なくたひでさんの映画レビュー・感想・評価

なくたひで

なくたひで

おもしろかったor好きなものだけ採点してます。
☆4→めっちゃ好き!
☆5→めっちゃ好き!+ぜひ色んな人に見てもらいたい

追記
☆3→☆4に満たないけど自分にとって特別だった作品

映画(668)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

おもしろかった!噂通りとても良くできてる作りで、もう一回観たくなるっていうのも納得。

ただ、やっぱホームビデオのぐるぐるはしんどかったw

好評なので、敢えて言うなら主演二人の設定を生かした伏線があ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

火山でもっと楽しんで良かったんやないかなー。


1番のハイライトは、メイジーが逃げ回った挙句、ベッドに駆け込むシーン。

まぁ、IMAX3Dじゃなくてもよろし。

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

評価低いみたいだけど、全然おもしろかったー。

バケモノ、オオカミよりも好きだった。

話はたしかによく分からないし、目的も展開もよく分からない笑
けど、くんちゃんが自転車に乗れるようになるシーンとか
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

こういう時期に見たからなのか、グッと来るシーンばかりだった。

特にりんちゃんのシーンは全体的に印象深く、安藤サクラ・松岡茉優との絡みはやばかったなぁ。

リリーフランキーも樹木希林も抜群の安定感だし
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

-

私はやはりマミー派。
グザヴィエドランのカッコよさ・美しさはもちろん健在。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

オシャレ!!

しかも鼻につくオシャレじゃなくて、アンセルエルゴートのキャラ始め、全体的にかわいいのがとても良い。

手話もテキーラも、ドラム洗濯からの円盤とかセンス最高だったなぁー。
ケビンスペイシ
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

理不尽な部分をフォーカスしたかったんだろうけど、あそこまでコミュニケーション取れちゃうと、バランスの悪さが目立っちゃうなぁ。

幕府側がなぜあそこまで排除しなきゃいけなかったのか的な部分にもう少し触れ
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前作より闘いがカッコよくて楽しかったかなぁー。

マクロスのヴァルキリー見たいのに乗って、3機トライアングルはなかなか胸アツ。

アニメならではのスケール感は悪くないんだけど、ゴジラの強さとテクノロジ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

-

皆さん盛れなくペラペラ

だけど、桜井くんと志田未来はポチャポチャ。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「オレたちも合体だっっ!!!!」

っていう展開なら5億点だったなー。

GNソードとガリアンソードだけでも十分楽しかったけどー。

ガリアンみたいなー。

ドリーム(2016年製作の映画)

-

オクタヴィア・スペンサーはいい演技しますなぁ。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

何であんなに話題になってたんだろ?

ホラー作品としては全然だし、ジュブナイルものとしてもいまいち物足りないなぁー。

ソフィアリリスの可愛さが唯一の見所。

セールスマン(2016年製作の映画)

-

期待値を上げすぎた。

いまいち戯曲「セールスマンの死」との掛けが分からなかった。

主題はそこなのねー。って感じ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ギレルモ・デル・トロのアカデミー受賞した記念すべき作品。

パンズラビリンス、クリムゾンピークに比べてストーリーがしっかりしてると思った。

イライザとゼルダの絡みがすごく好きだったなぁ。
映像はもち
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

This is Meがめっちゃ良かった。
泣くとは思わなかった笑

題材は基本的に好きなんだけど、いかんせんヒュージャックマン自身がコンプレックスを持ってないというか簡単に乗り切っちゃうというか、、、
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

-

アリシア・ヴィキャンデル目的で鑑賞。

こういうタフな役より可愛い役の方が似合ってるなー。
本題に入るまでが長すぎるのと、いらん演出・設定が多すぎなのよねー。

事情は分かるけど、ララはやっぱ2丁拳銃
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

-

流し見。
やっぱ広瀬すずではないと思うのだよなぁ。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

かなりおもしろかった!

サスペンス・ミステリーかと思って観てたら、いい意味で全然違った。

普通なら殺人の暴力的なシーンとか、犯人が誰かとか殺害動機とか入れたくなるけど、基本スルーなスタンスがとても
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

-

「光」を使った(通した)映像は抜群にきれい。
ただ、何だかリスペクトとか配慮が足りなすぎで全く話に乗れず。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

出てる役者がもれなく演技が上手い。

邦画あまり見ない自分が言うのもなんだけど、安藤サクラの演技は自分が見た邦画の中でも屈指だと思う。
アカデミー取ってて安心した笑

細かい笑いを散りばめてたり、やる
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.0

全体的にかわいくて、列車の駆けるシーンがキレイなのがとてもよい。

ストーリーも好みだし、好きなタイプの作品。

もっと冒険感があればお気に入りだったなぁ。
トースターもかわいいね!

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

“赦し”って何だろう。って話。
悪いのは主人公夫妻ってのは間違ないんだけど、どうしたら良かったのかとか、色々考えさせられる。

そしてディテールが凝ってる。
養子にしようとか、あれをあれしちゃうとかそ
>>続きを読む

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

-

グザヴィエは当然抜群の演技をしてるとは思うんだけど、世界観がクローズすぎるのがなぁー。

久々のキャリー・アンモス。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

-

グザヴィエの中でも難易度高め。
各キャラの心情が全く分からない笑

ストックホルム症候群。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

思うてたんとちゃうー

話が全体的にどーでもええ。

地球の状況をスルーし続けるスタンスは良かったかね。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

-

設定は良い。展開も悪くない。

しかし、ある程度凝ってしまったが故に粗も見えてしまう。
特に警察がポンコツの集まりに見えてしまうのは痛恨。

動機とかもっと荒くて良いから、メディアとの駆け引きとかを丁
>>続きを読む

>|