にさんの映画レビュー・感想・評価

に

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公の爆発した感情によって始末していく清々しさや不穏な空気、なんとなく後ろ髪引かれる感じが音楽とマッチしていて良かった。
彼女のカラフルな爪がずっと怖かった…
主人公も過去に囚われてしまって、ハッピ
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.5

大人の事情で悲しい人も苦しむ人もたくさんいるのかもな…

ピアッシング(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでからの鑑賞。

やっぱり映画の方がリアリティーはあったけれど、原作を読んでいたときの方がゾクゾクした…
狂気がアイスピックなのがまた怖いのよね〜太ももの穴が怖い。
最初の赤ちゃんも怖い。
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.7

絵が可愛くて、色合いもポップで楽しい映画だった!
藤山のおじいちゃんが泣いちゃったときに可哀想で一緒に泣いちゃった。

やまざくら かわいいこの葉 
ぼくはすき


杉咲花ちゃんって声優もお上手◎
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.8

初々しく眩しくて、自分の感情剥き出しで揺らいでぶつかり合うナイフのような危うさ。

重岡くんの演技いいなあ〜

原作と全然違うし、ストーリーを掴むのは難しいけれど、私は好きだった。主演の2人が美しい…

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

気になる人に声をかけてみたいけど、かけれないから自分の中の別世界で話をかけてみたり、産休でずる休みしたり、他人を装って同窓会主催したり…
口も悪いし、やること破茶滅茶だけど自分の生きやすい生き方をする
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.8


誰かを想う時間って、例え実らなくても大切なものなんだなあと思った。

好きだけど好きだと言わない言えない、もどかしさってなんだか甘酸っぱいなあ…

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.9

My name is yours

わたしの名前はあなたのですっていいな

繊細で傷つきやすいくせに、ハイスピードで加速してぶつかって傷ついて泣いて、でもそれを分かち合う仲間がいて青春の匂いが漂ってた
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

鼻の奥から血の匂いがするような気分になった…

Fukaseさんの表情と仕草はもちろん
愛らしいビジュアルさえ不気味で狂気的で、最後まで観るのが本当に怖かった。

声が透き通っていて、ひやっとしていて
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.7

作戦実行!となった瞬間にビビり始めるのがグラグラと揺らぐ子供と大人の間って感じがした。
大きな本を持ってるのにエレベーターが開いちゃった時はヒヤヒヤしたよ…

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

4.0

すごく生々しかったけど面白かった!

パズルのピースがハマっていくようなストーリー進行が良かった。


ユカみたいな女の子がなんだかんだみんなから好かれるんだろうなとか思っちゃいました〜
コーヒーぶっ
>>続きを読む

色あせてカラフル(2015年製作の映画)

3.9

淡々としていながらも、サラっとぐっとくるようなセリフがちらほらあって結構好きな映画だった。
「ほんとの過去はその人にしかしらない」
自分では分かっていることなんだけど、なんで人に言われるとこんなにもし
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

くれなずむ とは日が暮れそうでなかなか暮れないでいる状態を表す「暮れなずむ」を変化させ、命令形にした造語。とパンフレットにあった。
みんなの中の吉尾の存在がそんな不安定なもので、消えそうで消えない記憶
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.8


思っていることを伝えるのは、自分にとっても相手にとっても大切なこと。

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いたって正常な人が入院してもおかしくなりそうなクワイエットルーム。
閉鎖病棟って、たくさん人が居るのにみんな孤独な感じがリアルで怖かった。

結構ポップに描かれていたけど、それが無かったら本当に気が参
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.9

スタバのメニューでデカフェを見るたびにこの長澤まさみを思い出す。


真木よう子の飛び蹴り痺れるう〜


彼氏がいたらライバルは1人って名言だな

街の上で(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

コロナ前に前売り券を購入し、待ちに待った鑑賞。


なんだか前から知っていたような、既視感があってふわふわと心地よかった。

特別なことが起きるわけじゃないけれど、下北沢という街の上でだからこその良さ
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

草彅くんの目がもう女性の目で、特に髪の毛を切ったあとでも女性なんだと思ってしまうような目づかい、それも徐々にイチカの母親だと思わせるような優しい眼差しが素晴らしかった。


バレエの華やかな世界とは裏
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.4

主人公だけではなく、色々な登場人物の立場によっては思うことが違ってくるんだなとぐるぐる焦点を変えて何度も観た映画。それでも客観的に観てもイジメには心が痛む…

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.2

色合いが可愛い楽しい映画。絵本を観てるような感覚になった!

三月のライオン デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.8

綺麗なのに悶々としている、不思議な感覚だった…

自分が産まれる前にできた映画で
本当に日本なのか、こんな場所って本当にあるの?ってくらいちょっと不気味な風景さえも愛おしく思えた。でも、なんだかずっと
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて一足先に鑑賞


予告編も観たけれど、主演の2人の掛け合いがどのシーンもテンポよく良かった。


割と序盤で成田凌さんの引き笑い?
変な笑い方がめちゃくちゃ面白くて
しばらくツボに入ってしま
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

結末が見えていながらも、温かい気持ちでみることができた。

(最終的には号泣した)


お互い好きなだけじゃ一緒にいられないってすごくリアルな恋愛観。


正直、最初はちょっとマニアックなネタが多くて
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

古舘さんの演技が良い。

周りの人がみんな優しいのは一生懸命だからなんだなあと思った。

ぼあだむ〜!銀杏BOYZ〜!



こう、引っかかるような思い出とかトラウマとかって学生のときに体験したものが
>>続きを読む

>|