MayumiMさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • MayumiMさんの鑑賞したドラマ
MayumiM

MayumiM

リンカーン 殺人鬼ボーン・コレクターを追え!(2020年製作のドラマ)

2.0

シリアル・キラー"ボーン・コレクター"の内面を描写した序盤〜中盤までは良かったのに、ボロが出てきたあたりからボロボロに……。
ソレより何より、比べちゃいけないと判っていても比べてしまうのは、脇役の顔面
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由- シーズン2(2018年製作のドラマ)

3.7

生まれる前から運命に弄ばれたような、そんなジュリアンの成長する姿が痛々しい。
そして、私情入りまくってるヘザーに対するイラッと感を見事にフォローして余りある影の功労者、相棒のフリッケに頑張ったで賞を是
>>続きを読む

0

The BAY ~空白の一夜~(2019年製作のドラマ)

3.1

もしかしてアリバイ工作に利用された?という疑惑をかなり最後まで引っ張っておいて、実は……という潔さは好感。
とにもかくにも、いい刑事になってくれよメッド。

0

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜(2019年製作のドラマ)

4.0

異常犯罪者を描いた作品はいっぱいあるけど、ソレを家庭の問題に昇華(笑)した作品はなかなかないんじゃないかと。
そして、TJの名前の謎を次のシーズンまで持ち越した英断も凄いぞ(笑)。

それにしても、ウ
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由- シーズン3(2020年製作のドラマ)

3.3

シーズン1は見てないんだけど、この物語って"洗脳の驚異"みたいなテーマだったりするのかな?
ともあれ、感化されてるコトを自覚できないという怖さは絶品。だけど、ソコに固執され過ぎたトコロがイラッときたり
>>続きを読む

0

BULL/ブル 心を操る天才 シーズン4(2019年製作のドラマ)

3.0

裁判科学というアプローチはどうなった?という疑問もさることながら、マイケル・ウェザリーの膨張率がシーズン毎に高まってる気がして仕方がなかったり。

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 ファイナル・シーズン(2018年製作のドラマ)

2.3

一身上の都合により降板してしまったことによって、よりケヴィン・スペイシーの存在感が増してしまったというシーズン。
とにもかくにもクレアが自らの"女"の部分を盾にし過ぎてる印象があるものの……最終話を見
>>続きを読む

0

刑事モース ~オックスフォード事件簿~ シーズン2(2014年製作のドラマ)

3.9

モースが死体慣れする毎によろめきエピソードが増えて色んな意味でオトナになっちゃってる件。

0

ウォーキング・デッド4(2013年製作のドラマ)

3.5

同情しかけると途端に突き放すようなイッちゃってる感を醸し出すフィリップ=ブライアン=ガバナー氏に翻弄されまくったんだけど、戦車の燃料はいったい何処から……。
トコロで、ダリルのポンチョがマギーに続いて
>>続きを読む

0

Absentia Season 3(原題)(2020年製作のドラマ)

3.8

エミリー・バーンが最強過ぎる件。
イヤむしろ、エミリー一家の不死身ぶりは笑っていいレベルかも。
とにもかくにも、娘が誘拐されたと思ったら息子は変人、婿さんまで誘拐されて孫も危機一髪という余生がてんやわ
>>続きを読む

0

ザ・グリッド(2004年製作のドラマ)

3.3

黙ってたって反目し合ってるのが定番の組織同士が、国すら乗り越えて一丸となる様はやっぱり敵がテロリストという漠然とした脅威ゆえかも。
しかも、ケッキョクは根絶やしにはできないってトコロが……問題の核心は
>>続きを読む

0

ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ シーズン2(2019年製作のドラマ)

3.7

喪失から始まったシーズンで、結局は克服しきれないままで終わってしまったのが残念。シーズン1ではあまり出番がなかったジョージアだったけど、死んじゃったアトのこのシーズンで好きになっちゃったワタシはどうす>>続きを読む

0

新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~ シーズン1(2012年製作のドラマ)

4.0

大英帝国の雰囲気を醸し出しつつ、新生イギリスの風を事件に絡めて演出する絶妙感。
ナマイキなのに死体見て気絶したりとか、初々しくて堪らないぞエンデバー。

0

凍てつく楽園~死者は静かな海辺に~(2010年製作のドラマ)

3.9

スウェーデンのリゾート地という風光明媚過ぎる舞台で起こる殺人事件もさることながら、理想的な家族像の中に浮かび上がる問題が興味深い一作。
トーマスの飄々感、ノラのリアリティとヘンリクの坊っちゃん気質は事
>>続きを読む

0

宇宙戦争(2019年製作のドラマ)

3.5

オーソン・ウェルズのラジオドラマ事件が有名過ぎて勘違いしてしまってたんだけど、"宇宙戦争"の原作者ってイギリス人のH.G.ウェルズなんですね。何てややこしい(笑)。
ともあれ、そう考えると実はこのドラ
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン5(2017年製作のドラマ)

3.5

とにもかくにも、ユー○ューバーぶりはピカイチなのに何故ソコで砕けちまうんだコンウェイ……と悶絶しきり。

0

ミレニアム(1996年製作のドラマ)

3.6

オカルト色が強いドラマだけど、そもそも人間自体がオカルトだ……と痛感する一作。
他にも色々思うトコロはあったはずなんだけど、最終話に登場したママが毒親過ぎて(笑)。

