RBoiさんの映画レビュー・感想・評価

RBoi

RBoi

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.7

黒澤明、三船敏郎タッグの傑作サスペンス作品。

昔からすこし遠ざけていた黒澤映画にハマり中です。
というのも七人の侍や乱、羅生門みたいな作品のように武士など時代劇系の作品しか見てなくて、勝手に近代の舞
>>続きを読む

スタイルウォーズ(1983年製作の映画)

4.4

俺としたことが書き留め忘れて...

Wild StyleとかマスターピースであるStyle Wars。
グラフィティーに焦点を当てたドキュメンタリー作品。
この作品が劇場で見れる!となればそりゃ行き
>>続きを読む

悪い奴ほどよく眠る(1960年製作の映画)

5.0

黒澤明監督、三船敏郎主演のサスペンス作品。

渋すぎる...
悪を成敗するのは警察ではなく俺だ。どんな手だっていい。まるでマットマードックとかブルースウェインのようなダークヒーロー感。

初っ端はいき
>>続きを読む

復活の日(1980年製作の映画)

4.9

草刈正雄さん。あんたすげえよ。
あと角川さんにも拍手です!かなりなクオリティで超大作だと思います。この頃はお金があるって感じがすごく感じます笑

コロナ禍の今、見るべきとかなんとかの議論はつまらないか
>>続きを読む

マンディンゴ デジタルリマスター版(1975年製作の映画)

4.6

胸糞が悪くなるほど現実味のあるダイレクトな表現で、終始ムカムカしていました。かなり心に突き刺さる忘れられない作品でした。

白人たちは黒人に価値をつけ売買し、奴隷として家畜のように扱っていたおぞましい
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.1

しっかりいい作品。

製作費300万、撮影期間10日間でこのクオリティー。拍手喝采とまではいかないけど、拍手!

ちがったなーと思ったのはジャケとの差だけでした。
ジャケはかなーり冷たいどんより系かと
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

4.6

1996年にアメリカで実際に起きたデイヴ・シュルツ殺人事件を基にした作品。

アメリカで最もお金のある大富豪の一つデュポン家。その御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件。人ってやっぱり怖いなってじわ
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.5

かなりDCのキャラたちと世界観は好きでどちらかと言うとMarvelよりも好きなわけなんですが、

DCEUは雑と言うかあまり面白くない。MCUが凄すぎるのか比べちゃうとレベルの差が歴然に現れてしまって
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

7年間の月日を費やし堀貴秀監督が作り上げたストップモーションアニメ超大作。

人間が住むことができなくなるほど破壊が進んだ地上。そこで地下開発を進める中で人工生命体マリガンを作り、労働をさせる。
だが
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

3.6

かなりおとぼけでユニーク。その反面内容はかなりどぎついイカレ映画。

なにが自町にとって脅威なのか、なぜ戦争するのかをわからないまま日々銃を打っている姿。戦争での兵隊を英雄視する町民。崩壊した町の政治
>>続きを読む

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.8

俺たちに明日はないのデュオ再び!です。

お馴染み犯罪カップルボニー&クライド。今作はアリソン&ユージーン。
弱冠17歳のユージーン(フィン・コール)は雑誌や本での大人の世界に強い憧れを持っていつつ、
>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

3.4

リアルすぎるほどのストップモーションのクレイアニメーション作品。R15作品。
監督、脚本にチャーリー・カウフマン。
最近では”もう終わりにしよう“とか難解で話題に。

家族との関係がうまくいってないマ
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.3

内容、そして展開とすごくSFと社会的内容を織り交ぜる新しく素晴らしい発想で良いなと思った反面、ん?これが果たして伝えたいことなの?って思うようなオチにされて絶妙にモヤモヤしました。

主人公は黒人男性
>>続きを読む

リターン・オブ・ザ・キラー・トマト(1988年製作の映画)

3.6

アタックオブザキラートマトの続編。

今作はデビューしてまもないジョージクルーニーが出ててびっくり!若い頃からしっかり青髭面イケメンです。

前回事件以降トマトが違法になる“禁トマト法”ができ、レスト
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

4.3

いい意味で、素晴らしく”サイテー”な作品。

ただ単純にトマトが変異して人間を襲うって言うだけの話。
ただでさえ話が無茶苦茶なのに、話の中での小さなアホらしさが最高にイカれてて面白かったです。

初っ
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.4

ファーンの物語と実際のノマドたちのドキュメンタリーが入り混じった素晴らしく綺麗な作品でした。

厳しい社会に暮らす60代のファーンは家を失い、バンでの暮らしを始め、働きを求めてアメリカを旅する遊牧民(
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1998年製作の映画)

4.6

最近忘れかけてたので再鑑賞。

ニューシネマパラダイスのジョゼッペ・トルナトーレ監督と音楽担当エンニオ・モリコーネの再タッグ作品。

1900の奏でる音楽と、彼の音楽への愛が伝わる作品でした。
やはり
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.7

ど名作を今頃鑑賞。と言うのもなんかジャックニコルソンには苦手意識があったのでズルズルと...

