sさんの映画レビュー・感想・評価

s

s

ラッシュアワー3(2007年製作の映画)

3.5

真田広之が弟分って!そしてパリの意味!ツッコミどころ満載だけどこれはこれで。スーヤン可愛い。

ラッシュアワー2(2001年製作の映画)

3.5

2になると途端に面白くなくなるものも多い中、しっかり面白い!

ザ・フライ(1986年製作の映画)

2.5

切ないけど気持ち悪い!!!
やっぱりハエ男なんて無理だろー

LOU ルー(2022年製作の映画)

4.0

島独特の雰囲気を見せつつ始まるルーの生活や人付き合い…からの車爆弾はちょっと世界観が違いすぎない?!と思ったけど最後まで見てよかった。そうゆうこと!?ってなります。浜辺でのシーンは音もなくただただ美し>>続きを読む

ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウト(2020年製作の映画)

3.0

完全にクリスマスだからって調子乗ったハーパーのせいじゃん!アビーが可哀想すぎて見るのが辛く同情した。でもジョンがちょーいいやつ。ハーパーがアビーを想う愛と家族へのカミングアウトは別物って話すシーンすご>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.5

こんな祝われ方は絶対にいやだっ!!!
面白くあっという間に見終わる。前半と後半でマイケルダグラスの顔つきがかなり変わってくるのも面白い。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.5

あと何回繰り返せば終わりになるのか…現実問題を突きつけられる。若干警察官のわざとらしい感じは意図的か疑問だけど。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.0

ジャッキーチェンの凄さを改めて感じる。若い頃のキレッキレも好きだけど、いい歳の取り方したこの動きもまたよい。もちろんストーリーも面白い。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.0

犬がぁ…気持ち悪くてすごい!映画館で見たら迫力あるだろうな。

ラスト・シフト(2020年製作の映画)

3.0

ラストがいい。お互いの存在を確認し気まずくなってバスを降りるスタンリー、特に声もかけない、スタンリーは来た道を戻りジェボンは前に進んでいく。お互いの情景は見てる側に委ねられているようにも感じた。途中ス>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.5

ちょっと変わった形で子を想う気持ちが見れる。こんな父親いたら嬉しい、でもパートナーとしてはどんなもんかな。ロビンウィリアムズは見てて安心する。

ジャック(1996年製作の映画)

3.5

子どもの純粋さって時に傷つくけど、その純粋さに救われることもある。家庭教師がいい、味方になってくれる大人がいるって大事。

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

3.0

休憩のタイマーなった時と何か飲んでる時とゲームしてる時だけ感情が爆発するの笑う。最後まで喋らないのもいい。

ダンプリン(2018年製作の映画)

2.5

母に負けじと己を信じて突き進めば仲間も増える!

デイ・シフト(2022年製作の映画)

3.0

Big Jーーーー!!!ラストに言いたくなる。ラスボス相手にあっさりしすぎ感。ごろごろ死体転がっててもピクルスちゃんメンタル強めで将来バンパイアハンターになるって笑
カーラソウザが可愛い。

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

2.0

おばあちゃん最高!だけ。期待して見たけどみんながいうほど面白いとも思えず…長かった…

マッド・ファット・ワイフ(2007年製作の映画)

3.0

気軽に見れてしっかり面白い。安定のエディーマーフィー!大好き!

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

2.0

え?え?ビーが悪魔と契約したのはそうゆうこと?!なんでここでハートフル!?な演出!?1のままポップなホラーがよかった。

マーウェン(2018年製作の映画)

3.5

マークのことをよく知らないニコルにとっては、名前を使われ結婚までさせられたフィギュアを見たら恐怖なのでは…少し同情。事件の引き金となってしまったハイヒールへの愛をもう少し知りたかった。実話を元に、人形>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

4.0

ツッコミどころ満載なストーリーだけど90年代だから許されるような…単純明快で面白い!

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

静かに淡々と進んでいくようで、人との出会いで毎日に変化を見せる。あまり詩が身近じゃないから、共感はできなかったけど無理に共感する必要もない感じは心地いい。奥さんのこと愛してるけど、不満があるようにも見>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.0

完全に全てを諦めて子どもの言いなりになっとけば楽だもんね。
家を飛び出した時、実家に戻れてたらよかったのに…自分勝手な家族の話。

僕のミッシー(2020年製作の映画)

3.0

ミッシーのクレイジーっぷりにドン引き。でも最後には可愛く見えてくるのはなぜなの。

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.5

フレッドの全てを見せず、語らずがちょうどよく、実際の人間性を表すようですごくよかった。これがフレッドの若かりし頃の話や息子との話、仕事とプライベートとの向き合い方なんか語り出したらこんな綺麗にはまとま>>続きを読む

ムクドリ(2021年製作の映画)

3.0

メリッサはSon of a bitch!のセリフがよく似合う(褒めてる)ラストでも言ってるけど愛がこもってて好き。娘の死は深く掘り下げず、夫婦の再起とそれを手伝う人との話。メリッサがカーペットにできた>>続きを読む

チャーリーと14人のキッズ(2003年製作の映画)

3.5

男だって育児ができる!いい会社でバリバリ働くのもいいけど、子どもたちと一緒に過ごす方が大切なことに気づく。たまに見たくなるコメディ!

ディープエンド・オブ・オーシャン(1999年製作の映画)

3.0

この作品の主人公はお兄ちゃんだと感じた。寂しがり屋で家族思いな彼だからこそ、両親が悲しみケンカする姿は彼の傷に塩を塗りさらに追い込む。長年苦しんでいるのに、思春期もあって反抗的な態度だと誤解されてしま>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ピクチャー:写真はその闇を語る(2022年製作の映画)

3.0

まるで映画を見ているような、信じられない話ばかり。とても強烈で胸に突き刺さる。彼女と息子が安らかに眠ることを祈る。

ミアとホワイトライオン 奇跡の1300⽇(2018年製作の映画)

4.0

ミアもチャーリーもその他キャストも、みんなしっかり歳を重ねていると思ったら撮影に3年かかったと。ミアとチャーリーの絆も3年分あるわけだから、しっくりくるわけだ。ライオンが絶滅してしまうなんて知らなかっ>>続きを読む