PDeSIGNさんの映画レビュー・感想・評価

PDeSIGN

PDeSIGN

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

2.9

詩的な作品。
小四知識の漁師とお嬢様
ポエムに感化して作家を目指すが歯牙にもかけない。
社会主義とか個人主義とか絡まって出版にこぎ付き大当たり
これは夢か幻か

モンスターハンター(2019年製作の映画)

2.6

ゲームがごとく。

見所満載

ニューワールドの入口
虫が湧出すシーン
夜行性地蜘蛛の巣
砂の海でのバトル
オスプレイ墜落
吐く寸前に逆流作戦

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.3

閣下と部長の関係
マッコリと儒教の教え
ブレない初心と疑心
追い込まれての衝撃行動
ラストはリアルに息を飲む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

スタイリッシュ&ウィット群像劇

イタリアンアパートメントはシャレ乙なり

知ってても知らんふりしていい夫婦

はちどり(2018年製作の映画)

3.0

子供の成長に理不尽は必要?

韓国の中2女子
韓国の団地
韓国の食卓
韓国の塾
韓国の指切り
韓国のインフラ
韓国の格差社会

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.5

昔の正月かくし芸大会の
トリのドラマ的なキャストで織りなすレッドクリフまでの話。
ゴースト軍師橋本環奈にキュンです

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.9

いびつな石は馴染まない。

経年が自我の邪魔をする
不自由で自由な幕引き
役目が終わった街への哀愁
旅立つまでの旅はつづく。

他人から見ればボロ車でも私には家

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.3

嫌な気持ちにしてくれる
長澤まさみが嫌いになりそう
子供は大人のおもちゃじゃない💢

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

アンモ崇拝で妄想過多な赤付箋ちゃんの雨空の現実着地。はたから見れば愛すべきキャラだか、リアルに居るとウザったい鴨。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

突飛な構成、偶然の必然ありきで、裏をかきながら面白可笑しく話は進む。
斜陽産業も面白い発想で道は開ける事もある。

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.5

エンタメをガチで暴こうとする
超能力バスターズ姉弟博士
リプリーの仇を獲るぞと意気込んで
まぁそうだろ的なネタバレしたけど合点がいかん処は…そうきたか…
おいおいおい制御出来んのかーい!

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.1

垂れ流し、無責任、風見鶏。
ワイドショー、ツイッター。
掌返し、マウントポジション。
人間関係、隣人、他人。
視点、回転、逆転。
よくあるパターン。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

バカ話の後はスケボー
スケボーの後はパティー
主人公の少年がまぁ可愛いこと可愛いこと
スケボーを通じて仲間に入れてもらって背伸びして痩せ我慢して冒険して段々と絆を深めて行く。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

ダニエルボンドコンプリート

今回はストーリーよりは映像重視
・雪面能面狙撃者
・撃たれまくりアストンマーチンからの逆襲機銃
・胸元割れ過ぎドレス
・眼球内通信装置
・ボンドの土下座
・ワンカット階段
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

地球12秒停電で色々歯抜け状態。
売れないシンガーがエドに認められて一気にLAスターダムに駆け上がる!
最後は浜辺であの人に会って改心して笑顔でハッピーエンド❤️
もしビートルズが無かったらロックも生
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.7

チャイニーズムロツヨシが段々と神々しく見えて来て最後は何故か涙が出てしまった。
チャイニーズ小栗旬も段々と感化されていく。
関税なのか暴利なのか製薬会社の高飛車ぶりが許せない!

マシニスト(2004年製作の映画)

3.5

ガリガリで不眠。
設定は大好物。
グングン引き込まれて、多分そうだろうと思って観ているが現と虚が絡み合って地下道の淀みにはまるが、残念ながら着地のインパクトが若干弱いが、寝てない男の夢の話で面白い。

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

3.0

負けても負けても次に希望する。自分でももうヤバイなと思いながら好き故に続けてしまう。モテようとなんとなーく始めた拳闘に段々とのめり込んで行く柄本に最後は目頭が熱くなってしまった。良いコーチは良い選手と>>続きを読む

スターリングラード(2000年製作の映画)

3.7

ガチな川を巡る戦闘シーンからの
一発必中でカリスマ狙撃手へ。
ロウ対ハリスの裏の裏の読み合いに手に汗握り、ロマンス編では
ヤバイよヤバイよ声出ちゃうよで手に汗握る。
ラストは懺悔する相棒にお前が倒した
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

