Wadyさんの映画レビュー・感想・評価

Wady

Wady

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(2018年製作の映画)

3.8

【贋作画家】

いきなり捕まってたシーンからスタート

主人公のレイは贋作を得意とする画家
恋人も画家で先に彼女が売れてしまう🙄

ひょんなことから「画家」名乗るチョウユンファ登場が登場し。
偽札作り
>>続きを読む

無垢なる証人(2019年製作の映画)

4.3

【偏見を捨て去る】

自閉症と聞くと、あたかも障害を持っているような表現が伝わってしまう。

法廷の証人として呼ばれたジウは
当初、自閉症の子供として弁護士にて要約され、
証拠の説明能力が無いと判断さ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

4.0

【今度はマルタ】

1、2作とも面白く。
どんでん返しものが好きなので鑑賞🎬

とにかくマルタの美しい海や街並みが綺麗🇲🇹
久しく海外に行けてない中で、あの時間だけはマルタに連れてってくれた😄

今回
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

【靴】

光州事件から7年
軍事政権化の韓国にて
ソウル大学生の拷問致死が発生

事件をひた隠す警察と、真実を暴く記者たち

全斗煥の時代に、1945年から続く外出禁止令を撤廃し、ソウルオリンピックを
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.8

【25年間と手紙】

重々しさ
爽やかさ
もどかしさ
悲しさ

色んな感情が湧いてきて、
観てるこちらの心にざわつく。
25年の時を経て手紙でつながる

初恋の作品は、社会にもまれ、すり減ってる心をリ
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

5.0

【アメイジング!!】

スパイダーマンのヴィラン揃い踏み
20年の時を経て、全てが繋がる。
まさにアメイジングー!

アベンジャーズのエンドゲーム観た時のような鳥肌が立った。

過去作見ておくと楽しめ
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.3

【大怪獣のバトル】

迫力満点で、期待していた感じ。
全体ややコング寄りで進んでいくが、
破壊しまくるゴジラはあれで良い気がする😁

神と神の戦い

昔の特撮でのメカゴジラはもっと強かった気がするが、
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.3

【声だけで】

原作未鑑賞
ジェイクの気が狂ったような集中と、
自分だけが知っていて、周りが心配してることろが狂気じみていた。

すごく気を張り詰めて見てたので、ちょっと疲れたが、最後はびっくり‼️
>>続きを読む

時間離脱者(2015年製作の映画)

3.9

【交差する時代】

結構面白かった😁
韓国映画は最後の最後まで何があるかわからない。

1983年と2015年を繋ぎつつ、
寝てる間に、それぞれの時代で起きてる事件との連動が交互に映る。

あいつが犯
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.2

2作目はヒックの出生の秘密と、
より外の世界との関わり

これもめちゃ面白い

(2021年過去鑑賞/記載忘れ)

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.5

【求められる強さの違い】

この作品は大人も子供も両方楽しめますが、
特に大人がハマる気がした👴

父親から求められた強さと、
ヒックが持つ内面的な強さ
その全く違う強さへの答えが本作に描かれてる
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

4.0

【アニメシリーズ全部観たぐらい面白い】

この作品をふと観てからアニメシリーズ全て鑑賞
最新作も楽しみ

VRをつけたら、仮想世界にダイブして
感覚そのまま戦えるという世界観がすごい。

アニメを観て
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

2.2

観たんですが、特にハマらず。
途中で消してしまった。。。
また機会があれば。

【2021年過去鑑賞/記載忘れ】

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.6

【誇張してるけどOLの派閥はありそう】

とりあえず入社したらタイマンはれやー!とカチコミくらう。
どこぞのヤンキー漫画と、OLをコラボした感じが面白い。

遠藤憲一の足がマジで美脚だったw
顔面とん
>>続きを読む

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

4.2

【復讐×無双=ラジニカーント】

スーパースターラジニカーント
彼の作品がレンタルされると知って心待ちに😲

今回はカンフーだけじゃなく、
日本刀を持ち、切って切って切りまくる。
(剣心とどっちが強い
>>続きを読む

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.4

【好きなもの全部詰め込んだ】

アベンジャーズを超えた+日本が舞台で、豪華俳優も出ているという前評判で期待値が上がりすぎてしまってた🤔

話は結構楽しいし、謎解きミステリー感もあって良いんだけど。
>>続きを読む

沈黙、愛(2017年製作の映画)

3.7

【愛の形は人それぞれ】

新しい婚約者と娘との間の溝が埋まらないまま
とある動画を機に事件が勃発
娘が被告人として裁判にかけられる事に。

金持ちで政財界にも物申せそうなブローカーで、娘の父親のチェミ
>>続きを読む

ラブ・ハード(2021年製作の映画)

3.8

【見た目か中身か】

良くありそうな展開だが、
結局見た目と中身が両方兼ね備えられてる人が最強だと思ってはいるが、

合う?合わない?というのは存在する

とりあえず思ったのは、
アジア系で背が低く、
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.0

【Don't look up!】

彗星が落ちてきます。
上を見てはダメよ!

