もーりーさんの映画レビュー・感想・評価

もーりー

もーりー

映画(172)
ドラマ(26)
  • 172Marks
  • 6Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年製作の映画)

1.0

なぜ主演の木村拓哉をこんなにキムタクらしいキャラにしてキムタクらしい演技をさせたのだろうか…?おかげでところどころにストーリーとはあまり関係ない恋愛シーンを入れてあるダメな脚本とあいまって‘’キムタク>>続きを読む

スウィートホーム(1989年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

製作総指揮の伊丹十三氏と監督の黒沢清氏が揉めて裁判沙汰になったせいかいまだにDVD化されていない幻の作品。といったらどんな名作かと思うが、今見るとストーリーはツッコミどころが多くてあまり完成度がいいと>>続きを読む

ハウス・オブ・ザ・デッド(2003年製作の映画)

1.0

ザ・B級ゾンビ映画といったおもむきのつまらない映画。ゲームを原作としている映画だからってゲームの画面を挿入するなんてアホな事なかなか考えつかない。2000年代に70年代B級映画のような作品が作れる事自>>続きを読む

刑務所の中(2002年製作の映画)

3.5

刑務所での生活の記録映画みたいな感じの作品。もちろん実際には撮れないので再現してあるのだが。刑務所という殺伐としているところというイメージに反して全くイヤな感じはしない、むしろいいイメージにすらなって>>続きを読む

DOA/デッド・オア・アライブ(2006年製作の映画)

1.0

まず原作が素手で戦う格闘ゲームなのに映画のジャケット(ポスター)の登場人物が刀を持っている時点で出オチ感満載。早くもこちらを笑わせる気満々である。キャストはメインっぽいかすみがデヴォン青木でこれはファ>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

最高!っていうより、よく出来た映画だなぁ…って感心してしまった。伏線が張ってあったり、どんでん返しがある映画が好きな人なら間違いなく楽しめると思う。個人的にもその手の映画が好きなので大満足の映画。とこ>>続きを読む

252 生存者あり(2008年製作の映画)

1.5

冒頭でお台場に台風直撃!そしてフ○テレビも崩壊!例のシンボルマークの球体が水にプカプカ…ってこれ日テレ制作だし悪意あるだろ!(汗)これほどまでにツッコミどころの多いストーリーだと、意図しているであろう>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.0

このマンガを実写で再現したのかぁ…という感想しかない映画。それだけ

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.5

IMAX3Dで鑑賞。色々詰め込みすぎて単なるいろんなゲームやアニメのキャラが出てくるお祭り映画になってしまった感じがある。ハードルを上げすぎたかなぁ…しかし元ネタを全く知らないと面白くないのになぜこん>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

思わず体が動いてしまうようなミュージカルシーンもあり、感動するストーリーの中に笑いもあり素晴らしい映画だった。が最後がモヤモヤする…万人に勧められるかと言えば難しいかなぁ。そもそもミュージカルがダメな>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

1.5

ストーリーがツッコミどころ満載なのになぜか主演がマット・デイモン。そしてアメリカでは大コケ。莫大な制作費と大物俳優を起用したB級映画。ストーリーの伏線のほとんどが回収されないまま、まさかのエンディング>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

22年前の連続殺人事件を振り返る時に実際のその時代に流行ってた歌や、その時代に起きた実際の事件、事故の映像が使われているのがフィクションと現実がクロスオーバーしているようでおもしろい撮影方だった。どん>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

2.5

リアルな戦場のシーンや感動させるストーリー、やはり個人的に戦争を美化しているようでどうも...悪い作品じゃないんだけどねぇ...

unknown アンノウン(2006年製作の映画)

2.5

主人公が目を覚ますと自分を含めて5人の男が閉ざされた工場に閉じ込められている。全員記憶喪失で工場にある新聞で誘拐、監禁されている事を知るが被害者は2人。この中の誰が人質で誰が犯人なのか?誰もが犯人であ>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

2.0

前半は結構好きな展開のSFアクション映画で面白かったが、後半はツッコみをいれたくなるようなまるでコメディー映画のような展開にある意味ビックリ。口から何か光線を出してましたが…スカーレット・ヨハンソンの>>続きを読む