overclockingさんの映画レビュー・感想・評価

overclocking

overclocking

Smile(原題)(2022年製作の映画)

-

伝染系ホラーとしてのネタはいいけど脚本がビミョー

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

-

これは酷い
オリジナルにあったウルトラマンと怪獣・異星人がなぜ戦うかの一番重要なドラマがごっそり抜けてるため見てて面白味が全くない。
本家にはそこに社会的メッセージや科学への夢と希望、子供たちの怪獣と
>>続きを読む

ハロウィン THE END(2022年製作の映画)

-

完結編にしてはマイケルの存在感が薄い、薄すぎる...
尺の大半が殺人鬼に変貌していく青年の話になってて楽しみにしてたローリーとの戦いは最後の最後にしかなく非常に残念だった。
ラスト20分だけ見ればいい
>>続きを読む

Terrifier 2(原題)(2022年製作の映画)

-

作り手の残虐描写に対する拘りと熱量は感じるけどここまでくるとケチャップたっぷりのオムライスをグチャグチャにしてるようにしか見えなくてわけわからん
とにかく観客を不快にさせることに全振りしてる映画だとい
>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

-

茶目っ気出してくる殺人ピエロの造形は不気味でいいんだけど、ゴア描写が下品すぎてレザーフェイスやジェイソンの様なカリスマ性が感じられないのが惜しいところ。
殺人鬼が銃使っちゃアカン

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

-

主人公の生活環境が特殊すぎていまいち話に乗れなかったけど演出がいいからか最後まで見れた。

FALL/フォール(2022年製作の映画)

-

久々に映画観てハラハラした
山や海での遭難映画はよくあるけど鉄塔は珍しい

RRR(2022年製作の映画)

-

やっぱインド映画はエネルギーが違う
でもバーフバリのような豪華絢爛さと重厚なストーリーを期待しちゃうと物足りなさを感じるかも

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

-

尺が長い割には大して面白くない
恐竜が世界に解き放たれた話が見たいのに、またいつもの施設内での小さな話に戻っててガッカリ...

恐竜がメインじゃなくただの添え物と化してるのと、新旧キャスト陣による二
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

-

lambは可愛いがramは不気味
こういうオチは嫌いじゃない
あのバフォメットみたいなのは何だったんだ?

MEMORIA メモリア(2021年製作の映画)

-

なかなかの玄人向け映画
殆どが止めと引き画で構成されていて作りが独特。
直接的なSFとして見れば良いのか、何かのメタファーとして考えるべきなのか自分にはこの作品のメッセージがよく分らん...

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2022年製作の映画)

-

面白いかどうかは置いといて40年以上前のテレビアニメ一話分を映画化するって発想が凄い。
まだまだガンダムって人気なんやね

あのこと(2021年製作の映画)

-

欧州版BDにて
主人公がどうして妊娠してしまったのかの根本的な原因を考えることは描かれておらず、中絶が違法とされてた時代を批判して女性の権利を主張するような作りが如何にも現代の映画賞を狙ってる感があっ
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

-

中高生の時に観てたら楽しめたと思うけど今だとアメリカ軍に対する嫌悪感が強すぎて話に乗れない...
ウランがどうこう騒いでるがお前らが言えた義理か!
アメリカ軍こそ悪の権化だぞ!
トムクルーズの笑顔に騙
>>続きを読む

ベネデッタ(2021年製作の映画)

-

欧州版BDにて
ここまで脱ぎっぷりがいいと逆にエロスを感じない...
『死霊館のシスター』見た後だと主人公に悪魔が憑依してるようにしか見えなかった。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

-

なんかいろいろカオスな映画だった。
これ1本で出演作5本分のミシェルヨーを堪能できる。
前半のパート1は、マトリックス+お下品要素を追加したチャウシンチー映画みたいな感じでなんじゃこりゃ!?だったけど
>>続きを読む

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

-

台湾のスプラッターは初めてなので新鮮な気持ちで楽しめた。
新感染をゴア要素多めにした感じ。
なにが悍ましいって地下鉄のシーンみたいなことを実際に日本の電車内でやった奴がいるってこと。
あの光景が現実に
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

-

最初こそ悪魔のいけにえ的なホラー感はあったけど、殺人が起きるまでがけっこう長くてあんまテンポはよくなかった。
動きが鈍くて展開が遅いのと、ちょいちょい同情しちゃう場面もあるせいか老人は映画における殺人
>>続きを読む

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

-

おもしろかった!
ウサギたちもいいけど夫婦役の二人も魅力的
これとパディントンは3やってほしい

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

-

なぜこれが批評家から絶賛なのかがわからん...
自分は評論家じゃないし、この監督の作品どれもハマったことないから己の感性が合ってないだけなんだけど。
にしても二時間以上引っ張って結末がこれかぁ...
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

-

ダラダラ続くギャグがあんま面白いと思わなかったからか少し長く感じたけど、エメリッヒのアホみたいなSF映画観た後だとこれが凄くマジメなSFに見える。
これ90~100分ぐらいにギュッとまとめたらもっとメ
>>続きを読む

ムーンフォール(2021年製作の映画)

-

別段面白くはないが暇つぶし程度にはなる。
リサージェンスよりはマシ

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

観てる間ずっと苦痛だった。
鑑賞中こんなイライラしたの初めてかも。
この作品がなんで評価が高いのかさっぱり分からん。
話しがとにかく長いし登場人物たちが皆ロボットみたいな棒読で会話するから感情が伝わっ
>>続きを読む

>|