ぴーとさんの映画レビュー・感想・評価

ぴーと

ぴーと

主に洋画を好んで観ます。観た映画はなるべくレビュー書いてみたいです。これから観る映画の参考にもなるかな。以前観た映画も書きたくなったら書くかもしれません。★はなんとなくでつけています。2015年2月からFilmarksはじめました。

映画(437)
ドラマ(0)

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.5

キャストが一新されて再始動という印象。修理解体工で発明家というケイドも発明家っぽいのは序盤だけで途中からはもはや引退した元特殊部隊隊長という印象、あの動きは絶対特殊訓練を受けてます(確信)

本作だけ
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.0

1作目をパワーアップさせたような戦闘シーン、市街地で戦闘するロボットってのがやりたいことなのかな、と。

「え??ミカエラは?この子誰???」という映画開始直後にまず襲ってくる1,2と続いてきたヒロイ
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

4.0

パッケージだけ見てSF映画なのかなと思ってたがおもいのほかおもいのほかでした。

「衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は“えぐられる”」のキャッチコピーの通りラストの展開は心をグッとえぐられるような感
>>続きを読む

クローズZERO II(2009年製作の映画)

3.0

おもしろかったですよ
学園内最強を決したあとは他学校と戦うというなんともわかりやすいケンカ漫画王道の展開…というかそれ以外に展開のしようがないとも思う。

1に続いてまたも差し込まれる黒木メイサのPV
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.0

まるでモテない(主に男子の)妬み恨みを晴らしてくれるかのように性欲旺盛でパリピな若者たちをバッサバッサとなぎ倒してくれることで有名(?)な殺人鬼2人の夢の共演。

今回犠牲になってくれる若者たちの中で
>>続きを読む

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

2.5

フレディのことは知ってるんですがそういえば映画本編観たことがなかったなと思いTSUTAYAでレンタルしてみました。けっこうシリーズ本数あるイメージだけど1本しかなかったのでこれかなと借りてみたところ、>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

2.5

どうしたどうしたおいおい
後半の展開やバトルは前作よりもスケールアップして迫力もあってよかったです。

前半の人物描写と展開おかしくないかい?そう、サムとママだよ。
ママはなにこれ?こんな人だったっけ
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.5

小さい頃クリスマスでサンタさんからのプレゼントでトランスフォーマーのおもちゃをもらってうれしかったもんです。車がロボットに変形するなんて男の子が喜ぶ要素を完璧にとらえている。

変形シーンやロボットの
>>続きを読む

フェーズ6(2009年製作の映画)

2.5

こうして人類は死滅していくんでしょうかね。兄弟をメインにほぼゾンビの出てこない終末のロードムービーでした。

陽気な中に狂気をかもし出している兄と対照的に内気な弟が印象的。主にカラ元気のような兄の言動
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

ドラマは見ていません。
本家ドラマのリスペクトなのでしょうね、表現や展開や言い回しなどなにかといろいろと古めかしい気がする。

ドウェイン・ジョンソンの筋肉はさすがのひと言。ザック・エフロンの鍛えっぷ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

なんとも儚くも美しい映画でした。アイナーやゲルダのことを考えると感動とひと言では言い表せない複雑な心境になります。時折映る美しい風景画のような映像がより儚さを演出していた。

アイナーよりも以前にもい
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

2.5

脳みそが出たりとまぁまぁなグロ描写でしたが冒頭の鶏肉工場のシーンがいちばんエグいと思ったかな。つっこみ待ちなのかなんらかの風刺的な意味なのか教師連中がクセがありすぎて見ていて疲れる。子供のゾンビでさら>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.0

ラストでなんとかちょっとだけ盛り返したものの基本的には自分はだめです、これ。とくに中盤、オスカーにもティムにもいらいらする。

オスカーのいらいらタイムが長すぎる…。「またか…もうやめてくれ」となる。
>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.5

前作でバットマンの紹介を終えたからか冒頭からティム・バートン全開の雰囲気。ジョーカーよりもペンギンのインパクトの方が強い。あれで33歳…?。サーカスから飛び出てきたようなザコキャラとの戦闘はまさにゲー>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.0

読んだことはないんだけどコミックからそのまま飛び出したらこうなるのかなというイメージ。フィギュアとかゲームとかのイメージが強い。

今観るとちょっとコント感もあるけどジョーカーのインパクトが際立つ。コ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

最高におもしろいゲームを遊んだような、最高に楽しいアニメを観たような、最高な映画体験ができました。

時には瞬きするのを惜しむほどに情報量が多すぎて、ゲーム好きな人、アニメ好きな人、そして映画が好きな
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

緊迫感はけっこう薄いけど映画館でクスクスと笑い声の絶えないコメディとして満喫できました。

中身が高校生で見た目がいろいろとアレなのがギャップを生み展開をおもしろくさせてくれました。

ヒゲもじゃ中年
>>続きを読む

トゥームレイダー2(2003年製作の映画)

3.5

前作からゲーム感を薄めてその分ミッションインポッシブル感が足されているような。あ、監督がちがうのね、なるほど。

なにかしらの加護を受けているのか誰もララを殺せない。アベンジャーズとかに参戦してもそこ
>>続きを読む

トゥームレイダー(2001年製作の映画)

