fumiさんの映画レビュー・感想・評価

fumi

fumi

映画(194)
ドラマ(0)

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.2

王様のブランチで紹介されていたので見てみました。けっこう笑えるし、コンパクトにまとまってて、よくできてます。アイディアで面白い映画は作れるよね。かなりのB級だし、グロいシーンもあるので要注意です。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

ラストに向けてのまとめ方が冴えないので、見終わっての印象は良くないけど、途中は結構面白かった。割と好き。観るまではもっと下らない話かと誤解してた。非現実だけど遠くない未来にありそうな、そんな恋愛をリア>>続きを読む

プール(2009年製作の映画)

3.0

ゆっくりとした時間、セリフの優しさ、プール越しのカメラアングルなど、のんびり心地よい映画だとは思います。親子とか生死とかテーマはあるけど、めがねやかもめ食堂みたいなジワッとくる感じはなかったかな。

めがね(2007年製作の映画)

3.5

好き嫌いは分かれそうですが、先入観なく自然体で観るのがいいと思います。設定とかはよく分からないままなのですが、見ているうちに私は緩さに引き込まれていました。パッケージの写真いいですね。梅干し食べたい。

紙の月(2014年製作の映画)

3.7

原作は読んでないですが、ストーリーわかりやすくて、雰囲気も軽すぎず、重すぎず、自分は割と好きでした。面白かったです。ありそうでリアル感のあるミステリー小説の世界を、宮沢りえさんが上手に演じ出してる感じ>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.8

全体にベタっとして山谷があまりない映画なんだけど、少しも退屈せずに見ることができる。後味もいいです。たった50年ばかしでこんなにも世の中が変わるんだって事を改めて実感。それを2時間で教えてくれるなんて>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

とっても気持ちのいい映画です。史実と絡めているのも面白い。見終わった後もジワります。虐待、戦争、差別、すれ違い、普通なら気持ちが沈みそうなシチュエーションも、彼の優しくて真っ直ぐな性格の前で暗さは感じ>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

2.8

うーん、スピンオフなんだけど、ワイルドスピードの名前つけるならもう少し頑張って欲しかった。ホブス嫌いじゃないし、バカバカしいド派手さもあるにはあるけど、何か適当な感じ。ワイスピの楽しさはこんなものでは>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

3.5

三週連続。シリーズ、世代を超えて引き継がれてるキャラも相変わらず。ただ、当時も思ったけど、ちょっと物足りない。面白いんだけど、期待が高まりすぎなのか、SF感が乏しいからなのか。うん、ホバーボードが活躍>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

3.6

2作目も今でも色あせてないですね。前作あっての本作ですが、シリーズ続けて見ると細かい所まで前作の記憶が鮮明なのでより楽しめますよ。伏線だったのか、前作意識した放り込みなのか。作り手が楽しんでますね。テ>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

何度も見ているので敢えて見ることはないけど、地上波で流れるというと見てしまう。名作ならではの魔力です。SFのワクワク感、過去に戻ってのオールディーズっぽさ、テンポのいいストーリー展開、楽しいですね。本>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

ド派手なアクションで安定の面白さ。シリーズで作ってきたキャラもしっかり出てるし、ハッピーエンドのラストに自然とにやけてしまう。次作はどんなのが飛び出すのか毎回楽しみだけど、自分的にはメガマックス、ユー>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

金曜ロードショーで視聴。少年マンガの感じをそのまま再現って感じ。何も実写で見なくてもいいよと思っていたけど、変にアレンジしないで、コレはコレでありだと思いました。映画には配信する力がありますもんね。い>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.1

スピード感あってカッコいいのは前作同様。しっかりとどめを刺す殺し屋ぶりは相変わらず。ストーリーはおまけって感じで、あまり深みはなかったかな。普通には楽しめます。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.6

久しぶりに見たけど、やっぱり気持ちがハッピーになる映画はいいわ。完全に知ってる話なのに楽しい。歌のシーンがもっと多くてもいい。ゴスペルもっと聞きたくなる。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

まあ普通に楽しめるアクション映画。100分はあっという間。ストーリーはありがちだけどキアヌリーブス雰囲気あって格好いい。カーアクションしながらの銃撃がスピード感あって良いだけに、2人の格闘は不明。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

よかったです。NASAで活躍した黒人女性たちの実話。差別がなければ世の中もっと発展してたんだろうなって思いながら見ていました。邦題ドリームというこの映画の原題はhidden figures。才能を活か>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

飛騨古川に旅行に行った時、聖地巡りをする外国人が何人もいたなあ。あの時の飛騨も暑かったホントに。太陽の光や自然の美しい感じ、綺麗にアニメで表現されてます。自分には少し軽く感じられたけど、ストーリー、音>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

