おしゃきさんの映画レビュー・感想・評価

おしゃき

おしゃき

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.0

むー!ビリーワイルダー!
紙媒体で出して欲しいてくらいの楽しい言葉遊び

白黒なだけで現代でも通じる面白さ、でもあの時代だからできる面白さでもある よかった!予想外のTheENDはデス・プルーフ以来の
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.3

ジャッカルおかわり嬉しかったしやっぱり実写の方がくだらなさ倍増で好きやな─────
岡田君は佐藤でええわ─────

アクション映画として最高なのでは?!!
序盤でもうお腹いっぱいなのに次々と口に美味
>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

3.5

門を開け、視野が広がるあのシーンはワクワクした いいよジェームズ・マカヴォイ…
「結局母親が悪いじゃん!」←そう

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.5

みんないいキャラしてるし、いい表情してて好き
きな臭さが嫌で日本のドラマとかマンガからの実写化は好きじゃないけど楽しめた

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

みずみずしくて爽やかな映像と反対に官能的な2人の恋、調和が取れていて美しい映画

でも性的なシーンが必要以上に感じる

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

内容を重視したジョンウィックという感じでシックな映像と一人の男の無双

常連のカフェで読書をしながら女の子と話すあの空間好みすぎるから、もうちょっと絡み欲しかった
全体的に暗い映像なので超暗い部屋か、
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

早く目が覚めて暇なので今作を見たわけだけど、優しい音楽に包まれて心地が凄く良かった リラックスしすぎて二度寝した

静と動みたいな対比がある2人の長旅は、凹凸を埋めるように人種や互いの悩みを乗り越え
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.5

トラボルタが女役で出てる!と聞いてワクワクしながら観ると予想と全然違う可愛らしいママでニコニコ ママ大好き
後半からテーマ重いはずなのにスっと見れちゃう

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.5

最初の1時間でだいぶ心やられたんで前編後編分けて見たけどそれでも苦しい
徐々に自分の知らない女性に変わりゆく夫をそれでも支える奥さん、奥さんがゲルダで本当に良かった

いのちの停車場(2021年製作の映画)

-

なんとも評価しづらい映画だし、受けがいい年齢層は高いように感じた
でもラーメンを食べるシーン好き
部屋に溢れる外の光が綺麗で、この監督は写真撮るのがうまいんだろうなあ

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

3.5

アトラクション内の人形が実は…なんてこったい もう大人なので一人で見れた

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.0

カットすると皆普通に動くと思ったら怖いな そのくらいの周りの演技力

圧倒的なオーラで圧倒するのがデニーロだと思うんですけど、目の横のホクロで認知したくらいに別人に見える
全ての物を新鮮に取り入れる姿
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

ザックエフロン顔がいい上にバスケができるってなったらチート
2度目の17歳ということでバックトゥーザフューチャーかな?って思ったらちょっと違う!面白い!奥さんを眺めるその目は完全に旦那すぎて、なんだ?
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

3.5

アンジェリーナが20歳前半まで自傷癖がある鬱病だった事を知った上で見ると、あのシーンは自身の叫びの様に聞こえる
またウィノナも役と同じようにボーダーラインを患っているのでセリフや心境に真実味があって考
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.0

同い年の映画だ!いいなこれ〜…修学旅行みたいな大人の青春と一期一会と15歳の淡い恋心
「友情はアルコールと一緒」ってセリフ本当にいいな

バカはしゃぐ大人たちを見て何か懐かしさを感じて響くものがあり、
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

マーゴットロビーの演技力なんよ…色んな感情を渋滞しながらチーク塗るシーン鳥肌よ これだけでも見たかったの

トーニャのまわりの環境さえ良かったらこんな事件にはならなかったの不憫、コミカルに仕上げてるけ
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.5

どんな映画でも食べながら観るのが好きなんだけど、なぜか食べ物が不味く感じた

監督のデイヴィッドリンチが、若くして予期せぬ彼女の妊娠を元に作られたそう 主人公の不安定な情緒や幻想、未熟児な赤子全部が
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.0

ユニークすぎるよジムキャリー
嘘をつけなくなった時の顔よ、表情筋どうなってるの?

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

-

幼い頃のトラウマ

音を出さずに、ゆっくりと、じっくりと近づいてくる背後
徐々に侵食されていく前半は上質なホラー映画見てる気分で大好き 白黒のモザイク使う発想良〜!!上手い!

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

手書き風だからこその温かみを感じる絵
シンプル尚且つ余計なものを映さない最低限の情報でここまで濃い12分の映画がある事に驚く

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.0

娘の問いかけの答え好き パパならではの子供っぽいけど柔軟な考え素敵だと思った あの数分のシーンだけでも充分互いの愛を感じる
本当にこんな家庭環境があるんだったらどっちに転んでも娘の幸せを続かせるのは
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.5

死体解剖の掛け声が魚捌いてる寿司屋なんよ
社元の目に光が当たるラスト、今まで蓄積された感情を爆発する行動、とても良かった。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

娘を殺された母親を中心に周りの人物の視点も観れるので様々な人間模様を楽しめる

倒れこむくらいにトラウマを抱えてもオレンジジュース差し出すレッド君よぉ…幸せになってくれ
この映画の終着点がどうであれ、
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.5

そろそろゲーム化してもろて...
キアヌまだ全然若い!突然の日本要素わろてもた、出直してこい

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

私だけのモナリザ〜…
見たあとはポカンしてたけど徐々に情報を吸収していって今余韻を感じてる

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

5.0

好きだ…好きだぞ…何度ハウルとソフィーに惚れたかわかんない
ハウルが最初に言った「探したよ」の意味、空中散歩の高揚感

心って重いものなのね〜〜!!!素敵だ…、ああみんな好きだ〜!!!!!
去年の夏み
>>続きを読む

閉ざされた森(2003年製作の映画)

3.5

トラボルタ〜おまえいい男だな〜〜〜
トラボルタが口でクックッって鳴らすやつ私もやりたい 2回目以降の方が絶対面白そう

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

3.5

猫 猫 猫 穏やかな風景、
老後はこの島に住もうかな

歌い疲れた時にカラオケで配信されてたから癒し求めに友達と見た エンドロールの猫たちの本当の名前でゲラゲラ笑える

世界一不幸せなボクの初恋(2019年製作の映画)

3.5

幸せを感じると失神してしまうチャーリーちょっと不器用で可愛い過ぎませんか?マーティンが演じることでさらに愛くるしいわ

暗い曲ガンガン流してもマイナスな発言を呟いても、豊かな感性で日常に溢れる些細な事
>>続きを読む

>|