なにがでっきょんな

なにがでっきょんな

香川在住 映画館で観ることを大切にしています。
なんでも観ますがレビューを書くのは苦手で、感想は語り合いたいですね。
基本映画館で観たものの感想です。
もっぱら息子2人と感想を言い合う日々です。

  • List view
  • Grid view

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

記録
何も考えずに見れて楽しかった。
ミニオンの活躍は予告編を見てると物足りない。ただただ可愛いいです。

80年代を体験している自分には曲も、ファッションも楽しめました

魔法少女リリカルなのは Reflection(2017年製作の映画)

3.0

記録
何も知らずに初見です。最近のアニメへの偏見はうすらいでいたはずですが、50のおっさんにはつらい作品でした。目の大きさにやられ、キャラの区別がつきません。
戦闘の描写は派手ですが、インフレがすごす
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.5

記録
アニメ版は劇場で鑑賞済
「あの花」のTV版のキャストの酷さがあったので心配していました。結果から言えば女性陣はともかく男性陣は如何なものかと....
中島健人の唄は聴いて入られませんでした。
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

3.5

記録
フェイクドキュメンタリー?
こういった形でないと世に出せないのが哀しい。
旧友の弁護士さんとのやりとり 笑顔で話す姿は素敵でした。

オープニングの道路事情 怖いですね。色々なところで日本は恵
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.0

記録
何も知識なく鑑賞 サスペンスかと思ったら、結構ホラーで驚きました。途中からついつい、どこかに写り込んでいないか気になりました。
買物係と霊媒師 (イタコ?)で共通項があるのかな?いまいち題名の意
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.0

記録
ポケモンはさすがにと思い、こちらを初めて鑑賞
車は好きだけど、知識はなし
ロッキー3 だなと思いながら鑑賞 どうせなら最後までロッキー3でいってほしかった。トレーナーとのやりとりはドリーとの会話
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

記録
戦隊ものというより青春群像劇の印象かな。変身までが長いのはコンバトラーⅤを思いだした。長すぎる意見もあるけど、それは気にならなかった。ただ敵に魅力がなく、造形はまだ見てないけどマミーの劣化版に見
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

記録
映画的派手さのない、しかし目が離せない。
主人公のみならず、でてくる人みんなの喋りも台詞じゃなくて本当に会話してるようで 落としどころも、映画的法則じゃなくて妙に現実的だし

夫婦関係 人間
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.2

記録
ユーミンの唄だったり、男女は違うけど漫画の「オッス ミリちゃん」を思い出しました。

楽しく、クスッと笑えます。ただ後半に向かうにつれ笑えなくなりました。付き合うことがゴールじゃなくて、スタート
>>続きを読む

結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第3章「やくそく」(2017年製作の映画)

3.9

記録
前2作を観ていたので鑑賞 劇場は男子学生のグループばかりでした。50歳のおじさん1人は浮いていたかな。
深夜アニメ特有のまったりというか、萌えは苦手なので、前2作より見れました。
全く知らなかっ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

記録
今までのジブリ作品を見ていなければそれなりに楽しめるのかもしれませんが...
ところどころで、ラピュタ もののけ 魔女のの絵と被ってしまいました。新海 誠の「星を追う子供」を見た時と同じような気
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.2

記録
痛さを感じるアクション 何度も車にはねられ、階段を転げ落ち、道路での投げ技等々 頭を撃ち抜かれるガンアクションといい、見ていてゾクゾクしました。
ただ旧友との人混みでの歩きながらの撃ち合いのシー
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

記録
馬鹿とクズが出て、こうなるわなぁ〜って話
予告も馬鹿みたいだったけど、中身もコメディでしたね。
こういう悪あがきがリアルなのかもしれないけど、馬鹿みたいでした。スカッとはしないなぁ。

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.0

記録
プラダを着た悪魔のモデルの人だったのですね。納得
説明に台詞に眼が追いつかず、大変でした。ブルーレイが出たら見直したいですね。
本当にハイソな人達のパーティの一端が観れたのも興味深く、ラストの編
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.5

記録
アップの描写があまりに多いのには驚きましたが、映像はきれいですよね。
意図的に?ハンディカメラのようなぐらつきがありますが、個人的には酔わずに、いい味に感じました。
途中意見のやりとりにドキドキ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

記録
世界観というか、風習というか、環境というか そうなんだろうなぁという感覚で見ました。
セールスマンの題名がピンとこなかった

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

記録
彼女とのやりとり 特に献血のシーンがいい。それに続く崖登りもよかった。
軍法会議もよかった。

戦争シーンは、覚悟していたけど、見ていて辛い。場所は沖縄、相手は日本人だし...
アメリカ側から見
>>続きを読む

サラエヴォの銃声(2016年製作の映画)

