ぴーとさんの映画レビュー・感想・評価

ぴーと

ぴーと

主に洋画を好んで観ます。観た映画はなるべくレビュー書いてみたいです。これから観る映画の参考にもなるかな。以前観た映画も書きたくなったら書くかもしれません。★はなんとなくでつけています。2015年2月からFilmarksはじめました。

映画(471)
ドラマ(0)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

はちゃめちゃな展開にチャラい主人公に眉毛くっきりヒロインにどこかで見たことがあるような宇宙人たちにけっこう楽しかったですよ。

砂漠の上にゲームのように広がっていくごちゃごちゃした街並みにリアルなんだ
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.0

捕えられ脱出するために死のゲームに挑む人たちと発見された死体から事件の真相を追いかける刑事や検死官のふたつが同時進行で進む緊迫感と高水準のエグさの安心感。

これからシリーズとしてやっていくんでしょう
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

2.5

斬新な設定や思想もおもしろく演出も美しいのはわかるんだけど根本的にトゥルーマンが不憫でならない。設定はホラーでもおかしくないくらい恐ろしい。

コメディっぽく不自然に会話途中に商品を宣伝しだしたりとこ
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.5

1や2と比べてあんまり覚えてないなぁという印象がある3。あらためて観てなぜかわかった、ピーターが気持ち悪いんだ…あのネットリとしたダンスどうにかならないのか、MJじゃなくても「あなた、誰?」ってなる。>>続きを読む

アンダードッグ 二人の男(2016年製作の映画)

2.5

展開に抑揚もなく、ただ奈落に転げ落ちていく様を観ているような…なんとも救いのない映画でした。真面目に働こうよって思っちゃうけどもこれが親のいない、親から見捨てられて教育を受けられなかった子供の姿、韓国>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.0

他シリーズ含めスパイダーマンもいろんな敵と戦ってますがこのドクター・オクトパスことドックオクのイメージがとくに強い。本体は生身の人間だけど自我をもった4本のアームが強い、4本しかないのにオクトパスなの>>続きを読む

ドローン・オブ・クライム(2017年製作の映画)

2.5

地味な時間が多めでヘタしたら眠くなってしまうかもしれないけど観終わったあとは切ない余韻が残ります。

同じ”戦争”や”ドローン”をテーマにした『ドローン・オブ・ウォー』『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.0

スパイダーマンといってまず思い浮かぶのはこのスパイダーマンだね。

まさに悩めるヒーローといった観ていてちょっとかわいそうにもなってくる境遇のピーター・パーカー。おじさんとおばさん以外の周りの人間関係
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.0

ひさしぶりに観ました。後半明るくはなるけど前半無機質なビル群の風景も相まって「こんなに暗かったっけな?」という印象。

元ヒーローの苦悩が大半でしたが、ああいう仕事ではなくヒーロー活動じゃなくてもその
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.5

う~ん、たしかに問題作でした。観ている間なんとも気持ちの悪い不快感と延々と格闘してました。

問題作とだけ知った状態で観ましたが、最後までそういう映画なんだってわかりませんでした、あとで解説サイトを見
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.0

なんともかっこよくてオシャレ。計画の全貌を見せながら進行しているように見せかけてしっかりと見せ場になるところは見せずにワクワクさせてくれる。見せているところも計画時と実行時での計算ミスやハプニングの事>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.0

題材が重めで序盤がとてもつらい。娘もいっしょというところがよけいにつらさに拍車をかける。そしてラストに向かうにつれ…あれ?なんじゃこれ?…とサッサッサーと軽く流された感覚。

映画が30分くらいで終わ
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

2.5

自分はあまり映画やドラマなんかで見かけることのない時代背景。ルパンが使ってるような銃ばかり出てきてなんともあっさり撃ちまくりで引き鉄が軽く感じた。

サッカーボールを蹴るかのようにキ〇タマを蹴られるベ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

1人目~2人目そして3人目へと物語の展開が3人の人物を追っていくように展開していくのが不思議な感覚でした。3枚の看板ってこの3人のことなんですね。

ミルドレッドもインパクトあるんだけど…なんといって
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.0

まぁ楽しめたけどもうちょっとぶっ飛んでいてもよかったのかなぁというのが正直なところ。

このコンビ最近どこかで見たような気がしたけど『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のコンビじゃないですか。
>>続きを読む

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

2.5

「アホや」
いい意味でも悪い意味でもすべてこのひと言で感想とさせていただきます。

序盤の魚妖怪とのシーソーゲームあたりで「あ…まともに観てはいけない」と悟りました。いろいろとツッコミを入れたくもなる
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

ジャッキー健在。50代後半の2012年公開の『ライジング・ドラゴン』のときに「もう若くない」とアクション大作の引退宣言をしてから6年ほどがたつ。全盛期のキレはないもののまだまだ若い世代にひけをとらない>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

ああこれは想像以上だ…!なにかヤバい…不穏ってことだけは知ってたけど思った以上でした。この映画に出てくる白人みんな怖い、倫理観が怖い。

黒人の家政婦の涙を流しながら笑うあの不気味な笑顔のインパクトが
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.5

