日継さんの映画レビュー・感想・評価

日継

日継

2016/12/17開始

☆4からが本番
最近はprimeで闇雲に視聴しがち

映画(203)
ドラマ(0)

ドリーの冒険(1908年製作の映画)

3.3

どんぶらこっこーどんぶらこ、樽に入った娘が流されゆく姿はさながら桃太郎なんである。

馬車全力疾走→樽を落とすところのテンポはかなり面白いと思う。


所謂起承転結の起と結に同じ構図を持ってくるのって
>>続きを読む

ずっと前から好きでした。告白実行委員会(2016年製作の映画)

1.0

もうちょいやる気出してよ。
ってかカメラ近い!近い!顔!近い!圧迫!でかい!

最近、アニメーション(特に声優演技)が苦手になってきてる感あるな。まいっちんぐ。
なんでこれ観たんだろう。って思ったけど
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.8

相変わらずこの監督の映画の邦題ひっでえなー。かわいそ。

しかし本編は吸引力ありすぎ!
じわじわ面白いのは確かなのだが、あまりにもじわじわすぎて、えぐい。

2時間も観てるのに誰が誰だかよく分かんない
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.6

いわゆるエンターテイメント作品すべて、最低でもこのレベルの面白さになってくれれば良いのに。。
中島哲也。

中学時代の土屋アンナ、やっぱりうしじまいい肉に似てる。笑った感じがすっげぇ似てる。

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

2.5

言いたい事は凄く良くわかるけれど、憎しみで動かれても困る。
そーゆー問題じゃないでしょ。理解はするが同意はしない。
一体何が彼をこうさせているのか。。彼のガールフレンドもだけど。

ハムとヘロインを同
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.8

正に、こんなアニメーション映像詩を待っていた!ってな感じですな。

本編未視聴、初見。
視聴前から評判は予々耳にしてはいたが、いやはや。
山田尚子監督、各所で絶賛という感じだが、正直今までに視聴した映
>>続きを読む

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

3.6

本編未視聴、初見
始まり10分からして悪くは無いはずだ!という予感。そしてその予感はまさにその通りで。

六花のもうすぐ18歳という年齢設定も絶妙で、中二病でも恋がしたい!とは、なるほど。。
実に正し
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

2.5

おれの知ってるカポーティとなんかちょっとちがう…

名前を刻むこと、所有と放浪など

訓練された猫が大変かわいかったですのよ〜

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣(1996年製作の映画)

3.1

第4期鬼太郎(これが小さい頃に観ていた鬼太郎)
可もなく不可もなく、すっきりしているが抑揚もあまり無く

チンポはそんなに人気だったのかなあ。南方妖怪。きらいじゃないけどね。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.7

ただただ正しい。。

スローモーション、EDM
なんか変な演出でクソ正しいことを示す、珍妙だけど面白い
画面内に出てくる人の数がおかしい、広角
多分映画館で観るのが一番面白い(というかそれを想定したつ
>>続きを読む

ピアソラ 永遠のリベルタンゴ(2017年製作の映画)

2.5

邦題ひどい
特になにも動かないドキュメンタリームービー。あまりよい感じはしない。

人妻集団暴行致死事件(1978年製作の映画)

3.4

ここまで見事に登場人物全員が人間同士で関わっていないとは。。
欲望に宙ぶらりんに生きる人間たちの最悪の交わり方。
室田日出男の病理。あるよね。(あるか?)

安藤昇のわが逃亡とSEXの記録(1976年製作の映画)

4.7

本当に逃亡してセックスするだけで終わってしまうんである。ヤる食う逃げる。
これ、実はただの青春映画なのでは?
安藤昇がいっぱいズームインされる、楽しい映画。

牝猫たちの夜(1972年製作の映画)

3.4

役者の演技が少しキツい。。
話はあるけどないような軽い感じだ。
童貞がパンツマンになるところ、トルコ嬢と童貞とホモの楽しいデート、(元)童貞がビニール傘になるところ、新宿駅でシャッターが上がってゆくと
>>続きを読む

天使のはらわた 名美(1979年製作の映画)

3.3

はらわたが見たい、あたりからなんか凄みが出てくる けどあんま乗れなかった、何故…。

アイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!(2015年製作の映画)

1.5

まぁよくある総集編映像集、かなりぎゅうぎゅうで気持ちはハード。思い入れがものを言う。

天使のはらわた 赤い教室(1979年製作の映画)

4.5

水、水面、鏡面、堕ちるほど揺らぐ名美の姿。村木は彼女を襖越しに覗き見て、また雨の中すれ違うだけ。

少々クサい感じもあるが、極めてすっきりとしていて良い。完成度高し。地味に変な映画。曽根中生。

新宿乱れ街 いくまで待って(1977年製作の映画)

4.2

荒井晴彦だーー!
セックスシーン。ラスト。これが曽根中生か………。
なんだか何とも不思議な猥雑さだが、音楽も合わさって小気味よい感じに進んでいく。
一歩間違えると超苦手なタイプの映画なんだけど、これは
>>続きを読む

女の子よ死体と踊れ(2015年製作の映画)

1.0

ファンでもこれはきついでしょ(分かりきってるならわざわざ観るな) もねちゃん今なにしてるんだろう

巨人と玩具(1958年製作の映画)

4.9

あんたも土人の女よ。

あり得ないぐらいハイテンポップ
どこかおかしい、キャラメルの宣伝に虫歯だらけの女の子とかね、ってペコちゃんか
多すぎる人間と早すぎる台詞の面白さ。大阪弁×増村保造。
オープニン
>>続きを読む

でんきくらげ(1970年製作の映画)

3.8

一見よくありげなんだけど、なんか変な映画 増村保造の作りもの〜っぽさがよく出てるけど、わりかし落ち着いちゃってる

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

3.6

撮り方が良い 少し散漫だが
素人女子中学生の透けキャミスク水
最後のショットを代表に、主犯の子の顔が良い

結局は自分が生きていることへの不可解さを他者を殺すことで解消しようとしているだけなのよね た
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

1.6

せいぜい30分枠
しかし絵は良いのでこのスコア 東宝
ただ映像でのギャクのやり方にはもう少しやり方があるかと あと声優(声優ではないのでしょうがないが)

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.0

メタ構造、ああ、なるほど。。
まあ あらすじで全てが終わってるんだけどね。だからこそもう少し…うーん…。。
なにもピンとこない。

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.3

オタク・ムービー
対立する色、60年代(アトミックカラー!)は、そのままティムバートン自身の記憶の表出 であり、それが映画の中で回想として語られることの見事さ!
色のない世界でも色の世界でもない、クリ
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.4

わあいウンパルンパ、あかりウンパルンパだぁいすき
あの!あのシザーハンズを撮ったティムバートンが、ビッグフィッシュを経てついにこんな映画を撮ってしまうとは。
本日2月1日はチョコレート工場見学の日なの
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.0

ええ、なにこのスポ根胸糞ドラマ。
ピン送り、アップ、うまく言う言葉を知らないのだけど、なんというか映像のワンパターンなクドさとスポ根っぷりには、ちょっと閉口。
106分とは思えない体感時間の長さ。。つ
>>続きを読む

>|