もしそれを聞いたらあなたならどうするか?
前半かなりギャグな展開でコメディっぽく進んでいく。

落ちてくるのは半年後だか
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.6

【それぞれの折り合い】

新年1発目の映画は重めはテーマ

広く見ると以下の3つの出来事が重なってしまう。

①突然娘が死んだことで動揺する父親
②スーパーで万引き犯を追いかけた店長
③突然道に飛び出
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.9

【それなら早く言ってくれれば、、】

浅草キッドを観た流れで、劇団ひとり作品へ

父親と母親の若き日に出会う。
愛されて育ってないと思ってたが、
すごく愛されてると知った時。

再び、晴天の霹靂が訪れ
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.5

【鯨を食べて芸を磨け】

劇団ひとり監督
Netflixで気になり鑑賞

柳楽優弥演じる、北野武
自分の武のイメージは、たけし軍団や、バイク事故や、映画監督としてアウトロー作品を多数出してる姿

どれ
>>続きを読む

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

3.2

記憶屋いたら自分はお願いするか。
悲しすぎる過去があったらそれは消してもらうかもしれない
---
過去鑑賞

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.8

【出会ってすぐのニックの驚きの表情の意味】

予告編だけ見ると
インセプションっぽい話?
レベッカファーガソンと、ヒュージャックマン出てて、グレイテストショーマン以来か

とかそんな妄想を抱きながら、
>>続きを読む

ジェームズ・ボンドとして(2021年製作の映画)

4.7

【自分もその1人】

当時の論争の詳細までは知らないけど。
世代的に、ポンド= ピアース・ブロスナンの印象が強かった。

国民的人気配役に対してのプレッシャーと、
いつの時代もバッシング、誹謗中傷はあ
>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

4.4

【土方歳三から見た新撰組】

新撰組は大河ドラマや各作品でたくさん観てきてる。
今回どんなシーンが観れるのか楽しみだったが、土方歳三の殺陣シーンは、岡田准一自らが行ったと聞いて、また一段と岡田准一が好
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.7

【ダニエル版ボンドのラスト】

シリーズ4作品を2日かけて観てからの鑑賞。

シリーズ最長の14年もボンドを演じてたので、
ピアーズ・ブロスナンの記憶はどこかへ行き、
自分の中でのポンドはダニエル・グ
>>続きを読む

群盗(2014年製作の映画)

3.8

【世直し盗賊の復讐】

キャストが豪華な顔ぶれ。
盗賊って悪いイメージあるけど。
この話は割と正義のヒーロー感がある。

必殺仕事人のような紹介でキャラクターにも愛着が湧く。

かつての朝鮮王朝末期は
>>続きを読む

赤い指(2010年製作の映画)

4.1

【加賀恭一郎シリーズのエピソード0】

ある日、仕事から帰ると。
庭に女の子の死体が放置されてる!
というところから物語はスタート

前原家の息子は学校でいじめられ、家庭では心を閉したまに家で暴れ回る
>>続きを読む

ミッション:ポッシブル(2020年製作の映画)

3.5

【実は凄腕だけど】

過去鑑賞

実は強かった
ナイフのシーンが良い

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.6

【時効】

韓国のリメイクは過去に鑑賞済み
時効については法律が異なるし、
殺害人数、描写も半分ぐらいだった気がする。

もし自分や家族が関わってたら?
いろんな角度から考えさせられる。

緊迫感を出
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

【無理を言わないのが、ホテルマン】

前作も対比されてた
ホテルマンと、刑事の価値観の違い🤔

人を助けたいという目的は同じなのに、
大事にする価値観が異なるので、アプローチや気がつくポイントが異なる
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.9

【1日9000回選択してるってよ】

百田さんが原作。
永遠の0を書いた人だったので、気になり鑑賞

運命を司る女神フォルトゥナの瞳👀
飛行機事故で能力が開花したのか、死にそうな人は消えかかって見える
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

-

【蓋をした記憶】

過去の原体験が、その人の価値観を構成することが多い。
例え当時に違和感があっても、こう言うものなのだという反応を周囲がしていると。
その基準や価値観がそのまま固まり、普通に感じるよ
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.2

【てんこ盛りの24時間】

冒頭のバニラ〜バニラ〜の求人宣伝カー
アニちゃんの助けて⤴︎のイントネーション
突然始まる24時間のタイムリミット
何度かかかる、日本語の癖のある曲
六本木で始まったカーチ
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.2

【女子高生と殺人鬼が入れ替わる話】

朝起きたら汚いおじさんの猟奇的殺人鬼になってたらって考えたセンスが凄い。

ヴィンス・ヴォーン!

喋り方、歩き方、走り方、笑い方
全てにおいて、さっきまで写って
>>続きを読む

>|