セレソンQさんの映画レビュー・感想・評価

セレソンQ

セレソンQ

ジェントルメン(2019年製作の映画)

1.5

普通につまらない映画でした。30分くらいで済みそうな話をだらだらと2時間もかけてやっていて退屈な映画です。全体的にテンポが悪すぎます。ロックストックやスナッチの頃のキレは全くないです。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.5

吉田監督の作品なので期待はしていましたが、想像の遥か上を行くクオリティーで驚きました。
脚本が素晴らしいですね。配置した仕掛けを全て使い切っていて本当に凄いです。そのおかげで映画のテンポも大変心地よい
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

4.0

アイデアが良いですね。映画向きな題材を上手くアレンジさせて作られていて大変楽しめました。冒頭の将棋盤に棋士が指すカットから機械音が聞こえそのまま左にパンして機械のアームが指すのはとても上手いカットだと>>続きを読む

夢と狂気の王国(2013年製作の映画)

4.9

ドキュメンタリーですが、ちゃんと映画になっていて大変よかったです。高畑勲の使い方も非常に映画的で良かったです。宮崎吾朗まわりだけ投げっぱなし感はありましたが、それ以外は本当に上手くまとまっていると思い>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

間違いなく面白いはずなんですが、何故か好きになれませんでした。脚本、演出、撮影、どれも高水準なんですが、イマイチ乗れませんでした。
ミッドサマーも微妙だったので多分この監督の作品は波長が合わないのでし
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.5

映像的センスに対して中身がスカスカな歪な作品です。
北野映画が好きで仕方がないことを臆さず全面に出していて、ここまで徹底的に北野映画をやろうとする心意気には清々しさを感じて嫌いではないです。そして実際
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

庵野による全てのエヴァンゲリオンを総括する完結作です。
とにかくあらゆる要素が盛りに盛られていてとんでもない作品でした。
あまりにも語り口が多い本作ですが、大まかには、1.各キャラと物語の顛末、2.庵
>>続きを読む

ガンヘッド(1989年製作の映画)

1.0

予算のかかった特撮のセットを見るくらいしか面白みがない作品です。ストーリーは映画になっていない、というかお話として成立していないし、SFですらないです。サンライズと東宝という言葉に騙されて見ましたが死>>続きを読む

(1963年製作の映画)

3.6

鳥の大群に襲われるだけの映画ですが、鳥がめちゃくちゃ怖いです。現代でも通じるレベルの鳥の大群の恐怖感を作り出していて感心しました。レベルの低い合成を使用している箇所も多いのに鳥が怖く見えるのは、”数は>>続きを読む

>|