なまさかなクンさんの映画レビュー・感想・評価

なまさかなクン

なまさかなクン

映画(10)
ドラマ(0)
  • 10Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

太秦ヤコペッティ(2013年製作の映画)

4.5

配信映画祭にて鑑賞。もう、名言だらけのセリフと異常な編集のオンパレード。

なんやねん! めっちゃおもろいやんけ! ただ、その理由がとことん複雑なんか? あるいはその真逆なんか? つまるところまったく
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

4.4

わりかし入り組んだモチーフのわりに、テーマは至ってシンプル。ストーリーテリングはモチーフ同様、暴力的かつ乱雑な印象ながら、その実、神経質なまでに事細かく丁寧。

ここはあの作品へのオマージュか? ここ
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

4.7

すごい! そうとしか言われへん!

なんなんや! この圧倒的な異物感は! まさに未知との遭遇や!

まず、最初の10分ほどなぜか涙が止まらへん! その意味もわからず、ただこのヒリヒリした温度に身を浸し
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

おもろい! 今作に対する賛辞としてそれ以上のもんある?

これは可能性の作品や! 映像表現の限界に対するアニメーション映画からの挑戦状や!

ずっと観ていて感じるこのワクワク! どっかで経験したよなぁ
>>続きを読む

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

4.7

ここ最近の多くの作家が難儀しているストーリーテリング。それに対する最も適切な回答がまさしく今作だ。好みは分かれるであろうが、前作の「グッド・タイム」に負けず劣らずの堂々たる作品。

筆者がかの「ジョー
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.3

瀬々敬久監督のコメントがなければスルーしていた可能性もある。そんな気がする。こんな文章なんか無視して、とりあえず、彼が公式サイトに寄せたそれに目を通してほしい。それだけでもこの作品の意義は理解できる。>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

2.1

テーマの提示の仕方はすごい。自身の作家性をちゃんと示している。そこは良い。

ただ、そのやり方がかの「ジョーカー」に比べると、というか比べずともアンクールだし、「パラサイト 半地下の家族」に比べると、
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.7

間違いなく今年のベスト・フィルムの1本。それだけは断言する。

過去の自作からの引用による見事なビルドアップ。まずその点を評価せずにはいられない。

どのシーンかは忘れたが、これ以上引き延ばすと過剰な
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

昨年、京都の出町座にて先行で拝見。

身もふたもなくとんでもない作品であるが、厄介なことに具体的にどこが素晴らしいかわからない。だからこそ素晴らしい。それはカウリスマキやジャームッシュやホン・サンスや
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

4.9

まず、小津安二郎云々という宣伝が悪い。これは明らかにおかしい。その証拠に、彼の作品にまったく興味のない僕がここまで興奮したのだから。

楽しめるか楽しめないか? 突きつめればフィットするかどうか? 決
>>続きを読む