ふほふほさんの映画レビュー・感想・評価

ふほふほ

ふほふほ

映画(464)
ドラマ(0)
アニメ(7)
  • List view
  • Grid view

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

5月4日に鑑賞。
ライトセーバーの闘いは見応えあり。
師弟対決はなんとも歯痒い…
純粋故に暗黒面へと
踏み入れるアナキンがどうも切ない。
ボタンの掛け違いのように進んでいくため
そうじゃないと言ってあ
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

3.9

工藤父が現実世界で名推理。
工藤は仮想世界で奮闘。
些細な伏線をきちんと回収してくれるので
普通に楽しめる。
コナンランキング上位に納得。

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

3.8

工藤と服部、東と西の代表が
名推理。
京都の街並みも楽しめ、中々に良い。

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.9

結論、酒の飲み過ぎは良くない。
何事も適量は大事だな。と。
酒の飲み過ぎは失敗のもと。

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

悪女感が良い。
マフィアは爪が甘い。
サクセスストーリー(?)だけで
終わらせないところがまた良い。

ナチス・バスターズ(2020年製作の映画)

3.0

もっとバスターするのかと期待してたが
思いの外バスターしてないような…
ランボーのかなり劣化版という印象。
全体的に薄っぺらい
邦題がよくないけどこの邦題でないと観ない。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.8

ツッコミどころはそれなりにあるが、
ミステリー映画としてまずまず
楽しめた。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

3.9

次回作へと繋げる為の物語。
グリンデルバルドが今作から役者が
変わったが、これはこれで逆に
良かったとも思える。
上品な雰囲気が更に不気味さを増幅させており、それが返って良きでした。
次回からはいよい
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.9

OLあるあるネタが物語に
なっており、バカリズムが
溶け込み過ぎて違和感なし。
ラストで色々気付かされ綺麗に終わる。
バカリズムの脚本が見事でした。

愛なのに(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

シンプルに良い。
みさきちゃんの若く真っ直ぐな愛と
一花たち大人の少し変わった愛とがいい比較対象にもなっている。
クスッとする部分(ホテルのあの一言や鉄棒のパパさんとか)もあり、全体的に退屈せず観れた
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

3.8

時代背景を知らずに観ると
しんどいかもしれない。
終始白黒で特に起伏もなく
ただ、子役とお婆ちゃんは印象に残った。

ウェディング・ハイ(2022年製作の映画)

4.0

誰が主人公というのがなく、
結婚式自体が主人公のような映画。
観ていて楽しめるし、オチも悪くない。

透明人間(2019年製作の映画)

4.0

ちゃんと透明人間で
いい感じに緊張感があり
最後はちゃんとスッキリ。
悪くない。

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.9

特に波もなくさら〜っと時間が流れていくが、だからといって退屈になることもなくかなり見入ってしまう3時間。
車の中での会話シーンが多く、会話の内容からこちらに想像させるところもまた良い

余命10年(2022年製作の映画)

3.8

リリーフランキーが渋い。
内容は想像通りの展開。
映像と音楽は美しかった。
泣いている人が多かった印象。
ただ、ここが感動シーンですよ感が凄いので、泣ける人は泣けるし、泣けない人は泣けないだろうと思う
>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.0

テレビ版をぎゅぎゅっと2時間に
納めたような感じ。
もちろん、テレビ版には劣りますが…
最後のアニメラストシーンだけなのに
妙に熱くなれた。

オールド(2021年製作の映画)

3.9

悪くない。
謎もちゃんと解説あるし、割と序盤の伏線もあったりで最後もきちんと締まったので良きです。
賛否両論はありそうですが。

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

3.9

中々に濃い3時間でした。
弛みもあまりなく、程よくアクションも
あり割と3時間という体感は感じさせなかったです。
知能犯リドラーはまだ伸びしろある感じですね。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.8

酒のつまみ映画には良いんじゃないかな。
とにかく猟銃でぶっ放す。
最後にはカラスの伏線?を
一応、回収、か。

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年製作の映画)

3.8

ただただおしゃれなポケモン。
最後のあの少女は…
というところも、音楽も全て
おしゃれ。

ドラえもん のび太の日本誕生(1989年製作の映画)

3.5

ただただ声が懐かしい。
昔のドラえもんという感じ。
のび太のペット大臣は中々活躍w

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.9

いや、狂気。
エンドロール最高。
あー、ここで1ヶ月かなーとか思うと
更に楽しい。

グッバイ、ドン・グリーズ!(2022年製作の映画)

3.7

惜しい。
展開の速さに置いてかれた。

アニメ1クール(10〜12話)で
もっと丁寧に描いてるとかなり
評価は上がってたのではないだろうか。

とにかく、惜しい。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

壮大なスターウォーズの世界の1章。
アナキンの未来を知ってるからこそ
哀しい…
映像技術が一気に飛躍したのが
すごい。

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.0

スプラッターなので苦手な人は
見ない方がいい。
ただ、物語は中々に面白い。

大怪獣のあとしまつ(2020年製作の映画)

3.6

シン・ゴジラのような作品と
思ったら大火傷くらいます。

あくまでコメディと割り切ったら…
まあ、うん。

彼の国や今の日本の政治を
皮肉ってる描写は良。

所々いらんなー。と思えるシーンや台詞は
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

ジャバザさんがあっけなかったのは
なんともだけど
序盤から飛ばしてます。
戦闘シーン多めで時間があっという間に
過ぎた。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.9

ヨーダ初登場。
これはこれでよい。
かの有名シーンが描かれてます。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

あの時代での映像美、脚本、音楽。
全てにおいて素晴らしい。
SF映画の代表的な作品。
シリーズ4からなのも粋です

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.7

女の男に対する復讐劇。
男はアホだなーと思いつつ
やってることはいけないこと故に
共感はまず難しい。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.1

下ネタはあれどそれもまた観終わると
良いとなれる。
じーーーーんとくる良い映画。
良い映画だったよ、と誰にでも言える。
そこらにあるような家族映画ではない。

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

3.8

銀魂だなーって感じの作品
序盤の下らん流れからの本題に入る感じもまたよろしい。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スパイダーマンシリーズを昔から
観続けているからこそ圧巻。最高。
アメイジングシリーズは今作の為に観たが観ておいて良かったと言える。
スパイダーマン最高だ。
入場者特典は早速額縁に入れて飾りました

>|