モナビュールさんの映画レビュー・感想・評価

モナビュール

モナビュール

最近スコアに自信がなくなってきました…。
極端に良かった(そうでなかった…)作品以外は
感覚でスコアしてますのでご了承ください。

映画(228)
ドラマ(0)

恋におちて(1984年製作の映画)

-

冒頭のやたらすれ違う二人とか
THE・ラブストーリーですね。
うん、全体的にそんな感じ。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

-

同名アルバムの制作風景やライブ映像、
メンバー各々のインタビューで
構成されたドキュメンタリー映画。
アルバムを聴いていない人でも
楽しめるように作られていますが、
内容はライナーノーツ的なものなので
>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

-

シンプルなサスペンス。
緊迫感は控えめ、比較的マイルドな映画。

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

-

ヒッチコック?デパルマ?
二番煎じ感が凄い。
キャラクターが微妙。

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

3.8

思ってたより強烈さは感じなかった。
超有名な劇伴音楽が秀逸。

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

4.7

素晴らしい作品でした。
シンプルかつ秀逸なストーリーを辿りつつ
映像や音楽が非常に体感的。
観ているだけで心が落ち着く感じ。
言葉がいらない映画。さすがリンチ監督。

回転(1961年製作の映画)

4.6

怖い!
正しいのか狂ってるのか、
近いのか遠いのかわからない
絶妙な距離感とバランスが素晴らしい!
静かな恐怖を描いたホラー屈指の傑作。

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.5

本当にリンチ監督の映画?というほど
分かりやすいヒューマンドラマ。
展開の流れやキャラクターが非常に明瞭で
誰でも楽しめると思いますが、
リンチ監督の後の作品を観た後だと
逆にそれが物足りなく感じるか
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.8

時間軸を滅茶滅茶にいじってる割には
引き込まれる展開が少なかったので
個人的にはメメントの方が好きです。

スケアクロウ(1973年製作の映画)

-

え、もう仲良くなっちゃったの!?
ここで引っかかっちゃったので
話がいまいち入ってきませんでした。
とにかく主演2人の魅力が凄い。
この2人じゃなかったら
たぶん成立してないですこの映画。

アウトサイダー(1983年製作の映画)

-

あんまり感情移入できなかった…。
あの当時のアメリカの若者たちの
空気感を知っている人向け、な気が。

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.6

洋画的な前衛性と邦画的な哀切さ、
そのバランスが本当に秀逸。
キャラ描写といい展開といい
ドラマとしても全く飽きない見事な出来。
音楽もキャストも映像もハマってる。
いわゆる"ありきたりでない邦画"の
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.6

豪華キャストによる贅沢な会話劇。
生活感とドラマ性が共存する
巧妙な台詞の重ね合わせが秀逸。
肩の力を抜いて観ましょう。

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

4.4

映画の枠組を超越した体験性。
こういう作品、結構好きです。
長編デビュー作というのもあってか、
他のリンチ作品と比べると
ストーリー性は薄めです。
しかし映像としてのインパクトは強烈。
なんとなく、映
>>続きを読む

(1960年製作の映画)

4.4

とにかく獄中の描写のリアリティ!
実話に基づいているというだけあります。
驚くほど生活感のある会話のなかで
五人のキャラを見事に描き分け、
綺麗に脱獄までもっていく脚本が秀逸!
見せ方も非常に巧く、脱
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

4.6

カッコいい音楽。
見事な演出。
そして超難解なストーリー。
でも複数回の鑑賞に耐え得る
洗練された世界観があるので
解読を楽しめる作品です。
もちろん一回目でも流れは掴めます。
理屈うんぬんではない、
>>続きを読む

殺しのドレス(1980年製作の映画)

4.2

映像が非常に秀逸です。
改めて光の使い方の巧さに感嘆。
ストーリーも面白いです。
ただキャラクターが弱いからか
あまり感情移入できず
終始、俯瞰してる感じはありました。
シャワーシーンは必要なのか…?

