NO4さんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

NO4

NO4

映画(45)
ドラマ(0)

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.0

見逃していた名作をしっかり観なきゃと自分に言い聞かせ、挑んだ作品。
とにかくエネルギッシュ。任侠ものというより青春映画。終盤、菅原文太と松方弘樹が語り合うシーンが何とも切なくて。
とにかくシリーズ制覇
>>続きを読む

殺人ワークショップ(2012年製作の映画)

3.5

白石監督だから、トンデモな展開を期待しちゃうのは、『コワすぎ!』シリーズや『オカルト』『ある優しき~』なんかで毒されてしまったせいか?うにょうにょしたのが出てこなかったのが妙にさびしくて…

7500(2013年製作の映画)

2.5

個人的な好みで言うと、謎や伏線らしきものをばらまいておきながら、なんら回収もせず、説明もないまま置き去りにされたようなエンディングをむかえるのには、かなりのストレスを覚えてしまう。
本作がまさにそんな
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.5

引っ越した家に人でない何かが巣くっていて、住人たちに襲いかかってくる。ありきたりの展開だが、しっかりとおっかない演出はさすがだなと。
しかし、西洋人と我々の感性というか宗教感というか、その違いからか、
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.0

ジジィたちと若造の詐欺ヤクザの戦いをヒロイックに描くでなし、ヤクザものの親父と堅気の息子の親子の絆を描くでもなし。ただただ「おもしろけりゃいいじゃないか!」を追求したような。監督のお笑いが随所にちりば>>続きを読む

ポイントブランク 標的にされた男(2014年製作の映画)

3.0

主人公の医者が助けた相手がとんでもない殺人マシーンで、どんどん犯罪に巻き込まれていく。サスペンスとしてグイグイ引き込まれるし、アクションも見どころはあって楽しめた。
期待せずに観たのも良かったかな。

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.5

ラストまで、なぜ?を引っ張るのなら、やっぱすっきりと落としてほしいもんだ。そういう部分では、若干の肩すかし感は否めないが、それまでの展開は抜群!期待せずに観るべし!やね。

チャッピー(2015年製作の映画)

4.5

正直ナメてた。だって『チャッピー』だよ。魔法使いを連想してしまうって!
が、これがとんでもなく期待を大きく裏切ってくれた。もちろんいい意味で。アクション満載のゴリゴリのSFでありながら、最後は生死にか
>>続きを読む

|<