みさんの映画レビュー・感想・評価

み

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.0

日常をバサバサ切り取った途中で止まるセリフと、スキューバダイビングの、いわゆる海という少し現実離れした世界との組み合わせが、日常と車椅子と一緒に降ってくる女の子との組み合わせがとにかく素晴らしい。
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

5.0

いい映画とは序盤からわかるものがたまーにある。
カメラのシーン。
そこから繋がる、暗闇から光へ。裏から表へ。と言った流れが最高です。
それは、普通であればある種の緊張感があるようなシーンですが、それが
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

5.0

ドカッと沈んだ気持ちで映画館から出てきた。こういう展開はあまりどうも思わないことが多いけれど、ストーリーが~ストーリーが~と言われていたので、どうせ…みたいな気持ちで観てたからなんでしょうね。
個人的
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

2.0

太陽の眩しさと走る2人。最高のシーンでしかない。
気の合う者同士、太陽の暑さや眩しさといったものを共有するのは確実に青春といっていいだろう。
汗。それも気にならないくらい真っ直ぐに目的地に向かう。これ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.0

一週間を「たった」と表現しているのに、心配、寂しさなどがその「たった」を消してしまい、一週間分のいや多分体感だともっと長く子供がいないという事実が生んだシーンが最初にあることは例え物語に意味を持たせな>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実は終盤でこの映画こんなテーマ扱ってるのにこういう展開って最悪だ!と思ったんです。上手くやられたわ~。
全く予想できないオチでよかった。

音楽を楽しむのは人類共通か。

客の買うモノが分かっている感
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.8

観るストレス。素晴らしい。
もともと人間なんて歯車は噛み合わないもんです。こういう、存在するのかしないのか分からない人達が、感情を出しまくりで、なのに観ている側の私に感情移入させないのが凄い。
色々な
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.8

心地よいテンポでセリフが流れていき、女性としての正しさや幸せ、時には苦労などを説く。
美しいシーンが多すぎる。例えば柵をこえるために映る靴とか、鍵でタッチとか、ダンスとか。
あとは雪が最高。緑もいいけ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

ゼインが幸福な人生を送っていたらどう考えただろう。そこに「僕を」産んだ罪は存在しないかもしれないが、自分は幸せだとしても、それは自分が幸せなだけであって他の「ゼイン」は存在する。
自分はいいとして、じ
>>続きを読む

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

変換して初めて気づいたけれど旋律と戦慄をかけているのが面白いね。


「コナンとしてなら素直になれるんだけどなあ」というセリフがあったがそこに存在するのはコナンであるが新一である。
本物は一本目の電話
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.8

なぜここに(施設)いるのかと疑問を持ち、ルールに縛られる。
社会的に力を持っていない。つまりは従うしかない状況に置かれた人間はどう思うか。
自由というものが難しい立場におかれていると、外へ憧れるのは普
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

どれだけいがみ合っていて、倒したとしても相手を称えるように手を差し伸べる。そして立ち上がる。きっちりスポーツであり、レスリングとは喧嘩ではないというのが序盤でわかる。
調べたらレスリングは世界最古のス
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

5.0

映画の評価、というか「5点」を付ける作品について根本的に考えが変わる作品を観てしまった。
これ凄いわ。

「映画」に対する無駄がない。
この作品で言われたことをやるといい映画が作れる気がするし、映画の
>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

4.9

観て思ってた疑問がラストとエンドロール?で全て解決してしまった。
残り時間が見える映画館ではないからこそ、ちゃんと終われるのか不安になれるくらい最後まで詰まっていたのでびっくりした。

とにかく真っ直
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

追体験をし、いくら騙されるか。
罪の扱い方。
この二つがバシッとハマる人は好きなんだろうね。


少しの会話では判断出来ない、沢山の緊急性のない電話がかかってくる中、作品としてこれから運んでいく一つ
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

4.9

近づくことが無さそうな関係の二人の距離の詰め方。絶妙であればあるほど、その作品は好きです。
SNSのFF比を見ればすぐにわかることですが、きっかけがなければ決して接点を持たないであろう二人。
いやー、
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.9

私が知らない世界の心情や行動など面白い視点で描いていてよかった。
前に観た時、3年前くらいかな?は、どう楽しめばいいのか分からなかった。
まあ、結局身を任せて観たんですが、少しは面白さに気づけたと思う
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.0

痛々しい描写は少なく、賢い心理戦と言った感じで、もうそこ1本の勝負をしているなと思った。
他にも光るところはあったかもしれないが、それだけで充分満足のいく作品だった。

