ニックさんの映画レビュー・感想・評価

ニック

ニック

  • 87Marks
  • 2Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.6

これは、ホラーというか、なんというか……。
目の見えない退役軍人の超人的パワーの前に、盗みに侵入した3人組は絶体絶命!
更に犠牲者を乗り越えて逃げ切ったロッキーだが、退役軍人の奇跡の生命力におびえるの
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

うーん、確かにこんな人たちと一つ屋根の下で夜を過ごしたら怖いだろうな。そういう意味では、なかなか良いホラーだった。

どんなときもカメラを離さず撮影している主人公の少女のカメラを通した視点で、ほとんど
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.9

うーん、途中までいい線いってたんだけどなあ。チャーリーの事故死場面なんかほんとグロくて、その後一家に次々と起こる変異は確かに怖い?というか、気持ちわるくて、でも最後のオチがまるでカルト儀式ですか?レベ>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

1.5

なんじゃこりゃ。
レザーフェィスたち一家の目的や正体もわからないし、じいさんて何なの?
サリーのキャーキャーいう叫び声がうるさい。
ホラーでも何でもないし、怖くもなんともない。
名作といわれるが、ちっ
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

4.5

いやあ、ホラーというより、サスペンス!でも、ハラハラドキドキ度は高し!
エスターの正体がわかるまでは、なぜ?の連続だったが、正体がわかるとさもありなん、とその行動に納得。
結局、コールマン家に多大な犠
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

3.5

50年前のこの作品、少年の日から気になってた。BSで録画したのをやっと見終わる。
意外と普通の刑事だったんだ。はめをはずして暴走するわけでもなく。
ただ根っからの正義感なのね。上からの圧力とかもあって
>>続きを読む

オルカ(1977年製作の映画)

3.0

中学生の時、劇場で見たかったのにかなわず、やっとBS-TBSで放送・録画したのを見た。
このアプリでの評価はかなり良いけど、私は見ていてイライラした。
40年以上前の特撮だけど、工夫してあるし、リチャ
>>続きを読む

ずぶぬれて犬ころ(2018年製作の映画)

1.0

ひどい映画だった。怒りさえ湧いてきた。
現代の中学生への「いじめ」と住宅顕信の人生を、俳句を紐帯として交互に描くのだが、まず描かれるのは「いじめ」ではなく「暴行・傷害」であり、気づいても何も動かない中
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.7

レイアも死んじゃった。自分が少年の頃の、スター・ウォーズのレギュラーが死ぬのは辛いね。ルークやハン・ソロ(前作ではヨーダも)は幽霊みたいになって出てくるし、本当にファンタジーだなあ。レイが悩みすぎ。ラ>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

前作『フォースの覚醒』からかなりの時間が経ったので、あまりストーリーがわからず、とにかくルーク・スカイウォーカーが煮えきらず、屁理屈ばかりで退屈した。
なんか、哲学なんてどうでもいいから、問答無用の痛
>>続きを読む

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿(2009年製作の映画)

4.0

安定の「相棒」シリーズ。やはり、面白い。萩原聖人の声、ペ・ヨンジュンだった。

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

3.5

007とハン・ソロのタッグでエイリアンと戦うような、しかし、正統的西部劇のテイストをしっかりと感じさせる佳作。
日本でサムライとエイリアンが戦う映画を作ったら、つまらないものができそうだが、さすがハリ
>>続きを読む

パラダイス・ネクスト(2019年製作の映画)

3.0

トヨエツがかっこいいし、ニッキー・シエがかわいい。トヨエツとブッキーの共演、しかも全編台湾ロケということで楽しみにしていた映画だけど。
よくある、行間を観客が読み取らなければいけないという手の映画ね。
>>続きを読む

キッド(1921年製作の映画)

4.0

NHK BSプレミアムの録画で鑑賞。
100年前の作品で、サイレントで、とても単純な映画だが、そのなかで最大限の面白さを作り上げたチャップリンはやはり天才。
実はチャップリン映画とは縁がなく、これが最
>>続きを読む

相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ(2014年製作の映画)

4.0

安定の面白さ。映画版なので、杉下右京に大自然の中を走らせたりしているが、これは無理あり。やはり、相棒は大都会で繰り広げてほしい。

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞。ところどころ記憶にあったのだが、ほとんど覚えていなくて、新鮮な気持ちで楽しめた。
よくできている。ハラハラドキドキ具合はかなりのものだ。
ゾンビ映画の上級作品だ。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.9

ロメロの『ゾンビ』から30年ほど経つと、ゾンビ映画は自由自在だ。さまざまなシチュエーションの中で、いろんな遊び心満載となる。
この映画、軽くてコメディー調だが、ラストのパシフィック・プレイランドの大立
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

4.5

スピーディーな展開、錯綜するイメージが組み合わされて紡がれるエピソード、一見イライラする短いカットの嵐、役所広司演じる藤島のバイタリティー、殴られても蹴られても撃たれても刺されても鈍器で殴られても、血>>続きを読む