3.0

ゲームの映画化なんだなってのが伝わってくるくらい現実感ちょっと薄めのファンタジーアドベンチャーでした。

あんな大豪邸で3人以外人が見当たらないけど大丈夫なのか?とか細かいところにいろいろとつっこみた
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.5

ノーラン監督のバットマン3部作の終わり。
”伝説が壮絶に終わる”のキャッチコピーの通り見事なラストで締めくくった。

約3時間に及ぶ長編になったけど内容観るとよくこんだけいろいろ盛り込んで3時間以内で
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

5.0

う~む、悔しいけど満点をつけざるをえない。
良くないところを探しても見当たらないんだなぁ、というか良くないところを探してる時点でもう負けな気がする。負けました。

クリストファー・ノーラン監督のバット
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.0

必要以上に長く感じてしまった。バットマンが誕生するまでを描いてるので当然といえば当然だけどバットマンが出てくるまでがとにかく長い。

演出はたしかにすごいなと見入ってしまうってものはあるけどアメコミ系
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

どんなものかちょっとくらいは見たことはあるけどゲームはやったことないです。ファーストミッションということでまだまだ粗削りでなにかと失敗しがちでララ・クロフトのイメージ塗り替えという感じ。

ばっちりア
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

超人たちそれぞれの個性も見せ場もあって楽しかったです。DCの色みたいなものなのかアベンジャーズと比べると雰囲気がダークというか無駄に暗く重い気がする…もうちょっと子供向けな感じでもいいのではないのかな>>続きを読む

クローズZERO(2007年製作の映画)

3.0

だいぶ前に観たんだけど覚えてたのは序盤の芹沢のとこくらい。あらためて観てもやはり芹沢のインパクトのほうが強い、滝谷って名前も今回はじめて知ったんじゃないかってくらいに。

はじめだけだけどちゃんと学校
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

美男美女じゃなければ危うい場面もあるけれど、一途な純愛がとても美しい。

この映画の大きな魅力のひとつがアリーの笑顔だと思いますね。あの笑顔の為だったらなんでも頑張れる気がする、もっと多くの男が名乗り
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.5

最低だけど…最高だ!
いろんなゾンビ映画を観てきたけど群を抜いて下品だけど群を抜いておもしろい。

年齢的にわからなくもないがとにかくエロに執着してなにかと不運な目に遭うカーターと、ベンの超音波のよう
>>続きを読む

ビッグ・クラブ・パニック(2015年製作の映画)

2.5

え!?…映画まちがったかと思って調べてしまった…あらすじなんだこれ…ぜんぜんちがう…。なんだろうこのパッケージ…カニが見てる…夢…?

会話はほとんど聞き流しても問題なさそうな感じ…車の運転もハンドル
>>続きを読む

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

2.5

口に牛乳でも含んで笑わないようにして観てたら数分もたないと思います。
ぜんぜん漫画も読んだこともなくただただ高校生がケンカで頂点を争う~くらいの知識しかないんですが…だいたいそんな認識で問題なさそうで
>>続きを読む

サベージ・キラー(2013年製作の映画)

2.5

あんまり観てはないんだけどTSUTAYAのレンタルのとこを物色してるとこういった復讐系の映画を最近よく見かける気がします。

序盤は言うまでもなく観ていて不愉快。できるだけ苦しい思いをしてやられてくれ
>>続きを読む

OSIRIS オシリス(2016年製作の映画)

2.0

惑星オシリスが狭い…壮大なスケール~というなら広大な大地とかそこに住む人たちの暮らしぶりを環境映像のように見せてくれると世界観が広がってくれるんだけどな~…惑星の人口ほぼ囚人なのではないか…。

章ご
>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.0

なんというか…雰囲気がいいですねぇ。モンスターがぜんぜん出てこなくてもサムが美人なのでただ観光してるだけで絵になるというか。キャメロン・ディアスの若いころもしくは妹…みたいな美人さん。

低予算でつく
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

すごく独特な雰囲気。やさしくも深い緑色と雨が印象的。現代のおとぎ話…というにはいろいろとちょっと生々しい。

恋をしてからイライザがどんどんキレイに見えてくる不思議、やっぱり恋をすると女性は美しくなる
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

ジム・キャリー全開のラブコメディ。やりすぎでしょって思っちゃうけどやりすぎなくらいがちょうどいい。

新興宗教みたいなセミナーの雰囲気も異様で極端になんでも”YES”と言うのはどうかとは思うけど消極的
>>続きを読む

シャークトパス(2010年製作の映画)

2.0

時々なんも考えずにこういうのを観たくなります。

シャークトパスの説明がてら「完全に制御できるんです!(キリッ」から数分足らずで制御装置があっさり壊れ制御不能になるくだりはもはや美しい。

なんという
>>続きを読む

T.I.M. ティム(2014年製作の映画)

3.0

森の中のシーンが多かった印象で低予算感もあるけどけっこう好きですこういうの。アナログ時代のブラウン管テレビが頭についてるみたいなティムのデザインも愛嬌があっていい。そして男の子が微妙にかわいくないとこ>>続きを読む

>|