アメリカをはめた男…?…アメリカを振り回したように見えていいように利用され人生を踏み外した男…のまちがいでは?彼に翻弄された人もいっぱいいたでしょうけど彼自身まっくろの綱渡りの人生を自ら選んで突き進ん>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

5.0

なんという優しさに包まれた物語。ロボットの視点から観るのは人間としての生き方そして人を愛することのすばらしさ。

人間に近い姿の斬新な作り方から胸からコンセントが伸びて充電したりと世界観も雰囲気もすば
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.5

前科者だけど無骨で強くてこんなおじいちゃ…お父さんかっこよくてちょっとうらやましくもある。若者にはないこの渋さ、4DXが進化したら砂埃の演出といっしょに加齢臭も匂ってきそう。

マフィア?ギャング?か
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.0

これは観ていてつらくなる…序盤がとくにつらい。
子供が悪いって言いたくもなるしもっと話聞いてあげてくれないかとも思うけど問題の本質はそこじゃない。身の回りの世話をするロボットというのは理解できるが”子
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

いや…え?…想像したものとだいぶ違ってとまどってしまいました。もっとスタイリッシュでキレッキレのアクションなのかと思った。実際はものすごく現実感溢れる満身創痍のグダグダの殴り合い。

まぁとにかく逆に
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

2.5

う~む、苦しい。
展開する場面が少ないのもあってかどこか舞台を観ているような感覚もあった。まぁなによりも二階堂ふみと染谷将太の役者魂の凄さをぶつけられましたね、よくここまでできるなぁ凄い。

渡辺哲さ
>>続きを読む

妖術秘伝・鬼打鬼(1981年製作の映画)

2.5

これまたすごいのを観てしまったなぁ…香港映画の特徴(すべてがそうなのか知らないが…)の展開やストーリーを考えながら撮影を進める…という撮影方法が想像してしまうほどに謎の大ボリューム。増築に増築を重ねた>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

上映時間は長めだけど飽きもこないで観れたかな、と。しかしアフリカすげぇな…もはや地球なのかと疑う光景。

『スターウォーズ』や『ジュピター』の世界観に近い光景が広がるワカンダ。ものすごい高度な文明レベ
>>続きを読む

ZOMBEE 最凶ゾンビ蜂 襲来(2015年製作の映画)

1.5

あぁ…つまらない…終始うろうろしながらよくわからないいがみ合いを続ける人たち。女性保安官の眉毛がいちばんの謎だよ…どうしたらそんななっちゃうんだよ。

ゾンビも蜂もそんな出てこないしいらないシーンをも
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

世界観と雰囲気を作り上げるのに並々ならぬこだわりを感じる。カフェとかで流しておくとおしゃれ度が増すであろう映画。

有名なのは知ってるけど内容はまったくわからず世界観を堪能しつつ犯人は誰だろう?と思い
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

おもしろかったですよ。前作は『はちゃめちゃスタイリッシュアクション』だったのが今回は『はちゃめちゃスタイリッシュアクションコメディファンタジーwithエルトン・ジョン』でしたね~。ぶっ飛んでます。>>続きを読む

サイクロンZ(1988年製作の映画)

3.0

この映画…ジャンル…コメディだったのか…今知った。
たしかに笑ってしまったところもあるにはあるけど、コメディ的な笑いではなくあまりにシュールすぎて「なにしてんの?笑」というかわいた笑いでした。

『ス
>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

2.5

1回は観ておこうと思いながらもなかなか観れなくてちょうどいい機会なので…(なにがだ)

マイケル・ジャクソンのイメージはテレビで時々見かける奇行と整形。昔は凄かったとか曲も聴いたことはあるけどバラエテ
>>続きを読む

ドント・イット(2016年製作の映画)

1.5

全体を総括した感想としては「ちょっと何言ってるかわかんないですね」

ヒゲモジャのソロモンがとにかく気持ち悪いし何を言ってるのか何がしたいのかわからない状況が延々と続いていく…黒魔術ってこわい…

>>続きを読む

THAT/ザット(2016年製作の映画)

2.0

う~む…おもしろくない…笑

低予算なのか肝心なものは見せず(というよりも見せるに値するものがないという感じ)に雰囲気と音でびっくりさせようとするシーンがとにかく続いていく…おばさんがいちばん怖かった
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

元のほう観てないので比べたりはできないですが不気味な怖さが印象的です。1980年代の時代背景と思春期の少年少女の雰囲気とホラー描写がなんともマッチングしている。

公開当時アメリカ郊外で排水溝に赤い風
>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.5

キャストが一新されて再始動という印象。修理解体工で発明家というケイドも発明家っぽいのは序盤だけで途中からはもはや引退した元特殊部隊隊長という印象、あの動きは絶対特殊訓練を受けてます(確信)

本作だけ
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.0

1作目をパワーアップさせたような戦闘シーン、市街地で戦闘するロボットってのがやりたいことなのかな、と。

「え??ミカエラは?この子誰???」という映画開始直後にまず襲ってくる1,2と続いてきたヒロイ
>>続きを読む

>|