NORIDARさんの映画レビュー・感想・評価

NORIDAR

NORIDAR

FUKUOKA CITY
ゴジラ祭り開催中!

0.0-1.9逆に観たい
2.0-2.5うーん…嫌い
2.6-2.9微妙…あんまり好きじゃない
3.0-3.2普通に楽しめた
3.3-3.5面白い!好きだ!
3.6-3.8めちゃめちゃ面白い!大好きだ!
3.9-4.1神ってる!死ぬほど好き!
4.2-5.0オールタイムベスト多分死ぬまで好き

映画(1293)
ドラマ(78)

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第4作。モスラ再登場!

突如現れた巨大卵を観光レジャーランドの名物にしようと買収した虎畑と熊山、その卵がモスラの卵だと小美人から聞いた新聞記者酒井たちは卵をインファント島へ返還するよう説得に
>>続きを読む

海底軍艦(1963年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

東宝SF特撮作品、マンダ君初登場回。

各所で土木技師が行方不明になる事件が相次ぐ中、カメラマン西部は被写体にしたい美女神宮寺真琴を追い回しているとムー帝国工作員に襲われる楠見と真琴を助けたことで海底
>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

3.8

シリーズ第3作。

タライ回しにされた企画が何故か東宝に回ってきたキングコングVSモノ!

前作から時間が経過していることもあって特撮技術の向上がもろに出ているのが特徴的。

ファロ島部族の魔神さまぁ
>>続きを読む

モスラ(1961年製作の映画)

3.2

ゴジラシリーズ準レギュラーモスラ君初登場。

水爆実験によって人の住めない土地となったインファント島へ調査に向かった主人公たちは小美人の2人と出会い、帰国後共に調査へ行っていたブローカーネルソンは単独
>>続きを読む

地球防衛軍(1957年製作の映画)

3.3

ゴジラシリーズとは直接関係はないがモゲラの登場という事で鑑賞。

3kmの土地と女を要求する宇宙人ミステリアンと人類との攻防を描く。

スペースゴジラの印象からか、パッケージを見た時は地球防衛軍側にモ
>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ準レギュラーラドン君の冠映画。

何が良いって始まりから終わりまで全て良い!

殺伐とした炭鉱の殺人事件から始まる冒頭は生々しさを感じ、そしてトラウマ怪虫メガヌロン君が気持ち悪い音と共に登場。
>>続きを読む

ゴジラの逆襲(1955年製作の映画)

3.3

シリーズ第2作目。

大人気怪獣アンギラス登場。
愛くるしいビジュアルが本当にキュート。
それだけでこの映画を見る価値があるよね!
チリざまも好き。

あと最後の凍結作戦が見所。

大都会を火の海に変
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.9

記念すべきシリーズ第1作。
邦画パニック映画の金字塔。

1作目の好きな所はシリーズでおざなりになりがちな人物像がしっかり描かれている所。
ゴジラこそが我々にのしかかる水爆そのものという尾形と山根博士
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.6

三大恐怖母ちゃんを上げるならシリアルママ、ワイルドアットハート、あとこれ。笑

なんだかんだでライカで1番好き。

こっちが受ける絵面の恐怖感とキャラクターの怖がり方との温度差があって好き。
もっと怖
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ダーレンアロノフスキーデビュー作初鑑賞。

数式という翼を持って太陽に突き進む学者の末路を描いたイカロスストーリー。
本当この人神話的なの好きだなw

速いカット割りとアブノーマルな絵面とテクノミュー
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

人生というリングに立つまでの物語。

恋も仕事も人生も、糞しょうもないモノと周りからも思われてる、そして自分自身も百円程度のモノと十分理解して生きている。
そんな彼女が32歳にしてやっと見つけた、金に
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.5

ずーっと可愛いやーつ。
穴掘るシーンが特に可愛いやーつ。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.6

クオリティを物凄く上げてきたウェス節全開のストップモーション最新作。

映画好きなのに劇場で見てないとなると非国民扱いされそうなので急いで鑑賞。笑
劇場で観といてよかった!!

ビジュアルをしっかり観
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.9

ジョン・ウィックに凄いハマったので合わせてデビッドリーチ作品を鑑賞。

まじかよ、超えてきたよジョン・ウィック…。
最高すぎる!!!

というのも今作は映画の面白要素を全て満たしてくれる。

去年のベ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.2

はい、今年ベスト。(今年じゃないけど笑)

世の中で創作物の破壊とプライベート空間の踏み荒らし程腹立たしい事はないと思っている自分にはこれ以上ない作り。(物凄く良い意味で、いや良くないか笑)

後半に
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

ジムジャームッシュまったり最新作。

対照的な奥さんとの微妙なズレのある会話劇がとってもファニー。
最初はなんでこの2人が付き合ってんだよ、とちょっと疑問だったがそれもまた人生では当たり前で普通の事で
>>続きを読む

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第五作。堂々の大団円。

内容としては過去作で全部やっちゃってる感じなので盛り上がりにはかけるが暴力は繰り返されるというシリーズのテーマには凄いあってるのでラストという意味でこれはこれで良い終
>>続きを読む

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第四作。

自らの足を使う事のない権力の高い者程のうのうと暮らしていく暴力社会の不条理さと個々の時代の終わりを悟り寒さの中震えながら会話を交わす終幕が超クーーーール!!

