OGSさんの映画レビュー・感想・評価

OGS

OGS

映画(75)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.4

染谷将太、戸田恵梨香、斉藤由貴の3人のシーン。
大胆に寄るカットバックが凄く、役者を信じきった演出に熱くなった。
戸田恵梨香の演技すごい好きだった〜。
あと窪塚洋介ってやっぱりとんでもないくらいカメラ
>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

3.7

まず、カット割りがずっと面白い。
そして社会の歪みを絶妙に切り取っていて、笑って見ながらも少しずつ違和感が蓄積され、最後にはっきりと分断が露わになる。
オークランドとHIPHOPに愛とリスペクトが込め
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.4

え、ここでエンディングじゃないの?という瞬間が2度見送りされなければもっと物語の先へと想像力が膨らむ良作だった。言葉数が少ないのに存在感がある松本穂香はいい役者だなあ

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.9

木竜麻生に大注目するきっかけになった。
そして初監督作となった野尻監督には今後の作品にとても期待してる。
笑って泣ける家族もののヒューマンドラマは山のようにあるけど、日本人の映画づくりのお手本にしてほ
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.8

3時間あっという間。
なんとしてでもこの作品を世に出すのだと奮起した監督、役者、スタッフの魂が見事。
今、自分が立っている足元を見てみろ。足は竦んでいる。周りを見渡してみろ。そんな不安を誰しもが感じて
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

これは映画を見る人の偏差値が高いレベルで求められるでしょ。
すごい挑戦的な作品。
伊藤沙莉に共感し、唐田えりかのような女性は好きになれないとはっきり思ったが、そのイメージを最後まで崩すことなく残しつつ
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.6

「よこがお」同様に狂っていく筒井真理子が凄まじいよな。
冒頭のメトロノームとタイトルバックがすごい好き。
浅野忠信も見事。自分は堂々と生きていけるような人生を送っているのかと突きつけられて、作品の終わ
>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

3.8

筒井真理子強烈。深田監督と組んだときの化学反応がとてつもない。
そして、タイトルが優れてる。どの横顔なんだろうと期待して見るわけだけれども、恐ろしい横顔が映されるシーンが鮮明に焼きつく。
報道とか民意
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.2

アジア映画を舐めるなよ、と言わんばかりの傑作。
大きい映画なのに、細やかな体を突き動かす心の揺らぎが混ぜ合わさって図太い物語が出来上がっている。
あぁ、書いてたらまた見たくなってきた。笑

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

白石監督の最高傑作は「ひとよ」ではなく絶対にこっちのはず。
アウトレイジが3部作によってようやく描けたものを1つの作品できっちり作り上げちゃって圧倒的な差を見せつけられた。
ハードな作品ほど対極にある
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

格好いい、それだけでいいじゃない。
冒頭から掴み方がお上手で、最後まで疾走感を味わえる。
好みが合わない彼女とも最後まで見れる映画ってかんじ。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.8

役者の魂こもってたなー。
ミニシアターに足を運んでインディペンデント映画を見に行くことを肯定されてるような作品だった。
ちなみに個人的にはまったく笑えなかったけど、劇場には時たま笑いが起こってて、劇で
>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.0

私は私。になりきれてなくない?想いの弱さに救われた気持ちになれなかった。

ただ、平凡な登場人物が主役で、その周りに強烈な男が立ち並ぶ構成は面白い。そしてカメラワークも音楽の差し込み方もすごい綺麗。山
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

2.0

作り手の苦労を少しでも分かってるつもりだから、最後まで我慢して見たけど本当に見てるのがしんどい作品だった。
説明書を棒読みしたようなセリフに、意味不明なラスト。説明じみたセリフに示唆が無いのが強烈にキ
>>続きを読む

典座 -TENZO-(2019年製作の映画)

3.5

やっぱり空族すごいよ。
予備知識無しに見に行ったから最初は何コレ、誰この人、としか思わなかったけど、いつの間にか仏教の世界に固定的に抱いていたメッキがペリペリと剥がれ始めていて、より理解しようと思った
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.2

最高にセンスのいい遊び心に溢れててもう楽しくて仕方がない。
ザックガリフィアナキスもエマストーンも最高のアシストをしつつマイケルキートンが最高の3枚目を演じてる。最高!

