拓也さんの映画レビュー・感想・評価

拓也

拓也

子持ちなのでなかなか映画館に行けず、思い切って我が家を建てる時にリビングシアター作っちゃいました。

映画(60)
ドラマ(0)

ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション(2007年製作の映画)

4.0

ヴァネッサ・ハジェンズ主演の映画を観たので、いつか観ようと思って観てなかった今作を一年越しに鑑賞。今作は何が良いって俺イチオシのシャーペイの腰巾着である弟ライアンが、ワガママな姉から離れ、ガブリエラや>>続きを読む

スイッチング・プリンセス(2018年製作の映画)

3.8

腕利きのケーキ職人と結婚間近の公女様が、2日間だけ入れ替わることになる話。お互い身分の違う二人が周囲にバレない様に見繕う姿が面白いやら可愛いやら…。最初は頼りなく微妙に思えた王子も終盤には良い奴過ぎて>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

ディザスタームービー好きなので、公開時から気になっていた映画。結果的には期待していたよりは…。パニック要素よりサスペンス要素強め。異常気象に翻弄されながら生き延びるというよりは、異常気象で危険にさられ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

公開時から気になっていた映画が地上波で放送されると言うので視聴。

相変わらず役所広司の演技は素晴らしい。前に見た「渇き」で見た荒ぶる演技とは対称的な、穏やかに話す謎が多い被疑者の役だが、見事に好演し
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

映画が始まってすぐの爽やかな空気感はなんだったのかというくらい、開始10分ほどで嫌な雰囲気が漂う。ジャンルはホラーにカテゴライズされてたけど、スリラー映画だった。あまりビックリさせるシーンは無いので、>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

漫画原作の映画化としては面白かった。メインキャストが良かったんじゃないかと思う。小栗旬の銀時は原作と比べても謙遜なかったし、菅田将暉との掛け合いも面白かった。活躍シーンは少なかったけど柳楽優弥の土方も>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

サノスは静かに暮らしたい。

人口が増えすぎて問題が起こるなら、全宇宙の人口を半分にしちゃえば平和になるじゃない。富裕層、貧困層とか関係なくランダムで皆殺しにすればフェアだろ?というトンでも理論を地で
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

面白くない事はなかったけど、聞いていた程にはハマれなかった。仮想世界のシーン多めで、現実世界がおざなりになっていた印象。まるで、ピクサー映画の新作を見てるようだった。アルテミスが仮想世界で行方不明にな>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

5.0

この前、友達と会った時に良かったと言っていたので、ふだん邦画はあまり観ない(恋愛系は特に)けど、テレビでやってるし観てみるか程度の気持ちで観てみた。最高だった。大人しい図書委員の”僕”が、偶然、同じク>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.0

なんだかんだでベースがスターウォーズだから面白くはあった。ただ、1~6の魅力的な人物が消耗品のような扱われ方するのは如何なものか。前作で希望の象徴だったルークがあんな扱いされるのは納得できないし、新キ>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

5.0

初代ジュマンジが子供の頃から大好きなだけに予告から不安しかなかったけど、良い意味で期待を裏切ってくれた。テンポ良くド派手で、前作好きにもニヤリとさせる演出もあり、最高だった。初代ジュマンジのボードゲー>>続きを読む

ブリッジ(2006年製作の映画)

1.0

会社の先輩に借りた。世界一の自殺スポット、ゴールデンゲートブリッジ。4点の固定カメラで1年間橋を撮影し続け、7人の入水自殺者の家族や友人、そして、自殺に失敗した本人のインタビューと橋の映像を淡々と交互>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.5

ワールドトレードセンターにワイヤーを渡して綱渡りをする事を夢見る男と彼のイカれた発想に惹かれる仲間達の話。話自体は面白かったけど、主人公フィリップの語り口調で物語が進行するのが個人的には合わなかった。>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

5.0

すごい映画。普段はあまり邦画を観ないけど、これほど面白い映画があるなら、他も見てみようと思えた。犯人の写真とどこか似ている3人の男たち。心を通わせつつある中で、自分の大切な人はもしかしたら逃亡犯なので>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