3.0

記録
見るには歴史を知らなさすぎた。事件があったことだけでは理解は無理
ジャーナリストとの迫力ある長回しのシーン 意味がわからないのが残念。香川では1週間限定なので再度劇場での鑑賞が難しく残念。
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

記録
滝登りのCGは笑っちゃいましたが、MADMAXや300を彷彿させるキャラクターやバトルシーンは楽しめました。
話は続くのですね。裏切りのところ見たいからきたら行くかな。自分にはいいい意味で期待を
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

記録
ウッデイアレンは意識せず鑑賞
アイゼンバーグ いつも早口で情緒不安定な 意識高い系に憧れる設定がハマりすぎ。
アデラインやロストバケーションの女優さん 素敵です。なんかでてるだけで見に行きたいで
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

1.5

記録
清水監督に期待して鑑賞 予想通り裏切られました。

ビジュアルは光る眼、謎解きはリングを真似た印象しかありません。突っ込む作品じゃないとわかっていてもいろいろなことを言いたくなります。

録音し
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

3.5

記録
予告からはB級感しか感じませんでしたが、意外に迫力があり、驚きました。ただ、シャーロックホームズで見た描写が多く、途中からは飽きちゃいました。
オープニングのバトルが絵的にも面白かったのですが、
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

記録
こういった形で映画にするアメリカに脱帽
日本だと人権だなんだといわれてお蔵入りになるのかな
犯人の動機や背景が不十分だが、911の政府の陰謀説もでているのはいい。今の日本は漫画ですらやめさせられ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

記録
100人以上の鑑賞客のほとんどが女性で、男性1人での鑑賞は自分だけみたい(カップルは何組かいたようだけど)
ドラマは知らない、不倫ものという知識だけで鑑賞
内容は まあこうなるよね〜と思いました
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

記録
オリジナルを当時劇場で見ていた身としては、全体に弱いってのが最初に思った印象です。
オリジナルの痛さ、狂気、迫力が足りません。伊藤英明はもっと狂ってほしかった。真犯人のサイコパス度も弱く、結構早
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.8

記録
原作未読 越妙な微妙さがいい。音楽もトランスに誘ういゃ〜な感じがしてGood
ミスコンの軽さがリアルでよかった。温暖化を問題にしているので、綺麗事で終わるのかと思ったら、佐々木蔵之介の意見になる
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

記録
ルーニーマーラーとの出会い、道路を挟んでのやりとりがとても可愛く素敵でした。
ストーリーはわかっていましたが、タイトルの意味がわかった時はグッときました。
少年時代、とても可愛く一生懸命走ったり
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.0

記録
最初から胸糞悪い展開で、いかにも韓国映画という展開で楽しめました。
雨中のカーチェイス、ラストの惨劇と迫力に圧倒されました。
市長の悪態には何処かの国の政治家が可愛く思えるほどでした。
コクソン
>>続きを読む

娘よ(2014年製作の映画)

3.5

記録
逃走劇としてはよくある感じだけど、舞台が中東、10歳の娘の政略結婚、女性の人権無視等ドキドキして見れました。母親も、またその母親も大変な思いをしてきたこと、娘に対しての申し訳なさが胸をつきます。
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

記録
X–MEN 最初のシリーズが本当に終わったなって感じました。
バトルの描写はグロいシーンが多く、ちょっとと思いました。
ただ最期に、子供達の力が解放される時は溜飲が下がりました。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

記録
内容的には、語弊があるかもしれませんが普通
ただ、ブラック企業の描写が見ていて辛い。幸い自分の仕事は薄給以外文句はないが、映画の描写はデフォルメじゃないってことが怖い。
大ヒットは難しいかもしれ
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

記録
たまむすびで紹介されてから楽しみにしてました。南キャンの山チャンが楽しめたのはわかりますが、赤江さんよく妊娠中に見れたなぁと感心しました。
田舎のため、上映に時間がかかり、情報もいくらか聞いてい
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

5.0

記録
父親人魚の行動に涙、オジイ、オバアに涙
詭弁踊の姿にクスッとし、四畳半のキャラの面影にワクワクしたり、結構ドキドキしながら楽しめました。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.7

記録
前半、最近の屈折した若者 貧困描写は正直よくある印象でした。早口の池松壮亮は新鮮でした。

ただ後半、走ってからの池松壮亮は可愛らしくよかった。展開が早いかなとは思いましたが。

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

4.0

記録
予備知識無しでしたが、香川での上映はないので、上京の機会に高校生の息子と劇場で鑑賞しました。
設定はアニメではよくある機械に支配された未来ものだとは思いますが、CGの絵も綺麗で楽しめました。原作
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

記録
インターステラーとコンタクト、サインを合わせて未知との遭遇を作ったみたい。
低音のBGMは効果的でしたが、夢オチとはいわないけど、なんでもありかなぁ ドキドキしながら見れたけど。

>|