素晴らしい作品です。最近素晴らしいのが多いので“素晴らしい”の他の言葉が欲しいところ...(ただ日本語が
>>続きを読む

サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス(1974年製作の映画)

4.1

ミュージシャンであり、思想家でもあるサン・ラーが脚本、音楽、主演を務めたSF映画。

面白いのがサン・ラーが本人役で出ていることもあり、ガチでこの思想を持っていると言うこと。
カリフォルニア大学バーク
>>続きを読む

タイム・アフター・タイム(1979年製作の映画)

3.8

タイムマシン系SFでジャックザリッパーを捕まえるっていう新感覚な作品でした。

見る前は、ばからしいくコメディチックなのかと思いきやかなりしっかりした見応えのある作品でした。

時間移動中の表現とか自
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

スピルバーグ監督でメリル・ストリープ、トムハンクス等々名だたる俳優が出演。

1971年アメリカはニクソン政権下でベトナム戦争真っ只中のある時、国家機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の一部をタイムズ紙
>>続きを読む

ヒッチャー(1986年製作の映画)

4.8

かなり面白かったです。

シカゴからカリフォルニアまで車を輸送していたジムは、豪雨の中ひとりのヒッチハイカーを乗せる。そのヒッチハイカーは連続殺人犯でジムも襲われる。
その男はなぜ人を殺し、なぜジムを
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

ギレルモ・デル・トロ監督作品のSF系のラブストーリーになるのかな。

舞台は1962年のアメリカ、ボルティモア。
政府の機密施設で清掃員として働く言葉が話せない女性イライザ(サリー・ホーキンス)はいつ
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.9

正直観た直後だと「こんな感じか...」ってなったんですが、じわじわとまた観たくなるような映画でがっちりと心を掴まれる素敵な作品でした。

始まりはトトロのような質感でデビットがメイちゃんと重なり、全体
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.6

ジャケのボニーとクライドの2人が
銀行強盗しまくり、道中でプラス何人か引き連れて逃亡するロードムービー。

傑作ってこともあって、自分的期待しすぎた感がありました。何かがつまらなかったです。でも何かが
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く2(2021年製作の映画)

4.3

エディーマーフィー主演傑作コメディ。

今作は真の愛もそうだけど古い考え方や伝統、しきたりは必要か?ばかげてない?って言う感じのストーリーでした。ざっと言うと。

前回とは違い、ザムンダメインでお祭り
>>続きを読む

マルコム&マリー(2021年製作の映画)

5.0

ジョン・デヴィット・ワシントンとゼンデイヤW主演の最高にイカした恋愛映画。

全編白黒で2人の口論がベースで進んでいきます。ずっと口論してるし内容はヒリヒリしてる。普通だったらかなりハードですが何故か
>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

4.2

ロボ暴走SFもの。ジュラシックパークやターミネーターが影響を受けたとされる傑作です。
また2016年にはJ.J.エイブラムスとジョナサン・ノーランタッグのドラマシリーズにもなり話題に。

簡単に言うと
>>続きを読む

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(2019年製作の映画)

4.7

こういうシュールなブラックジョーク大好物。
しかも今回はさらにほんとにポンコツな男どもストーナーものが合わさって最高な仕上がりでした。(私的)

ジーク、アール、ロングの3人のしがないバンドが夜練習す
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.4

あまり感想書くほど無いですが、観たい作品がない時は良いです。

結果何かとツッコミたいとこ多いですがこれもなにかご愛嬌的な。

ドクであるクリストファーロイドが真っ白長男役なのがびっくり。
顔とか表情
>>続きを読む

ファンタスティック・フォー(2015年製作の映画)

1.1

感想書くに値しないほど酷かったです。残念...

一つ一つ雑でフォー自体好きなので悲しかったです。

まず彼らの設定が雑。
アッセンブルが本当に雑すぎませんか?笑
ファイアートーチなんかもう嫌そうやっ
>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

3.3

コロナの影響で劇場での放映が出来なかったパート2、実写版ムーラン。

アニメ版と結構変わってて戸惑いつつ別物で見れました。ですがここいるか?とあれないのか...があって少しだけ減点です。

映像、アク
>>続きを読む

きつねと猟犬(1981年製作の映画)

3.8

迷子のなったやんちゃなきつね(トッド)は、フクロウのビックママのおこないで優しいおばさんの家で飼われることに...
隣人である猟師のおっさんには猟犬がおり、ちょうど良いタイミングで同じくらいの歳の新し
>>続きを読む

プリンセスと魔法のキス(2009年製作の映画)

5.0

素晴らしい!

ブラックカルチャームンムンのプリンセス物があったとは!ドストライクです。各キャラクター個性的でノリもよかったです。

音楽はほとんどジャズで最高!
内容は他のプリンセス物と何ら変わらず
>>続きを読む

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

4.4

最近ディズニープラス観ることができるようになったので今まで見ていなかった名作をどんどん見てます。

いい話です。この話では差別がかなり大きく関わっていて、いま日本やアメリカ、全世界で起きていることと通
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

5.0

きらめき...最高ですね

そんなたいそうなものじゃなくて些細なものでもきらめきはきらめきで最高にエキサイティングなれること!だと思います。あーかなり明るくなれるなこれ笑

ジョーは音楽(ジャズ)がき
>>続きを読む

>|