プラトーン(1986年製作の映画)

-

ベトナム兵が静かに迫ってくるところとか
見せ方が秀逸で引き込まれるし、
映像も見応えがあるし、
全体の流れも比較的キレイなのですが、
なんかピンときませんでした…。
感情移入できるほどの
愛着の湧くキ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.6

途中で回想シーンが入って過去へ…
などなど、まんまテレビな構成が斬新。
でも、徐々に加速していく展開は
非常にスリルがあって魅力的。
適度に笑える演出も見事。
そしてこの作品、もし〇〇だったら…
で終
>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

-

ジャームッシュ監督の映画は
映画的なユーモアとドラマ性の中に
絶妙なリアリティがあって
非常に体験的で好きなのですが、
この作品はバリバリのフィクション。
他と比べて創作的な作品でした。
あまり好みに
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

-

前半の結婚式うんぬんのくだり、
単純に長すぎませんか。
それだけ時間を割いてるのに
キャラ描写も事件も殆ど無い。
(後半と対比させるためだとしても
面白くなかったらしょうがなくない?)
普通に飽きち
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ノートンハマってたかな?
どうだろ?
いかんせん、どのキャラクターも
描写が甘く印象に残っていないので
(感情移入できなかったし)
ドラマとしての惹きもなく、
無駄なセリフもカットも満載で
2時間耐え
>>続きを読む

狼たちの午後(1975年製作の映画)

4.7

見事なキャラクター設定、その魅せ方。
あらゆる問題や謎を掲示して
観客を一瞬たりとも離さない見事な構成。
そして非常に深いテーマ性。
実話とは思えないほどドラマティックで
サスペンスとして、ドラマとし
>>続きを読む

狂った果実(1956年製作の映画)

4.6

前半サスペンス、後半ドラマ。
ユーモラスな割にはドロドロな内容。
結構ユニークな作品です。
(日本離れしている、という感じ)
でも完成度は非常に高いです。
キャラ描写、展開の流れ、秀逸です。
キャスト
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

流れが非常に綺麗です。
サスペンスのお手本のような構成。
謎から謎への見事な誘導。
辿り着いた答えからまた新たな謎が。
展開が秀逸で非常に楽しめました。
登場人物のキャラクターも良いです。

ただ、あ
>>続きを読む

危険な情事(1987年製作の映画)

4.1

展開の流れが綺麗でした。
段階的に膨らんでいく緊張感があり、
サスペンスとして非常に楽しめました。
終盤の緊張感のある演出も良いです。

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.5

細部まで徹底的にこだわりながらも
全体の流れが非常にわかりやすい
巧みな構成は今作も健在。
一作目、二作目で主要キャラが
ほとんど死んでしまっているため、
シリーズの完結編というよりも
単発のスピンオ
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.7

ファミリーの繁栄につれて、
徐々に孤立していくマイケル。
その姿にオーバーラップされるのは、
父・ヴィトーのドンとしての萌芽の日々。
マフィアのドンとして、父親として
残酷なほどに対をなす二人の姿が、
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.8

映像を観ているだけでも楽しいぐらい
独特な世界観が見事に描かれています。
いろんな要素が交錯していますが、
映画として主軸がブレていないのが凄い。
ストーリーは比較的追いやすいのですが
一回で理解でき
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.6

世界の五つの都市を舞台にした作品群。
ただしシチュエーションは
タクシー車内での会話劇に限定。
似た話ばかりになりそうなところ、
そこは流石ジャームッシュ監督です。
見事なプロットの妙によって
五つの
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

難しいですね。
ストーリーの流れはシンプルですが
その裏にある登場人物たちの
心情とかを考えると…。
いろんな意味でヘビーな映画でした。

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.0

映像が綺麗。
音楽も綺麗。
海辺ではしゃぐヤクザの映画。
でも締まるところは締まる。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.7

エルヴィス・プレスリーの街、
メンフィスを舞台にした三つの物語。
それぞれにそれぞれの物語がある。
喜びとか怒りとか悲しみとか幸せとか。
それぞれにかけがえのない日常があって、
その輝きをこの作品は見
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

3.9

かなりカオスな内容ですが
散らかっているというわけではなく
一貫性はあるので観やすかったです。
なんとなく塚本晋也監督みたいだな、
とか思って観ていましたが
実際これは塚本監督の「東京フィスト」
から
>>続きを読む

>|