のらめたるさんの映画レビュー・感想・評価

のらめたる

のらめたる

映画(159)
ドラマ(0)
  • 159Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ラスト・ダイヤモンド 華麗なる罠(2014年製作の映画)

3.2

ドロボーのお話。地味な感じではあるけど展開はわりと考えてあるので退屈せずに鑑賞できました。

スティール(2002年製作の映画)

3.0

銀行強盗のお話が続きます。時間も短いのでストレスを感じる事もなくサクッと観られます。

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.7

娯楽、アクション、サスペンスの要素をとにかく派手にスタイリッシュにって感じで楽しいです。これでいいんだと思います。

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

3.4

ダークな雰囲気で話が進んでいって結末も予想しにくい感じでいいんじゃないでしょうか。個人的には良く出来た作品だと思います。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014年製作の映画)

3.0

邦題が凄いですね… 寒そうなロケーションですが割といい景色です。静かに事は進んでいきますが退屈はしなかったです。

聖なる復讐者たち(2014年製作の映画)

2.8

いわゆるリベンジ系のお話しですが、スッキリするような内容ではありませんのでご注意ください。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

1作目を観る機会がなかなかなくてこちらからになりましたが、面白かったです。

ザ・スクワッド(2015年製作の映画)

3.4

これといった斬新な展開ではないけど昼ドラのようなノリと昔の熱血系青春ドラマのような雰囲気が漂ってました。時間が短いのでサクッと観られる分、それほど悪くは感じなかったです。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

4.0

これはなかなかの掘り出し物じゃないでしょうか。ストーリー展開も複雑そうでわかりやすい。犯罪系のアクションが観たくなったら是非どうぞ!

ロック・オブ・エイジズ(2012年製作の映画)

3.7

個人的にこの年代の曲は身にしみついてるのでイントロ流れた段階でオォーってなります。

誰よりも狙われた男(2014年製作の映画)

3.5

テロ行為を阻止するためのスパイ物。派手なアクションがあるわけでもなく、人間ドラマに趣を置いている感じ。地味な内容だが展開は悪くなかった。

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.5

個人的に感情移入しやすい描写になっていて、話も単純で大変わかりやすくて観やすかった。
娘さんがいい演技してたなぁ…

ワイルドシングス(1998年製作の映画)

4.0

大大大どんでん返しのサスペンス物として、初見の段階ではレベルの高い展開である、と最近見直して再確認しました。

顔のないスパイ(2011年製作の映画)

3.1

形式的にはよく練られたお話だとは思うけど、観終わってからの感覚としては個人的に物足りなさが残こる。

クロッシング(2009年製作の映画)

3.2

割りと地味な内容なのでスコアもそんな感じになってしまいますよね。でも作品としては決して悪くないです。

ソウ(2004年製作の映画)

5.0

お初の時は事前情報をシャットアウトして観るのが1番楽しめると思います。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

お疲れさま。と言いたくなるくらいの仕事っぷりですね。とっておきの殺し屋と思われた人が対決の場もなく粋なセリフの後トイレから帰って来なかったのには笑った。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.1

キアヌ・リーブスカッコイイ!でもこういった様式美的なお話は若干苦手なんですよね…

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.9

これはこれで好きですね。物事が解決したように思えたけど、まだやり残している事があったような…

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.8

凄く突飛な設定だけど演出が上手いのか、最後は感情移入出来る仕上がりで結構好きですこの作品。

皆殺しの流儀(2014年製作の映画)

3.0

凄く好きな流れではあるけどラスボスをもう少し追い込んでからアレして欲しかったかなという印象。

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.0

どんだけニコラスケイジ好きなんだよ!って観終わってから次第に移り変わりゆく設定を許してしまう自分がいた笑

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

もっと色んな曲聴きたかったなぁ、、と思わせるくらい時間が経つのが早く感じた。それくらい作りが上手かったという事かな。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

ほとんどの方がアルマゲドンを頭に思い浮かべたのではないでしょうか…

ザ・バンク 堕ちた巨像(2009年製作の映画)

3.4

決してテンポの良い展開ではないけど地道に相手を追い込んでいく感じが飽きさせなかった。強すぎる相手は大変ですね。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.1

割と好きな設定のお話でしたしラストも悪くない感じではありますが、もう少しその後の展開も描いて欲しかった気持ちも残ります。

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け(2012年製作の映画)

3.3

ラストをブツ切りにする投げやり感がこの話の内容を表していますね。

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.8

地味ながらいい演技してるし脚本や演出もわかりやすく上手くまとまっていて無駄がない。良作だと思います。