なごさんの映画レビュー・感想・評価

なご

なご

映画(1024)
ドラマ(0)

狂武蔵(2020年製作の映画)

3.6

タクさん、カッコ良い。。
ちゅうか、武蔵の仕込みとか、よく出来てる
ワンカットシーンは、なんかモンハン的なRPGの?ゲームの様で面白かった笑
7年後のタクさんが、色気ありすぎた

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.7

今年ベスト3に入るくらいすごくすごく面白かった。
ルーカスへジズ、愛くるしいわぁ、、
幼少期の頃、歳上のお兄ちゃんたちに憧れるのわかりみが深すぎてゲキヤバかった
車のシーンはこれは、来るな、来る来ると
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

-

冒頭ルーカスへジズさんが吹っ飛ぶので引き込まれました。
にも関わらずその後うとうとしてしまいました。アップリンクは心地いいんだよなぁ、、
絶妙に面白くて、後悔してます
。。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.9

面白かった、
大学生の宗教感あるかんじとても分かる
まだまだ未熟だー

ソワレ(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

さいごぶち抜かれる。。
役者陣はとても良かったが、脚本、、??どうにかならなかったのか

新・仁義なき戦い。(2000年製作の映画)

3.4

途中うとうと。

オープニングカッコいい。。
曲もアガる

トヨエツがなんで佐藤浩いちにあそこまで憎しみを持ったのか、、うとうとしていたのかぼく、、
なんやよう分からんかった

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2019/2020 ロイヤル・バレエ「コッペリア」(2019年製作の映画)

3.8

去年の暮れ、友人に誘われホールでバレエを見た、のが初
今回、ライブシネマにて

生で無いだけ、空気感や熱量は劣るが、普通じゃ見られない細部までアップで、大きなスクリーンで、見られる特別感があった

>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.3

もっとシンプルに菅田くんと小松菜奈が見たかった
都合良く、物事を並べ立てていたのがハマらなかった
しかしゼゼさんは腹括って毎年毎年やるよなぁ

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、、良かったぁ。、。
なんかもう試合見てたもん。
こんなにも吹奏楽の音って響くのか。
自分の高校が甲子園常連高だった為か、とても良く覚えてた。
野球部は皆エラそうというのもよく分かる。それだけ学
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.7

正直あまりハマっては来なかったが、淡々と時間が積み重なっていく様と、主人公の人生の進む速度が心地よかった
勉強不足か、分からない部分もあった

ガチ星(2018年製作の映画)

4.9

久しぶりに震えた、、、
もがけ、、、もがけ
この言葉から逃げていた主人公が、一つ一つ障害を前にしてもがく、が、もがき切れない
自分が駄目であることは自負してるが、もがきたい、けど駄目だ。
痛快な映画だ
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.7

ショッピングモールの章が長く感じるが、エモかったから
メインはショッピングモール、サブが学校な、青春

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.4

ぽんぽんぽんと展開が進んだいくが、どこか置いていかれる感覚が残る。分かんないけど

春なれや(2016年製作の映画)

3.9

自力本願でない結果を伺うのは怖いよ、、
それがどうであれ、桜は散り、また咲く

此の岸のこと(2010年製作の映画)

4.3

いや、素晴らし過ぎる
ダルデンヌを彷彿とさせた

破壊の日(2020年製作の映画)

3.6

なんか、各シーンがダイナマイト的であった
疫病が蔓延している割に規模は小さく思えたけど、
クルーズ船を盗撮していたのにビックリした
疫病退散

女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。 後編 出る!(2015年製作の映画)

3.7

後編になりやっと、トイレだけのワンシチュエーションから抜け出す
中村さんが面白かったのと、マイメロディを見れたから満足でした。
女子中学生の若いパワーであった

女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。 前編 入る?(2015年製作の映画)

3.6

うわコレは見れないかも、、と見続け30分、気が付いたら何もかも受け入れて見終えた

NINIFUNI(2011年製作の映画)

3.9

4年前ほどに見た作品だけど、改めて見てみたら全然違った
田舎道路を雑然と走る車やトラックから、ニニフニまですごく面白かった

鉄拳(1990年製作の映画)

3.6

どついたるねん安達と同じく、再起不能であろう状態に追い込まれ、一度はボクシングから離れるも、また頑張る

レイシスト?軍団たち怖すぎて震えてた

菅原文太が、可愛い、と見えてしまった

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

3.7

初ルパン

よゆうがある格好良さ、次の手順があるから?

面白かったー

ビリケン(1996年製作の映画)

3.6

新世界三部作終わり

阪本順治はちゃんとロマンチックだからステキだ、、

途中の原田さんの俺だって焼肉食いてぇが面白かった
全体的に人人が個性的過ぎてコントのよう

通天閣登ったことないなー

王手(1991年製作の映画)

4.1

すごい、、
僕自身将棋が好きというのもあるかもだけど、めちゃおもろい
てか豊田さんが書いてることに尚ほれぼれする
二重刺しとかの反則負けとか初めて知ることが多い、細部まで将棋に凝ってる

赤井英和がま
>>続きを読む

どついたるねん(1989年製作の映画)

4.0

何年かぶりに
面白かった、、全然覚えてなかったけど、エイジがチキンをむしゃむしゃするシーンだけは覚えてた
あの後のゲーまじなんだー
夢に出てくる裸の男の正体はたぶん自分自身で、最後フックを清太に決める
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.1

突き刺される、、
変わりたくて変わりたくて毎日うなだれている間に、周りは必然的に変化していってしまうすれ違い

あの日目の当たりにしたスタンディングオベーションと最後が同じ位置だったり、とにかく綿密
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.6

久しぶりにこう言ったアメリカのキラキラしたやつを見たから興奮した
体感が長くて長くてそこは残念

ルーカスヘジス良いなぁ

燕 Yan(2020年製作の映画)

3.6

兄弟の思いが通じていた場面にグッときたが、どこかMVチックなのと、生活感がもっと欲しかったように感じました
テイ龍進さん、好きだけど、北京語??だっけ忘れたけど、その言語を喋って芝居するの尚好き、日本
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

これ見たことない、と、ある友人に言うと、逆にまだ見ていないことが羨ましいと言われる。オーシャンズシリーズと同じ現象だ。

おもしろすぎた。。
ちょっとなにこれレベル
ラストシーンの雨に濡れて橋を歩いて
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.8

エルファニングがひたすら良かった、、
みおえ、友人と話していたがティモシーシャラめは主演より助演の方が彼自身も作品的にもバえる気がした

セレーナゴメスさんはああいうゴッツセレブじゃない役もハマるなー
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

3.8

面白かった
時には切り捨てる勇気
それがアダとなろうと
その際の勇気がのちにアンアダとなる、、

かふぇのお客さん荒過ぎ

マンハッタン(1979年製作の映画)

4.0

おもしろすぎやしないか
17歳の少女と親友の愛人との間を行き来する40歳前半男性

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.7

実は見るのはじめて。
はじめてが映画館である幸せ

凄すぎる、、テーマがテーマなだけに誰も悪く描かれない、生きていく上で生じる欲望
こんなにカッコいいラブストーリーない

>|