NaokiMoritaさんの映画レビュー・感想・評価

NaokiMorita

NaokiMorita

映画が好き / 配給会社で働きながらコツコツと

アダプテーション(2002年製作の映画)

2.5

カウフマンもスパイクジョーンズも好きだけど、これは珍品…。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.5

さすがに「攻殻機動隊」を2時間に納めるのは無理だったようです。

BOY A(2007年製作の映画)

3.5

少年犯罪を犯し、懲役10年となった少年の釈放後を描く。人生は一度の失敗で終わるのか。反省も後悔も、結局は無意味なのか。
ちょっと主題は違うけれど、不倫問題でわーきゃー言って他人を血祭りにあげることが大
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

-

ホイットニーヒューストンのGreatest Love of allのシーンが最高です。父の伴奏と娘の歌。

ライフ(2017年製作の映画)

2.0

既視感ありありの物語設定で、既視感ありありの展開と既視感ありありのクリーチャー。これを見るなら「物体x」をもう一度見よう。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.0

エモい高橋一生を楽しみたいならいいと思います。映像的に不可解な部分が多くて、「え、これ必要?」「何のため?」と意図が特に感じられないことが多すぎた。小説はなかなか良いらしいので、監督とは感性があわなか>>続きを読む

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

3.5

マイケル・ベイ監督はCGで塗り固められたロボット映画よりも、こういう生々しい映画のほうが絶対にいいと思う。

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.5

予想よりも全然よかった。
SNSが多くの不幸をうむ悪魔のツールのように最初は描かれるが、結局あかん人間はどんなツールを使おうがあかんのです。そういう映画。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.3

チャーリー・カウフマン脚本作品は設定がほんと好き

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.9

決してポスタービジュアルのようなエンタメではなく、金融市場崩壊の原因と、その崩壊が何を意味するのかを見せてくれる映画。

人は何もなかった自然の中で社会というコミニュティを形成し、お金という共通思想を
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.7

予想以上に面白い。あれだけ大騒ぎしてきたミュータントが身を潜めて滅びつつあるっていうのが良い。戦闘描写もバイオレンス満載のリアリティあるものに。こういう方向性でいってくれるならX-MENシリーズまだま>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

「他人の望むように生きるほうが罪だ。何の為に生きるなんて本当は自分が1番分かっている。ただ生きるだけだ。」

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.5

テニスラケットでパスタ豪快に茹でてるやつが大企業のアイドルを落とすだと…!?

トレジャーハンター・クミコ(2014年製作の映画)

4.0

衝撃。
映画が、人を殺す。

裏オスカーとも言われるインディペンデント・スピリット賞で菊地凛子が史上2人目の主演女優賞を獲得した作品。(1人目は「ミステリー・トレイン」の工藤夕貴)
この人はやっぱり
>>続きを読む

>|