LalaーMukuーMerryさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

LalaーMukuーMerry

LalaーMukuーMerry

人生の映画空白期間を埋めるべく、現在映画三昧を実践中。このアプリのおかげでハズレ映画にあたらなくなり満足してる。昔見た映画の思い出し感想は原則禁止、鑑賞直後の感想のみ投稿します。…とマイルールを守り続けてはや3年半。埋まるはずだった空白は、無くなるどころか、深みに変わってしまったこの頃。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.6

いまさら私がレビューするまでもなく、誰もが認める名作。(特に調べたわけではないので間違いかもしれないが)タイムマシンものの原点にして最高傑作。その後タイムマシンものが雨後の竹の子のように出てできたが、>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.8

世界中の普通の人々は、みんな言わば“世界の片隅”で暮らしている。家族がいて、子を育て、近所付き合いをして…。たわいもない会話をして、悩みを相談して、笑って、泣いて…。時には悲しみもあるけれど、間違いな>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

タランティーノ監督によるマカロニ・ウェスタン。面白かったです、登場人物が悪党ばっかりで。黒人奴隷が当たり前の南部社会で、黒人なのに自由人となり、賞金稼ぎのドクター(クリストフ・ヴァルツ)の相棒として、>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.1

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度、と見直したものの「名作」の篩から抜け落ちてしまった作品 その1
          *
もう15年も経ちますか。これはうちの娘た
>>続きを読む

三匹荒野を行く(1963年製作の映画)

4.4

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度シリーズ その5
          *
二匹の犬と一匹の猫(ラブラドール犬のルーア、ブルテリアのボジャー、シャム猫のテーオ)、仲
>>続きを読む

クラークス(1994年製作の映画)

3.8

これは、アメリカのB級映画の秀作。 勝手にサブタイトルをつけると、「なんて日だ!」
         *
1990年代半ばのアメリカのコンビニ店と隣のレンタルビデオ店。そこで店員として働く、バイトの男
>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.8

世の中は狭いと言うけれど、ここまで狭いとねぇ。
          *
明るく楽しくカラッと笑える修羅場作品。そんな作品といえば私の中では「ラブ・アゲイン」でしたが、これも加えておきましょう。こういう
>>続きを読む

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)

4.4

僕は台北の小学生です。お母さんが病気で入院したから、妹のティンティンと一緒に夏休みの間ずっとお爺さんの田舎で暮らすことになりました。お爺さんの家は遠いので、列車で行きました。おじさんが連れて行ってくれ>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.7

深夜タクシーの運転手と客の会話だけでできたショート・ショート・オムニバス。ありそうでなさそうな変なお客と変な運転手の取り合わせで、どれもニヤッと笑える。それぞれの話にタイトルをつけるとすれば、こんな感>>続きを読む

チルソクの夏(2003年製作の映画)

4.4

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度シリーズ その4
          *
何も知らずに何気なく借りたら、思いがけずとても良い話だったので心に残っている一本。世代的
>>続きを読む

バレエボーイズ(2014年製作の映画)

4.0

ノルウェーのバレエスクールに通う、心からバレエが好きな仲の良い3人の少年たち。ひたむきに練習する姿、更衣室でのじゃれあい・・・、あどけなさと大人の冷静な判断が同居する年頃の彼らが、ヨーロッパのいくつか>>続きを読む

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

4.3

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度シリーズ その3
          *
主題歌(Love Lifts Us Up Where We Belong)がとてもいい。
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

4.7

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度シリーズ その2
           *
北海道にきてナンパしようとするおバカな若者(金八先生の武田鉄也が若い!)と、傷心旅行中
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.4

昔見て(少なくとも10年以上前)印象に残っている私の中の名作をもう一度シリーズ その1
          *
原作「ロケット・ボーイズ」、原作者は映画の主人公、つまり原作者自身の実話に基づく作品。1
>>続きを読む

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)

4.1

「ライフ・イズ・ビューティフル」を見たとき、これはまずありえないと思ったけれど、監督の伝えたいメッセージに大きな感動を覚えました。暗い時代でも愛と勇気と希望を信じれば、道は開けるのだと。つらい過去を踏>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.0

「2001年宇宙の旅」、「時計じかけのオレンジ」、「Dr. Strangelove」のスタンリー・キューブリック監督の戦争もの、という情報だけでこの作品に入っていった私。
          *
海兵
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

4.5

これは実に面白かった。 いかにもな感じのステレオタイプな登場人物たちがたくさん出てきて、さあこれからウソが始まりますよって感じで始まるから、こちらも構えて見ているのだけれど、どんどん予想外の方向に展開>>続きを読む

大丈夫であるように ─Cocco 終らない旅─(2008年製作の映画)

4.0

沖縄出身のシンガーソングライターCocco、彼女のツアーを追ったドキュメンタリー。顔を知っている気がするし、その歌も声も聞いた気がするのだけれど、音楽関係にはどっぷりと入り込んでいかない性分ゆえ、あま>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.7

