.5

ありがち〜な韓国映画。
主演の人の表情は良かったよ。

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

3.6

「あなたの中の女性の気持ちに声を傾けて。」

「そんなもの全くない。」

「持った方が良いわ。少なくとも女性の心がある方がまともな人間になれる。」

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

うむむ、やはり1には敵わず。

まず長い。ストーリーはシンプルな割に説明も多い。殺し屋さん業界の道理や論理に興味はないです、ただ、ひたすらに、ガムシャラに100分くらい殺し合って欲しかったよ。
 
>>続きを読む

マイルス・デイビス: クールの誕生(2019年製作の映画)

4.0

素晴らしい。

マイルスの演奏はたくさん聴いたけど、この作品を観た後、その背景にある彼の歴史はほとんど知らなかったと言える(ヤクにおぼれた天才トランペッターで片付けるのはあまりに軽薄だ)。

ジャズの
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

2.4

なんじゃこりゃあぁあぁあぁあwww

みんなおかえり、そして死のう!

死のーーーーーう!!!

宮本から君へ(2019年製作の映画)

1.0

冷静に書くけど
まず、これは演技ではない。
なんでもかんでもぎゃーぎゃー騒ぎやがって、頭おかしいんじゃないか。

親と子の世代間の歪みとか、きちんと掘り下げればとても面白いと思うのに、それにフォーカス
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

2.7

(1を観ていないぼく)

ホックステッターって誰やねん...。



総じると、良かった。
ありがとうルーザーズ。
ありがとうスティーブンキング。

(もう1は観なくて良いだろう...)

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.0

シュワちゃんとサラ・コナーを出すためだけに作られた、残念な映画。

演出がチープでした。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.1

野心は少し感じたけど、結局ありがちな展開、惹かれ合う男女、使われただけのような気がしなくもないザック、うーん、惜しいというかなんというか。

ダコタジョンソンが魅力的すぎて眩しいので、男目線から言うと
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ良かった。
きっと死ぬまで忘れないだろう。

ジョジョが戦場で逃げ惑うシーン以降、泣きすぎてしんどかった。10歳の少年に身に起こった革命、全世代に通ずる。

正しく学び、理解することの無敵
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.8

ジョーダンピール、もしかしてスリラー版ディミアンチャゼルになるのでは?

個性が大変強いとは思うし(ただし本作はオマージュ多め)音楽はものすごく良い。
撮影も最高で、観ている我々は所々ハンマーで頭をぶ
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.0

タネみたいなものはとりあえず死ぬほどばらまいておいて、結局何も回収しない黒沢清。うーむ、雑だ。

竹内結子さんは東出くんレベルの大根役者だと思う。いつも同じ。

火口のふたり(2019年製作の映画)

-

ところどころ好きなカットがあった。

まあ人生色々あるわな。

採点しにくいので、そっとしておく。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.6

前田敦子がめちゃくちゃ良かった。感情をどこかに忘れてきたからのような演技に関しては天才的だと思う。

黒沢清映画は基本的に雑な印象を受けるので嫌いなのだけど、この映画はまだ許せる。

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

2.7

中学生の時に親の目を盗んで観た。

ルーシーリューの演技は結構好きだったな。それくらいしか覚えてない。

オオカミは嘘をつく(2013年製作の映画)

1.1

もうほんとにつまんないから。
この映画で「タランティーノが絶賛」と「退屈」はほとんどイコールになったよ。

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.5

まず三部作をまとめ上げたPJに敬意を。

ね、エオウィン最高だったでしょう?

他はもういろいろ突っ込みどころがあって楽しいよね。もうほんと。
亡霊たちの奇襲とか意味わかんないからさ。

まあでも、旅
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.0

オーケー
この映画を観たのは12歳の時さ。

そう、旅の仲間で映画沼に引き込まれた話はしたね?

そうだな、多くの方と同じく3部作で最も好きさ。

特にエオメルに感情移入してしまったんだ。12歳の分際
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.6

うひょお。これは救いようがねえ。
選択の連続である人生において、常に服従を選んできたヒトの終着駅は、あまりに冷たく孤独で暗い。

田舎の男系社会に対する風刺のようにも感じた。なあ、ドッグ。乙です。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.3

ロバート・レッドフォード引退作ということと関係なく、良かったと思う。
80歳というのはシンプルな驚き。

それぞれのカットから、良いものを撮りたいという製作陣の気持ちが伝わってくる。
いろんな人が出て
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.5

これを観てそれほど大きな衝撃を受けていない自分がいる。

なぜか。
考えられる要因、映画の観すぎ、本の読みすぎ、当事者としてその世界を割と知っている、等々。いずれにせよ、社会学の本を漁れば当たる確率が
>>続きを読む

ディオールと私(2014年製作の映画)

3.2

何もかもをそそぎ込んだ人間のある種の到達点である緊張であり、涙であった。

学生の時に観たけど、今観たらまた違う視点で観られるのかもしれない。

サスペリア(1977年製作の映画)

2.6

なんやろう、学びは色彩にしかなかったように思う。もはや今となってはそれが参考になるかも微妙だ。当時はセンセーショナルだったのかもしれない。

同時代性ということでは、シャイニング(1980)と比較して
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.5

若さからくる楽観・論理性のなさに、あぁ分かると思ったし、それを否応なく潰そうとする社会の無慈悲さも現実味があり、これらの対比がよく効いていて緊張感があった。ストーリーは分断された人々についてだったけれ>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.5

素晴らしかった。
邦画で心動いたのは、「きみの鳥は歌える」以来だよ。

多くを語らずして表情で語り、そして画はそれを引き立てるに十分すぎた。

食卓や障子のシーンとか、いいものはたくさんあるのだけど、
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

4.3

すばらしい画、画、画の連続。
音楽も印象的。
是非映画館で観たかったよ。

とにかくズーラが美しい。
時代に翻弄されるアイデンティティを見事に演じたヨアンナ・グリーグ、レア・セドゥに匹敵する完成度。
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.5

これまた映画館で観るべき作品を、自宅の小さな画面で観ていることに悔しさがこみ上げる。

人は置かれている状況や経験によって価値観が良くも悪くも変わっていく。

語り口からは見えづらい、自分と同年度のア
>>続きを読む

>|