重い。ひたすら重い。「愛する娘は、バケモノでした。」のキャッチコピーの通り、離婚して別れた娘が失踪したと連絡を受けた元刑事の警備員である藤島が、娘(加奈子)の捜索を始め、娘の友人や元恩師を尋ねるうちに>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

4.0

この世界のロサンゼルスには人間、人間より社会的地位の高いエルフ、そして、差別的な扱いを受けているオークなどがいる。彼らは、その昔、”ダークロード”という邪悪な存在を9種族で協力して封じ込めた。そして、>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.6

いくら死んでしまったからといって、あんな酷い場所に我が子を置き去りにできる気持ちが分からない。結末を観てからだと、妻の言動の意味がまた違って見えるのが面白い。死人の顔は変わると言われても、サネが頑なに>>続きを読む

ブラック・ナイト(2001年製作の映画)

3.6

マーティン・ローレンス主演映画2本目。あぁマーティンローレンスだわ。くだらないけど面白い。マーティン・ローレンスのあとにストーリーがついてくる。中世へのタイム・スリップものというのも好みで良かった。

アドベンチャーランドへようこそ(2009年製作の映画)

3.6

クリステン・スチュワートが可愛い、ジェシーアイゼンバーグ主演の青春映画。ずっと気になっていたんだけど、ブルーレイ化がされておらず、ツタヤにも流れていない為、やっと見ることが出来た。ありがとうNetfl>>続きを読む

ブルー・ストリーク(1999年製作の映画)

3.4

宝石泥棒をして警察に捕まりかけ、咄嗟に隠した場所はとある建築現場。出所後にそこを訪れると、そこは警察署だった。この映画を観るまでマーティン・ローレンスを知らなかったけど、これがまた面白い。黒人俳優とい>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.2

今更、この有名すぎる映画を初鑑賞。息子役がジェイク・ギレンホールなのにまず感激。ヒロインのエミーロッサムも可愛い。しかし、地上波吹き替えで観たせいか声に違和感がすごい。CGの映像美もディザスター映画に>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

SONYからMCUに移籍した新生スパイダーマン。影を持つトビーマグワイア版、ちょっとイケイケなアンドリュー版と続き、今回のスパイディはトム・ホランド。コミカルさが上がって、以前よりも子供っぽく軽口を叩>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ワンダーウーマン、ビギンズ。DCの映画はダークナイト3部作以降、期待値を上回るほどの良作が無かったが、今作は良かった。美しく強いヒーロー。単純明快なストーリー。そして、邪魔にならない程度のラブロマンス>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

デストピア感のあるサイバーパンクの世界で、繰り広げられるレプリカントを駆逐する組織、通称"ブレードランナー"と反乱したレプリカントの戦い。まず世界観が凄い。攻殻機動隊のような街並だけど、雰囲気的にはA>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.0

友達からBlu-rayを借りて視聴。アニメ版から大幅に上映時間が長くなっている割には、原作に忠実過ぎず、過度な脚色もない、差し引きの上手いアレンジで実写化している印象。ただ、ベルの変わり者感はエマ・ワ>>続きを読む

モール★コップ(2009年製作の映画)

3.4

強盗団に占拠されたモールに取り残された警備員ポールが、人質を救い出す為に孤軍奮闘する。コメディ版ダイ・ハード。シンプルだからこその面白さがある。強盗たちがやたらスタイリッシュなのも笑える。強盗団のリー>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

2.3

今更ながら鑑賞。言われてるほど…って感じ。コメディタッチなんだけど、設定は良いので、もっとシリアスなテイストで観たかったな。いまいち危機感が伝わってこない。ジム・キャリーの個性的なキャラは凄い。あと、>>続きを読む

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.8

嫁が学生時代に授業で観て面白かったと言うのでレンタルしてみた。近所のTSUTAYAにはDVDしか置いてなかったからBlu-rayを取寄せ。

マーチングバンドに参加する為に名門大学に入学したデヴォン。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

5歳の時にインドで兄とはぐれて迷子になり、インド中をさまよい歩き、そのまま施設からオーストラリアの夫婦に養子に出されたサルー。優しい夫婦と幸せな生活を送りつつも、改めて自分の帰りを待ち続けているであろ>>続きを読む

>|