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.8

映画スタッフへの最高の贈りもの。
作品になるまでに大勢の関係者が関わること、大変な調整が終わらないこと、現場で色々事態が変わること…
見るだけでは理解できない作り手へのリスペクトが溢れてて本当に素晴ら
>>続きを読む

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.6

題材はすごい良いと思うんだけど、観客のリアクションの雑さとか、ちょこちょこ挟まれる予定調和な演出が残念。
山田杏奈の存在感にとても救われた。後半に向けてヒロインのように映していく流れは素晴らしい。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

もう一度見たいという気がまったく起きないけど、一度見ておいて良かったんと思える役者魂が込められていた。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

昔の恋愛を振り返り、愚かな自分をなんとか肯定してあげたくなる応援歌のような作品だった。
今はもう無いスバル座が若い女性だらけで素敵な香りが漂っていてなんだかとても幸せでした。笑

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.5

ガイリッチーとタランティーノが大好きな日本人って沢山いますよね。そのうちの1人です。笑
己が信じたエンタテイメントを貫き続ける姿勢が本作にもガッツリ込められていて楽しい時間を過ごせた。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.2

時代にどこまで合わせるのか、無視するのか、その狭間を最後まで揺れ続けてて残念だったなあ…

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

松岡茉優の名刺代わりの作品。超凄い。役者の代えがきかない、キムタクが一世風靡したあの頃の時代に築かれた作風の映画ってまだあるんだなぁ…

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.3

過去と未来の幸せをここまで閉じ込められる作品ってあっただろうか。時を超越した傑作。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

2.5

自分には手に余る優劣をつけれない作品。
個人的には共感できる点も、作品にのめり込む瞬間も無く、クリエイティブを履き違えた映画とすら言えない作品としか思えなかった。

ただ、終わったあとに周囲はどう評価
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.2

モラトリアムの描き方が秀逸。
爽やかな空気を纏っているのに切なさが胸を締め付ける。
HIPHOPをBGMとしてここまで使いこなせるのも三宅監督くらいじゃないかな。
「菊次郎の夏」と双璧を成す夏が終わる
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

1番好きな映画は?という超センスのない質問には、大体ダークナイトって答えてるかも。

1番かどうかなんて測れるわけがないけど、今作を見て以降、アベンジャーズだの、マーベルだの、DCだの全てお遊戯に見え
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

シネコンに乱立する大型の商業映画に対抗して、是枝さんには日本映画の価値基準を下げないようにこういった作品に挑み続けてほしい。
そういう意味では大衆向きでキャッチーでいい。

ただ、個人的にはもう一歩パ
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.8

女性に勇気を与える素晴らしい名作。
この作品見てアンハサウェイに惚れない男っているのかな?笑

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

実話をベースにした作品群は数あれど、題材として選んだことも映像化も素晴らしい。デブ・パテルまったく凄いわほんと。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.2

青春邦画のベスト「リンダリンダリンダ」と揺れるぐらい好きだ…
マイノリティの人たちを受け入れよう、認めようという風潮の映画が多い中で「あぁ。全然想像していたこと間違ってたんだな。」って反省するほどにガ
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

4.1

青春邦画の個人ベストかも。
始まり方も終わり方もめちゃくちゃ好きだし、好みの顔とか関係なく女子4人を可愛く映すリスペクトが作品にあって本当に良かった。

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.8

期待を大きく上回った。
歯の浮くようなセリフも、非現実なファンタジーも技術スタッフによって作品に落とし込まれていた。カメラワークが最高。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.0

ただひたすらに格好いい。大好き。目を奪われるって言葉がしっくり来る。

東京物語(1953年製作の映画)

4.5

作品を説明するまでもないけど、この作品に出会えて良かったと心底感じた教科書のような作品。
自分は日本人だし日本のことが好きなんだなって再確認できた。

>|