凄い語りが多く、ミステリとして
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

緊張したり、安堵したりと忙しい映画。
とくに中盤は目まぐるしい展開で観ててとても疲れた。
命がかかっているから当然といえば当然なのだが。

最初の緊張感を演出する音と行動で、この映画の中に一気に引っぱ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.9

構成がとても面白い作品。
カチッとハマる瞬間がたまらない。

スーツに煙草。
これくらいの年齢の人にこの2つの要素を組み合わせると、最高の「かっこいい」が出来上がる。
煙草の吸える歳になったばかりでも
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.9

海には死を感じる事が多々あります。
死が近いものは、恐怖もありますが同時に惹き込まれることもあります。
海や波の美しさがBGMなしで音を含め徹底されているが、どんな生物がいるか、もし溺れたら…なんて事
>>続きを読む

劇場版 きんいろモザイクThank You!!(2021年製作の映画)

4.9

今まで相手に依存しているように見え、ほわほわ立ち止まっていた子達が、進路という現実を見つめ、1歩踏み出す姿が描かれ、そして「卒業」という形で新しい世界を切り開いた時、映画館なので、声が出ないようにこっ>>続きを読む

きんいろモザイク Pretty Days(2016年製作の映画)

4.8

新作のために再鑑賞。

昔まで遡り、いかにしてあの日常が生まれたのか。
友情というちゃんとテーマがあって、アニメ版観てよかったなって。
受験前の描き方なんだけれど、なんとかするのがちゃんと友情パワーで
>>続きを読む

少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト 再生産総集編 ロンド・ロンド・ロンド(2020年製作の映画)

4.0

普通の喜び、女の子の楽しみ。
全てを焼き尽くし、遥かな煌めきを目指す。
それが舞台少女。
夢、未来にかける気持ちは、誰もが真剣で。
その真っ直ぐな眼差しや気持ちに心打たれる。
目指すもの、見えているも
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

4.8

ラクガキって昔はなんでも表現している気分になれたし、ましてやこの時期の子供心の表現力って偉大です。
普通に作品としての完成度が高くて驚きました。これは当たりのクレしん映画。
ラクガキというテーマでここ
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.9

ラスト数秒で点数が爆上がりした。
これ映画館で観てたら200年は立ち上がれないと思う。
終わり方はこれでいい、これがいい。
序の衝撃や、破のお洒落さがあった訳でもない。正直中だるみもあったし、面白くな
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

2.0

ここまでほぼ完璧に面白かったのに、それが今作には無かったのが残念。
ただ求めてたものは終盤に観られたので満足かな。
さて、次だ。

67本目。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.9

凄すぎ。


余裕からくるものなのか、歌いながら出動するのがあまりにも魅力的だ。

式波さん、エヴァ知らない時ですら、なぜか知っているキャラであり、セリフも聞けて満足。

語りが、世界観が違うにも関わ
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.9

ラストまで見届ける価値のある作品。積み重ねてきたもの(これは意味あるのか?と不安になってたのだが)をラストできちんと意味を持たせたのにびっくりしたからです。
久しぶりに心を動かされるような映画だった…
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.5

目からの情報と、耳からの情報。
戦闘の迫力、ノリノリのBGM、しびれるセリフ。
映画ってやっぱりすごいよね、という作品。
あまりなじみのない世界観に対して、序盤にすでに受け入ることができるのは作り方が
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

5.0

私の場合、歌というものは、初めて聴いてハマるというのは少ない。
何度か聴き、歌詞を覚え…という段階を踏まなければいけない。
しかし、今作の歌は一回聴いただけで涙が溢れた。
でもそれって歌の力だけではな
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.9

この作品、一つ疑問が残り、答えが出ないまま終わってしまった。
というのも、別に矛盾とか不満とかではなく、ちょっとしたことなのですが、答えがどうしても出ない…
まだ観る力が無い、ということでしょう。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

気をつけろ 私が行く。

感動させるほどの歌声やパフォーマンス。
夜の街での、時間は短いが腕を引っ張るシーン。本当にお金は関係ないんだな、と思った。
ダラダラせず、テンポの良さや音楽の良さが、ああ、や
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

4.9

フォロワーにオススメされて。
はやく3作品完走しなきゃ🏃💦
綺麗に映っている青空や向日葵。
それが2分くらいお話中に続くのだけれど、それが飛行機雲や、車によって壊されていく…



「死」についての話
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

1.0

作品としては綺麗に進むんだけど、なんか退屈だった。
ミステリとして、出題編はワクワクしたものの驚きもなくまあ…という感じ。
ラストはなかなか光ってたと思う。


59本目。

>|