バットマンシリーズと同じで、映画の暗さもだけと、人間の闇が深いです。この人物に同情していいのか。狂気と悲哀とが入り混じって、何が悪で何が正義かわからなくなる。たった2時間で見ている人にも色んな感情を浮>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.7

久しぶりに鑑賞。知ってるストーリー、わかりやすい設定なのに、見入ってしまう。歌と映像、魅力的なキャラクター、ハッピーエンドで全部が楽しい。優しく可愛らしいラプンツェル。ディズニーの女性キャラの中で常に>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.6

まあ映画にありがちな設定ですけと、感情の変化が素直に感じとれるし、前向きになれる好きな映画です。限りある人生をどう生きるか。分かっていても行動を起こすのは簡単ではないですよね、1人では。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.2

ドタバタコメディで、自分が好きな部類の映画とは違うんだけど、なぜか昔から大好きな映画の一つ。
アメリカのミュージカル映画の楽しさ満載で、大物ミュージシャン達が脇を固めてていい味出してるのよ。
コメディ
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.6

やっと見た。絵的に美しいし、音楽と合わせた雰囲気は、自分がイメージしてるパリの感じそのままで魅力的。ストーリーには伏線あるし、臆病だけど可愛く大胆に前に進む感じも良かったです。でも、技巧的すぎと感じて>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.6

ウィットに富んでシニカルなジョークたっぷりな会話で楽しまされつつ、ねちっこい長い台詞やクセの強い思想感に付き合いきれない気分にもさせられ、アニー側目線で映画に引き込まされていました。人生って微妙なバラ>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.6

誘拐された娘を救うためにた戦う父親。元工作員だけあってゲキ強いんだよねこれが。90分だけどきちんと盛り上がりの波を作れてるし、ハラハラさせられる感じもあって面白かったです。家族のために戦う父親はカッコ>>続きを読む

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

3.2

前作同様テンポが良く、アクション盛り沢山でも90分に上手にまとまっていて軽くみるのに丁度いい。意外感もド派手もないので普通だけど。家族のために本気だす父親はカッコいい。まぁ今回は自分が原因ではあるが。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

何でリメイクって思ってたけど、主役の二人とってもいいし、見てる間も後味もよくて、純粋に楽しめる映画でした。アドリブでしょうけど、不自然に自然な感じが何とも面白くて、笑いながら映画に入り込んでいました。

スター・トレック(1979年製作の映画)

2.5

昔の映画なので仕方ない所はあるけど、あえて今見なくてもいいかな、と思ってしまった。人間ドラマも含めて、オモチャっぽいというか入れ込めませんでした。新シリーズは割とよかったのにな。

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

3.3

大型アメ車のリンカーンに乗った弁護士が、金儲け主義的な切れ者ぶりと、人間味ある魅力的な面を見せる。事件に巻き込まれるも、弁護士としての職責果たしながら一気に解決するところは爽快です。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

全体に暗めで、題材も重ためですが、美しい素敵な映画でした。隠そうとしても浮かび上がってしまう苦しみだったり、深い闇の中でも受け止めてくれる誰かがいる喜びだったり、色んな感情を映像の明暗が際立たせている>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.6

イラク戦争に進んで派遣される実在のスナイパーをモデルにした映画。戦闘シーンなどはリアリティあって、敵味方もよくわからない感じもそうだし、張り詰めた緊張感、戦地の混乱、血なまぐささ、音と映像を通して伝わ>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

4.0

よかった! SFでもストーリーにドラマ感あるし、役者さんもみんなすごくいい味出してて、音楽も時代の雰囲気作ってる。タイムトラベルで現実や現在が判然としなくなる感じも好き。何と言っても、適度にわかりやす>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.1

リメイクだっけって思うようなベタな話だけど安心して見れる。ガッキーが五島列島の島で合唱部の子供達と。それぞれが答えを見つけて前に進んでいく感じはいいね。アンジェラアキの手紙が響く。映画感は乏しい。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。引き込まれるストーリーで、愛情が随所に散りばめられてるし、昔の邦画の様な雰囲気あるし、役者さんたちはいいし。家族って、繋がりって、何なのか考えさせられる。捨てたんじゃないわよ、誰かが捨>>続きを読む

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

3.6

トムクルーズと渡辺謙。制作した背景とか知らないけど、日本人の侍スピリット、生き様みたいなものを美しく見せてくれているので心地いい。話も普通に楽しめるし、ハリウッド映画なので安っぽくない。役者はさすがで>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.6

やっと見た。50年前の映画とは思えない。キューブリックすごいや。最初しばらくは見るのが辛いほど暴力的だし、面白いかと言えば微妙でヤバい感じなんだけど、音と映像とストーリーで映画として存在感は強い。言う>>続きを読む

>|