Satoshiさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Satoshiさんの鑑賞したドラマ
Satoshi

Satoshi

フロイト -若き天才と殺人鬼-(2018年製作のドラマ)

3.8

各場面に散りばめられた描写やシンボル,各話のタイトル,脚本構成に至るまで精神分析学的な視点が細かく表現されてる作品。心理学に関心がある人が視聴しても何の違和感もない上に,誇張はあれど「フロイトの捉えて>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 ファイナル・シーズン(2018年製作のドラマ)

3.1

Netflixを今日の人気まで牽引した作品の1つが,ハウスオブカードであることは誰もが認めるところ。主役不在でありながら,当時の世論の風当たりが悪い中 最後まで走りきってくれて制作陣にはお疲れ様と伝え>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン5(2017年製作のドラマ)

2.8

デヴィッドフィンチャーが離れて勢いが落ちた感があるが,それをケヴィンスペンシーの迫力ある演技がカバーしていると言った構図。
伏線や脚本にメリハリがなくなってきて,「監督帰ってきてほしー」っという視聴者
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 2(2014年製作のドラマ)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

冷酷無比になれる所以は,うちなる野望かはたまた憎しみ故か。
ほぼ対話しかない場面の連続の中で,シーズンを通してここまで緊張感を保てる作品は少ない。
命をも残酷な政治駆け引きの中では,一つの選択肢に過ぎ
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 1(2013年製作のドラマ)

4.0

これだけ主人公を死んでほしいと思う話はない。

男の欲望,女性の欲望。欲をだし過ぎれば自ずから堕ちる。
主人公が僕らに語りかけるのを含め,演出が渋く,緊張感や恐怖心を誘う。素晴らしくカッコイイ。

>>続きを読む

0

Sense8 センス8 完結編(2018年製作のドラマ)

4.1

本当の「共感」とはこのことを言うんじゃないかな。同じ感覚や身体性を共有する中で,お互いの経験や感情をも実感する描写。
他人と身体性を共有するなんて絶対に有り得ないんだけど,すごい現実味があって,近い未
>>続きを読む

0

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~(2019年製作のドラマ)

4.7

ラブ・アクチュアリーを思い出す。アラン・リックマンの渋い恋愛より渋いリアルな恋愛模様を感じさせる。そう感じさせるのは 現代的な夫婦観や独り身の恋愛観がベースにあるからだろう。
20代はキャラに共感し,
>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション シーズン2(2020年製作のドラマ)

2.8

面白い!自分のアイデンティティを確立し始めた友人達。だけど当の主人公2人の恋愛模様はぎくしゃくして見る側はイライラ。どこかもどかしく 実は両思いの友達2人が目の前で友達面してるのを観ていた高校時代に戻>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)

2.9

笑える!かつ思春期模様の複雑さに思い出ながら共感できる。現代にあった内容ながら主人公とヒロインは少し古臭いステレオタイプの恋愛観を繰り広げるギャップがより 2人の可愛らしさを引き立てる。
絶対懐かしく
>>続きを読む

0

マインドハンター シーズン1(2017年製作のドラマ)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

犯罪と感情の結びつきを探り証明しようとする若き刑事の物語。
犯罪心理をいかに立証するかという難題を視聴者は刑事と同じ視点で迫る。最初はただただ犯罪証明に心血を注ぐ主人公だったが,ストーリーを追うにつれ
>>続きを読む

0
>|