バッドマンのクールなメカ、WWのビューティ鞭さばき、アクアマンのフォークマナー、新人のサイボーとサンダー。サイコロ三つ揃ったが、S復活最強チート。
敵に厚みは無いがシンプルに楽しめる作品である。

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

2.8

かつてない斬新な決着。1984の風俗演出が良い塩梅。WWの生い立ちとかは知らんがスーパーサイヤ人的だったのね。倒産ギリの父さんが願い叶えて大風呂敷広げるだけ広げてスタコラサッサってさ。願うな!真実を受>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.8

吹替版を鑑賞。やはり絶対にアルパチーノは野沢那智。マイケルコルレオーネからスカーフェイス、カリートまで。ショーンペンハゲとるやないけ!
一宿一般の恩義がある弁護士がコカイン中毒化して元麻薬王が雑に扱わ
>>続きを読む

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.8

ゴミためのような家内制町工場長屋街専門の高利貸し。韓国人は鶏や鰻を丸で買うんかい?
徐々に打ち解け突き落としたつもりが改心して懺悔する。
夜明け前の路に一筋の涙。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.4

始まりは晴天の真珠湾での零戦奇襲。劣勢の米国が暗号解読してミッドウェイで迎え撃つ出来過ぎた急降下爆撃機のエースパイロットの物語。
何度も登場する空母に急降下して爆弾を落とすシーンは息を飲む。
中国のシ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.4

地道な長女、勝気な次女、姉を羨む三女、アイドル的な末女、隣のイケメン、その家庭教師。女の幸せって何的物語。

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.0

チャミスル呑んで、
ジャージャー麺4杯食べて、
露店のクジ当てて、
愛煙家とドライブして、
おつかい行って料理して、
B級コメディのふりして、
最後に持っていかれた💦
あっぱれ👏

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.4

CGに馴染むまで時間かかった。
観ていて安心なカリオストロテンプレ作品なんてな。敬礼!

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

設定やキャラは好み。話も中盤後期までは集中して観賞。ポロリからは…ガーン!
放置されて愛に飢えた少女が都会でバレエに魅せられて成長していき、トランスジェンダーが母性に目覚めて、そして母になる話。

日本侠客伝 昇り龍(1970年製作の映画)

3.6

仁侠純愛物語。デジタルリマスターで復活した美眼光と肉体美の健さんと妖艶美と幸薄美と藤純子さん。日本家屋でのガチな殺陣は大怪我しそうでハラハラドキドキ。片岡先生、剃刀鶴田御大、若かりし玉緒さんと昭和の大>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.3

プロローグアクションの電話ボックスまでが👍
アクションの合間に生い立ち挟み込みむから間延び感が否めない。WOWOW版がすごく良かっただけに情報戦アクションメインで見せて欲しかった。
1日だけ生きれば
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.9

♪足〜元に〜絡み付く〜
原点回帰作品
五右衛門も魅力たっぷりと〜

罪の声(2020年製作の映画)

3.3

親と子の関係性。親の仇を取る子。子を巻き込む親。革命家と警察官とキツネとヤクザ。知らぬ間に犯罪に巻き込まれた子供達のその後。価値観の違い。

(2020年製作の映画)

3.5

人生って良くも悪くもチャレンジの連続。傷だらけでもアザだらけでも笑いたかったら笑えばいいさ。

アス(2019年製作の映画)

2.8

出だし攻殻機動隊が始まったかと思った調べ。終始暗くてよく分からん。実は○○でしたチャンチャンじゃないでしょ!複製が仲良し子良しで横断始めて収集付かないでしょ!地下街が綺麗すぎてハマらなかった。

インセプション(2010年製作の映画)

3.6

ノーラン作品は事象を考えながら観るから右脳と左脳がバトルして1回目はほんと疲れる。

今回は2回目
夢の夢夢からの夢で得意の時間の速度が遅くなって、最後めでたく入国出来たはいいけど駒が止まるのか?回り
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.3

○1回目視聴結果
未来から?
核爆発?
エントロピー?
アルゴリズム?
回転ドア?
赤と青?
挟み撃ち作戦?
実は俺が!?
         2回目につづく
○2回目の視聴
セイターは未来人からの契約
>>続きを読む

>|