淡々と描かれていくス
>>続きを読む

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第三作。

見所はとにかく渋すぎる終わり。
序盤での渡瀬恒彦演じる倉元が広能の若衆として入る所を描いた後、各組での上層部の代理戦争による紆余曲折を見せ続け、最後の最後でピラミッドの最下層である
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第二作。

前作とは打って変わってドラマ要素の強い今作。
とにかくキャラ立ちが凄く、主要キャラクター全員に魅力があり、それぞれに名シーンがあるのが素晴らしい。
特に主演の二人である極悪非道な千
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ちゃぷたー2
前作から続いてまったく勢いが落ちない最高のガンアクションムービー!

前作で少し触れていたミッションインポッシブルな件で協力してもらったせいでダントニオ家のお家騒動に巻き込まれるお話。
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ガンアクションの最高峰!

映画のストーリーを復讐という設定にして説明を最小限に抑え、かつ1番爽快感のあるテーマにしているところと、ひたすら痛快アクションをこれでもかとぶち込んでくる構成はたまらない‼
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.8

バリバリバリラーバリ!!
サホレバーフバリ!!

絶叫上映にて完全版鑑賞。

未公開シーンが前半から結構な量で流れるので見れて本当に良かった。
デーヴァセーナによる未公開ミュージカルシーンは特に必見。
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

フランシス・ハの時もそうだったがグレタ作品はどの映画よりも等身大な作品。

都会へ羽ばたきたくて背伸びをするコトリちゃんの最後の高校生活は思ったようにはいかず、だけど振り返ると愛おしく、母親の気持ちを
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

シリーズ第2作の前夜祭!
まってましたよデッドプール!!

今作見所は予告の通りなんといっても前作を軽く上回るギャグの量とアクションの質。

予想以上に他の映画ネタが多いので映画ファンほど見応えある作
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.7

白石監督が送るウルトラバイオレンス!

ピエール瀧演じる暴力団、リリーフランキー演じる土地転がし、そして山田孝之演じる新聞記者それぞれの凶悪性を描いた傑作。

面会で態度の急変する瞬間がものすごく怖く
>>続きを読む

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

3.8

この腐れ外道‼︎


何処が良いって川谷拓三がボコボコにされる取り調べシーン。
孤狼の血も頑張ってたけどあれには勝てないw

改めて観るとやっぱり菅原文太と松方弘樹の凄みが半端なく、この時代の役者陣ど
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

東映暴力映画の復活!

バイオレンス作品が多い白石監督だが、中でも1番好きなのは凶悪。
実録物とは思えない度を超えた暴力をピエール瀧とリリーフランキーの怪演もあって日常に潜む恐怖をこちらに植え付けてく
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

親子の絆を描く独産大傑作コメディドラマ。

トニエルドマンによる素晴らしきすべり芸には大爆笑!
なんたって無茶苦茶笑うのはトニエルドマンが何処かに消えた後、というよりも出てない時なんだからww

特に
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

難病モノの中でもおかあちゃん難病モノにはめっぽう弱い。

母の闘病生活に耐えられず不安定になる主人公が怪物と出会いアイアムグルート!と3つの物語を踏まえてお説教される物語。




(未鑑賞の方厳禁)
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

傑作ホラーリメイクのチャプター1。

原作は未読なのだがITと言えば冒頭の溝からこんにちはシーン、あれは本当に凄い発明だなと思わず関心。

舞台が80's終わりということもあり絵面や演出も80'sでお
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

キャラクターたちの濃厚な思い出を一緒に振り返っていくようなノスタルジックな作風。

それを強く感じさせてくれたのは1シーン1シーンの綺麗な絵。色味や構図がとても幻想的でアルバムの写真をめくっているよう
>>続きを読む

キャットファイト(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

悪趣味なブラックコメディ。
個人的には凄く好きな一本。

サンドラオー演じる嫌味な金持ち女ヴェロニカが売れない画家であるアンヘッシュ演じるアシュリーとの喧嘩の末昏睡状態に、その後画家として成功したアシ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

世の中には膨大な映画があってその中からかいつまんで見てはいるけれど、それでも初体験ができる映画はなかなか出てこなくなってきてる。

そんな中、この映画は言える。
こんな映画見たことねぇ!!!
見たこと
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ
>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ロックンロールウルトラバイオレンスダイナマイトヘビーメタルスーパームービーを爆音で鑑賞。

POWER OF YOUTH!!!
とにかく勢いが凄い本作はネオン管タイトルコールバイクシーンからぶちかまさ
>>続きを読む

>|