OneEyedJOKERさんの映画レビュー・感想・評価

OneEyedJOKER

OneEyedJOKER

No Movies No Life

ザ・タワー 超高層ビル大火災(2012年製作の映画)

-

架空の超高層ビルを舞台に起こる、未曾有の大火災を描いた韓国作品。

CGくささの強いシーンもあるが、それ以上に火災での爆発、炎のクオリティが高く
リアルさが強く観ていてハラハラさせられてしまう。

>>続きを読む

オフィス 檻の中の群狼(2015年製作の映画)

-

映画ほどでないにしても、韓国でなら実際に起こり得る話かも…と思えてならない作品。

実際にこんな事件は起こらないにしても、職場での孤独やストレス、プレッシャー等は、韓国とは言わずも社会にあるもので、
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

-

本作は、調子に乗った70年代的な感じだが、80年代的なふざけたノリも混ざっており、当時としては かなり新しかったんだろうか。

確かに斬新といえば斬新で、カルト的といえば どストライクのカルト作品だろ
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

-

映画単独で観ると、かなり面白い部類だが、分厚い原作の圧倒的な面白さに比べれば、残念ながら簡約ダイジェスト版になってしまっていた感が否めない。
まぁ、映画の場合 尺の問題や予算の問題などが絡んでくるのだ
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

-

適当な理由で地球の運命を託された男が、特殊能力で様々な騒動を巻き起こす様をサイモン・ペッグ主演で描いたコメディ。

イギリスのコメディ集団『モンティ・パイソン』のテリー・ジョーンズ監督がメガホンをとっ
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

-

本作は、泥んこ遊びをきっかけに破傷風に冒されてしまった少女・昌子と、彼女を看病する両親が次第に追い詰められていく様子を描いた作品。

う〜ん…数多くの映画ファンが「トラウマ映画」として挙げているのがよ
>>続きを読む

AIR/エアー(2015年製作の映画)

-

近未来の地球大気が汚染され、地下施設で地球の大気が安全レベルになるのを、数年おきに睡眠カプセルから起きて、監視している2人の物語…ザッと言うとこんな作品。

正直、緊迫感があるはずなのに、イマイチ緊迫
>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

-

今更ながらだが、機会があったので鑑賞。

日米で大コケした本作の特徴として、観終わった後に主役であるはずのローンレンジャーの記憶が曖昧だと言うこと。変えて言うなら『印象が薄い』というものだろう。主役な
>>続きを読む

プロムナイト(1980年製作の映画)

-

言わずと知れた、学園ホラーの傑作と謳われた作品。

この作品はシリーズ化され、2008年のリメイクを含めて全6作製作されている。

題名にある『プロム』といえば、アメリカ映画でよく取り上げられ、パート
>>続きを読む

>|