0

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 <ファイナル・シーズン>(2017年製作のドラマ)

4.2

結婚式の素敵シーンに感動してるうちに怒涛の展開に……orz
トコロで、ラスティとストローの共通点が何だかよく判らなかったんだけど(苦笑)。

0

レコニング~深淵をのぞく者~(2020年製作のドラマ)

2.0

"RRK"を絶対悪に据えたい気持ちは判るけど、ソレ一択で物語が進んでしまうのは如何なものか……むしろ、手順の劣化があるなら、犯人が歳喰ったからというよりも、模倣犯という選択肢があってもいいんじゃないか>>続きを読む

0

ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝 シーズン1(2019年製作のドラマ)

2.7

美男美女てんこ盛りで眼福うはうは物なのに、謎の追いかけ方に安易さが滲み出ていて残念。もう少し難儀してくれてもいいような……。

0

ウォーキング・デッド8(2017年製作のドラマ)

3.0

エリックが逝ってシヴァもほぼ瞬殺、ギャビンまで死んじゃう……というお気に入りキャラの悲報のダメージがグレンの死を超えた件。
ダリルが死の天使感満々なのもアレなんだけど、下半身の都合が充実してると前向き
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 4(2016年製作のドラマ)

3.5

ミーチャムが死んじゃうなんて……。
壁に手形を残すあの場面、もしかしたら史上最高のロマンスシーンだったかも。

それはともかく、アレで支持率上がるのかと思わせといて上がっちゃうトコロがアメリカなんだろ
>>続きを読む

0

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 <フィフス・シーズン>(2016年製作のドラマ)

4.0

さすが重大犯罪課といわんばかりの悲惨な事件ばかりで心が折れそうになるトコロを、主人公達のリア充ぶりで救われるという稀有なドラマ。なのにラスティよ、何故にお前はいつまで経っても自己チュー全開なのか……。

0

The Comey Rule(原題)(2020年製作のドラマ)

4.5

職務という使命に忠実であることが仇になるってどんな世の中だ一体。

それにしても、メラニアさん出てこなかったなァ。誰が演るのか楽しみだったんだけど……。

0

ホワイトハウス・ファームの惨劇~バンバー家殺人事件~(2020年製作のドラマ)

2.8

現代みたいにDNAを採取したり、防犯カメラで確認したり、むしろ通話記録すら調べるということすらマトモにできないらしい状況では、あまりにも状況証拠でしかないモノばかりで……正直、このドラマの作り方的には>>続きを読む

0

スハウエンダム~12の疑惑~(2020年製作のドラマ)

3.6

子供時代と大人の顔が全く違和感なしというキャスティングが絶妙。ソコは絶妙なのに、警察の捜査の仕方がイマイチ納得できないのは……痒いトコロに手が届き過ぎるアメリカン・クライムに慣れ過ぎてるせいかもしれな>>続きを読む

0

コンドル2~裏切りの諜報~(2020年製作のドラマ)

2.6

結果的にジョーがCIAに出戻っちゃうのが最大の裏切り(笑)。

0

FBI:特別捜査班(2018年製作のドラマ)

3.3

良くも悪くもマギーのエピソードに重点を置いたトコロはシリーズとしての今後を期待させてくれるけど、むしろ、実はシリーズ化考えてなかったんじゃ……と感じないでもないのは何故だろう。
個人的にはデイナが1シ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド7(2016年製作のドラマ)

3.0

チーム・アトランタの良心にしてTWD随一の好感度を誇るであろうグレンを殴り殺した罪悪感をダリルのサービス・ヌードで誤魔化そうとしたのに、肝心のリックが現実逃避できるほどラブラブな上にモテ期到来、他は相>>続きを読む

1

コンドル~狙われたCIA分析官~(2018年製作のドラマ)

3.0

オタクが危機にさらされ続けるとベビーフェイスすら超イケメンに見えてくるというミラクル。
でも正直、ミラ・ソルヴィノの老け顔がインパクトあり過ぎて、脳内真っ白になってしまったという記憶しか……。

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 3(2015年製作のドラマ)

3.8

ある意味棚ボタで大統領になっちゃったから今度はきちんと大統領になるんだ、というフランクの男気は判らないでもない。判らないではないけど、折角のパーフェクトな嫁さん蔑ろにしたらアカンで……と思いつつ、パー>>続きを読む

0

グッド・ドクター 名医の条件 シーズン3(2019年製作のドラマ)

2.5

ニコラス・ゴンザレスとウィル・ユン・リーの降板が決定した時点で、ワタシの中でこのシーズンが最終章(笑)。

0

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課<サード・シーズン>(2015年製作のドラマ)

4.0

主役が"母親"であるシャロン・レイダーのせいか、子供が被害者になるエピソードのエグり具合がツラい。そして、ラスティの実母であるシャロン・ベックの存在もこれまたエグい。
家族って難しい。

0

ウォーキング・デッド5(年製作のドラマ)

3.7

前代未聞の壮大なストーリー(DVDボックスのキャッチコピーの要約)なのはよく判るんだけど、3歩進んで5歩下がるロードマッピングぶりには愕然とさせられること請け合い。
とにもかくにも黒リック全開。人生初
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 2(2014年製作のドラマ)

3.6

自分で手を下すところに好感を感じてしまうんだけど、そこは好感持つとこじゃないから……という点が何より悩ましい。

0
>|