しなの川(1973年製作の映画)

3.5

由美かおるが美しい。由美かおる演じる魔性の女・雪絵がすごい。仲雅美演じる竜吉を手玉に取り、岡田祐介演じる沖島を「情熱の末路を見たかったから」と言い追いかけてその気にさせた後に捨て、再度竜吉を誑かし心中>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

4.0

前半は設定がわざとらしいなーと思いつつ、こりゃ失敗したかな、もう見るのやめようかな、などという気持ちで後半に突入、だんだん盛り上がってきて、信頼とか、友情とか、信実といったものの美しさが、かわいらしい>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

1.0

ひどいアニメだった。科学(めいた、わけのわからん)用語をやたら繰り出し、視聴者を煙に巻き、何がどうなって、どうなったのかほとんどの視聴者が理解できないままにハッピーエンドにしてしまう。直実が一行さんを>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.3

BSで放送してて、面白そうだという直感で録画して見てみたら、やっぱり面白かった!主人公ナンシーが鮫に執拗に襲われる中、次のシーンは大丈夫だろうか?とハラハラドキドキ、後半からは闘志をふりしぼって戦って>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

1.0

馴染みの場所がロケで使われているし、有村架純が好きなので見てみたけど。
まず、大好きな有村架純が、不思議と魅力がなかった。
大人の作り出したおとぎ話を演じさせられている子どもたち、という印象。16歳く
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

いいね、この映画。原作読了後、すぐに見てみたのだが、役所広司が主人のガミさんにぴったし。
大筋は原作通りだが、細部は原作をかなり逸脱して再構成している。そのおかげで、映像作品として、分かりやすく、よく
>>続きを読む

仮面ライダー1号(2016年製作の映画)

2.0

藤岡弘、が太すぎて、1号ライダーも太かった。69歳の本郷猛は、嬉しいことは嬉しいが、複雑である。
藤岡自身も制作に深く関わったそうだが、やはり、往年の1号を知るものとしては、残念すぎる作品だ。一度死ん
>>続きを読む

東京ヴァンパイアホテル(2017年製作の映画)

3.0

夏帆はかわいい。特に森七菜が超かわいい。
冨手麻妙も神楽坂恵も、安達祐実も、しょこたんも、この作品では色褪せている。満島真之介も、なんかなー。それも監督のせいかな。
このキャストでこの素材で、もっと面
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

4.5

面白かった!王道のゾンビ禍の中でのサバイバルもの。本当にドキドキして、主人公たちのサバイバルを見守った。こういうゾンビもの、大好き!
最後、救われてよかった。ドキドキハラハラさせてのハッピーエンド、王
>>続きを読む

戦国自衛隊1549(2005年製作の映画)

4.0

半村良の原作や、それを基にした旧作よりも、後の人々の多くの叡知が結集されての娯楽大作に仕上がっていた。しかし、大元を創作した半村良は、やはり偉大だ!
CGを使用したりしてずいぶんとド派手な作品となり、
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.8

面白かったので、一気に見た。前半は最近の政権の腐敗っぷりを思わせる既視感で、よくこれだけ映像化したよな、と思うと同時に、現実を想起させられてげんなりとしたが、後半は生物化学兵器開発のための新大学設置と>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

4.1

やっぱり、永井豪の巨大ロボットものはかっけーなー。あれから10年だけではなく、40年、50年後の次の世代の活躍を描いてほしいなあ。兜甲児や剣鉄也はもういいから。
あと、宇門大介はどうした?
ビジュアル
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.5

分かりやすくて、感動できる!こういう作品はいいなあ!最後は泣けた!広瀬すずも最高!

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

マーベル作品の一環。スライムか腐肉みたいで気持ちわるいけど、飽きさせず痛快!いつかMCUのスパイダーマンとの共演なるか?

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

1.0

虫が気持ち悪い。虫に優しさが通じるとか、設定的に無理。ジブリは出てくる生物が気持ち悪くて好きになれない。評判のナウシカ、やっと見ることができたが、どこがいいのかわからない。たぶん、ジブリとは徹底的に相>>続きを読む

サイボーグ009VSデビルマン(2015年製作の映画)

2.5

私にとっての009は1960年代のモノクロのテレビアニメに始まる。すんごくかっこよかった。主題歌も素晴らしかった。それから幾星霜。009は何度もアニメ化され、どんどんかっこよさを増していき、とうとうこ>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

1.0

駄作。モンスターの類いがウジャウジャ出てくるけど、ホラーではない。クリス・ヘムズワースが出てくるけど、この映画の公開前年に既に「マイティ・ソー」が公開されている。どちらを先に撮影したかは知らないけど、>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

1回見たのだが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」を見てからもう一度見直してみた。理解が違ってくるね。スパイダーマンは今時の高校生で、MJとの恋が一番の関心事。全体的にトーンも明るい。ピンチにもアベンジ>>続きを読む

>|