私はひとり身になってしまったので、そのホテルに厄介になることにした。そこなら短い期間に(45日以内)、新しい恋人が見つかるだろうと思ったからだ。カップルになればシングルルームからダブルルームに移され、>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.3

ディズニーのアニメ作品は、娘が長ずるにつれてあまり見なくなってしまったので、この作品の情報はミュージカル・ラブコメだという以外はほぼゼロ状態で鑑賞。ジャケットから実写作品だと信じていたので、シンデレラ>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

4.0

オリビア・ニュートン=ジョンとジョン・トラボルタ、当時人気絶頂だった歌手とスター俳優を配した青春ミュージカル。大ヒットして当然。日本で言えば、郷ひろみと松田聖子が主役で共演したみたいな(うわっ、例え古>>続きを読む

プラハ!(2001年製作の映画)

4.2

1968年の「プラハの春」の頃のチェコを舞台にした、青春ミュージカル・コメディ。高校の卒業試験前の3人娘と、軍から脱走して密かにアメリカに行こうとしていた3人の若者の、出会いと束の間の恋の物語。脳内が>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.1

27歳の若さで、「あなたは癌で、生きのびる確率は50/50フィフティ・フィフティです」と言われたら…?
          *
脚本のウィル・ライザーの実体験をもとにした物語。相当重いテーマだし、病院
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

ボストン湾に浮かぶ孤島の精神病棟を舞台にした、いかにも不気味な香りが漂うサスペンス・ミステリー。「シックス・センス」や「ファイトクラブ」の展開を高く評価する人は、きっとこれも好きでしょう。と言っただけ>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

たまには苦手な分野にも挑戦するのですよ、性懲りもなく。たいてい全く入って行けず、残念!!!となるパターン、今回も悲しいかな予想どおり。
          *
どんだけ人を殺すんだ? まるでTVゲーム
>>続きを読む

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

4.3

IとIIの隙間を補完しながら進むストーリー、時系列を行ったり来たり、新キャラ(ヨン)も登場…。複雑すぎる。想像力が乏しくて、頭の中の整理に時間がかかる私は完全に置いてけぼり状態。メチャクチャ悔しいから>>続きを読む

インファナル・アフェアII 無間序曲(2003年製作の映画)

4.3

Iでヤンがあんなふうになってしまったから、IIでは話が前に進まないだろうと思っていたら、Iの前日譚でした、なるほど。「ゴッドファーザー」IとIIの関係にちょっと似ていると言えなくもない。

I に負け
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.4

エリート警察官=実はマフィアのスパイ(ラウ)、マフィア幹部=実は潜入捜査官(ヤン)
この構図のもとで行われる麻薬取引をめぐる警察とマフィアの駆け引きがこの上ない緊張を呼ぶ。メチャクチャ面白いじゃないか
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.8

仮病で親をごまかして学校をさぼった高校3年生のフェリス、自分だけじゃなく悪友とガールフレンドもあの手この手で学校をさぼらせて、3人で楽しんだ一日の物語。ズル休みを見破ろうとする校長や、その他いろんな人>>続きを読む

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

4.3

タイトルは刺激的だけど、要は世界の優れたものを学んでアメリカに取り入れようという取材ドキュメンタリー。世界中のものを武力支配で奪ってきたけれど(世界侵略)、その方法ではできなかったことをマイケル・ムー>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.0

「下の句」を見る前に、とても楽しかった「上の句」を再鑑賞(歌をメモしながらという学習熱心な私)。「上の句」では大切な歌が3つありました。
          *
・ちはやふる 神代も知らず竜田川 から
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.0

マフィアの名作Part I~IIIは、まだPart Iしか見てなかったから、やはり見ておこうと。Part Iに負けず劣らず重厚! Part Iの後日談と前日談が同時進行するストーリーだから、事前にPa>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

4.5

誘拐された少女を捜索することになった私立探偵(=ケイシー・アフレック)が、警察と協力して事件を解決するという、ボストンを舞台とする話ですが、驚くほど意外な展開と、とても奥深い内容に心惹かれた作品でした>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.0

メディアでさんざん取り上げられる殺人事件における犯人の心の問題。その一方で何の罪もないはずの被害者の家族の心に残るトラウマ、こちらの方が大きな問題であるはずなのにそのことについてはほとんど取り上げられ>>続きを読む

浮雲(1955年製作の映画)

3.7

戦争末期から戦後の混乱期を経た激動の時代に、別れても、別れても、別れても…、結局は別れられない男と女の物語。
          *
男(森雅之)はちょっと陰がある感じで、毒舌で、ニヒルで…、イケメン
>>続きを読む

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

4.3

とても楽しい作品でした。
          *
三十路を迎えた作家志望の女(イチコ)と、美大卒フリーターで年下の彼氏(サオトメ)とのラブストーリー。というよりは、いろいろな恋愛局面でイチコの脳内キャ
>>続きを読む